変わった形のペットボトル

今日の香港は曇り、のち小雨。
昨日も曇っていましたが、こんな風にどんよりと曇ってシトシト雨が降るなんて、珍しい事です。
大抵、ぎらぎらに晴れるか、土砂降りになるか、そんな天気が多かったんですが、こうなると、いよいよ香港にも秋の足音が聞こえて来たと言うことでしょうか。
(つい先日のブログで、まだまだ屋外プールで泳げる、って書いたばかりなのに……(T.T)。)

そんな天気とは全く関係のないお話。
香港でとってもポピュラーな水をご紹介します。
watsons water」。我が家のテーブル・トップ・ディスペンサーもここの物なんですが、ペットボトルでの販売も種類豊富に至るところで見かけます。
「蒸留水」と「ミネラルウォーター」の2種類あって、蒸留水は105℃で加熱蒸留し不純物を取り除いていることを売りにしています。

d0154257_17561618.jpg右側は、280ml 。身長20cmでスリムです。
左は 1.8L(あ、一升瓶サイズですね)。高さは見慣れた 1.5L タイプと変わりません。

d0154257_1757593.jpg
でも何より目を引く特徴は、独特の形状をしたキャップ。これはコンビニでもドラッグストアでもスーパーでも、ひと目で「watsons water」だと分かります。
使い勝手はイマイチな気がしますが、アピール度は他社とは比べものになりません。

だからどうだと言う事は無いのですが、初心に返り、日本では見ないちょっと珍しいものを探そうと思ったので。


それから、更に関係のない話ですが、
引っ越ししてTVが変わったら(基本的には、こちらの物件にはTVと家具が付いてます)、「幪面超人電王」と「獣拳戦隊」の副音声(日本語)が出なくなっちゃいました。
日本で一度見た番組だけど結構覚えてなくて、広東語だと内容が今ひとつ理解できず、毎週記憶を呼び起こしつつ、感を働かせています。
[PR]
by m_suneya | 2010-10-05 18:02 | 生活

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya