紅磡站周辺を散策

今日は紅磡站(ホンハム駅)の周りを散策してきました。

d0154257_2195226.jpg
本当に大きな駅で(と言っても、東京駅や上野駅にはかないませんが)、駅前にはタクシー乗り場、その外側にバス乗り場、さらにその外側にミニバス乗り場があり、駅を出てからの乗り換えもバッチリです。それにしても、タクシーのこの台数。一体何台のタクシーが客待ちをしているのやら。
私が使うのはもっぱら、駅から一番遠いミニバス乗り場(写真には入らなかった右端にあります)。
頻繁に来るのでルートさえちゃんと確認しておけば、とても便利です。ちなみに、ミニバスに時刻表はありません。早ければ2~3分おきにやって来ます。けど、席がいっぱいになると乗れないので、見送ることも覚悟しておかないといけません。
地下鉄も基本的には時刻表はありません。ホームの案内掲示板にも「あと3分で来ます」的なメッセージが出るだけ。
ですが、ここ紅磡站では少々事情が違うようです。乗り入れている地下鉄の時刻表はありませんが、中国・深圳(シンセン)へ向かう列車は、駅構内の電光掲示板に発車時刻が表示されるようです。
d0154257_21103014.jpg
駅の構内は、お土産屋さんや両替所、貴金属店やカフェなどがあり、マカオに行った時のフェリー乗り場や香港國際空港を思い出させます。(規模は全然小さいですけど。)
考えてみれば、ここから長距離列車に乗る人は中国へ行くわけですから、外国へ行くようなものですね。(香港は中国の特別行政区なので、一応中国なんですけどね。)

d0154257_21112623.jpg紅磡站(ホンハム駅)の隣には「香港體育館(Hong Kong Cliseum)」があります。前回のブログで写真を取り損ねた所です。
上の部分がかなり張り出していて大きく見えますが、近づいて見るとそうでもないかな。
有名アーティストがコンサートをするんだそうです。

d0154257_2112279.jpgさらにその先、海側には「國際郵件中心」があります。郵便局のトラックが何台も止まっている物流センター的な所のようで、窓口はスロープのずっと先、奥の方に小さくありました。今日はここから日本に向けての手紙を出しました。絵はがきはHK$ 3 で大丈夫でしたが、ちょっと大きめの封書はHK$ 6.60 でした。大して変わらないように思えたんですけど、重かったのかな?

d0154257_21124851.jpgさて、次は駅前のショッピングセンターへ移動です。
「國際都會商場(The Metropolis)」には、前回物件を探しに来たときに立ち寄り、「彩福 皇宴」で飲茶を食べました。今日はその隣のフードコートでお昼にしました。
入り口はそんなに広くないのですが、奥にぐぐっと広いコーナーで、ローストダックの店や鯛料理、上海料理、ベトナム料理、日本料理の店もありました。
13 時を過ぎてしまったので、店内は結構混み合っています。言葉の通じない私は、なるべく忙しく無さそうな店を選びます。じゃないと店員がイライラして、よりつっけんどな態度を取られるのは嫌ですから。
案の定、お客さんの途切れた店では店員さんが親切に対応してくれて、こんなご飯を買うことが出来ました。
雲呑撈麵と唐青菜のセットで HK$30(約360円)、プラス HK$4 でスプライトを付けました。汁無し麺で焼きそばみたいなものかなと思ったら、甘じょっぱいタレが目一杯かかってて、味が濃すぎました。唐青菜は茹でたレタスみたいなもので、これもやっぱり甘じょっぱいタレがべったり。なので、タレを取り除きながら食べました。
次回は違う店で食べてみようと思います。

さて、明日はいよいよ国慶節中国の建国記念日です。香港でも祝日となり旦那さんの会社もお休みです。中国本土では、1日から10日までお休みなんだそうです。旧正月に並ぶ大きなお祝い事なんですね。
香港では、明日の夜は花火が上がるというので楽しみです。
[PR]
by m_suneya | 2010-09-30 21:28 | 観光

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya