淺水灣の天后廟(ティンハウミュウ)

昨日、旦那さんの会社がお休みだったので、淺水灣(Repulse Bay/レパルス・ベイ)の天后廟(ティンハウミュウ)に行って来ました。

海と漁師の女神・天后(ティンハウ)を奉った「天后廟(ティンハウミュウ)」は、香港の至る所にあります。
佐敦(ジョーダン)の彌敦道(ネイザンロード)沿いにも、大きな天后廟(ティンハウミュウ)があり、ここは男人街の近くでもあるので、観光客もよく訪れているようです。私も何度かそばを通ったことがあります。

では、何故わざわざ香港島の南、「香港海洋公園オーシャンパークのブログはこちら)」の東側の淺水灣(Repulse Bay/レパルス・ベイ)の天后廟(ティンハウミュウ)まで行ったのかというと、ここが一番大きく、縁起の良い神様が集合していて、御利益が多そうだから、ではなく、ここには大きな女神の観音像があるからなんです。(って、それを探し当てた旦那さんがスゴイ。)
「行きたい」とリクエストするだけの旦那さん。場所を調べて行き方や詳細をリサーチするのは、いつも私。

で、調べました。
香港島の中環(セントラル)駅とデッキで繋がっている香港駅にある、エクスチェンジ・スクエア・バスターミナルから出ているバス、「6」「6X」「260」が目的地のそばを通ります。バスで約30分、降りてから徒歩15分。と言うことで、まずは香港駅からバスに乗りました。

「260」番のバスが特快で、停まるバス停が少なく20分ほどで着くというので今回はこのバスで行きました。
でも、目的地のバス停「淺水灣海灘(レパルス・ベイ・ビーチ)」は終点では無いので、乗り過ごさないようにと地図とにらめっこしながら、バスに揺られていました。
香港海洋公園(オーシャンパーク)」の脇を通り過ぎたあたりから、緊張が高まり地図を睨みつけていると、大きなホテルの前で停車。手持ちの地図にあるバス停の位置とはちょっとずれていたのですが、それらしいので降りてみました。
d0154257_1883552.jpgこれがドンピシャリ。淺水灣海灘(レパルス・ベイ・ビーチ)の真ん前でした。上の写真の左下にあるのがバス停。階段を上がったところが、「淺水灣商場(The Repulse Bay/ザ・レパルス・ベイ)」。旧レパレス・ベイ・ホテルを改装したショッピングアーケード(大したものはありませんでした)。その奥のアーチを描いた建物が影灣園(Repulse Bay Mansion/レパルス・ベイ・マンション)で、形が面白いので目印にするには持ってこいです。
写真の左下に海外へと降りる階段あり、それを降りていくと淺水灣海灘(レパルス・ベイ・ビーチ)へ出ます。この海岸を写真の右側へとず〜っと歩いて行くわけです。

d0154257_1810810.jpg
すると見えて来たのが、この極彩色豊かな神様たちと、長寿橋(太鼓橋のような小さな橋)の向こうに見えるあずま屋(?)。
旦那さんのお目当ての巨大女神観音像は、木の枝で隠れていました。

d0154257_18104459.jpg
ちなみに、入口の門はこんな感じ(写真右上)。左のでっぷり太鼓腹の神様は左手に「金」の袋を持っているので、金運の神様のようです。右下の神様は亀に乗っていますから、長寿の神様でしょう。どちらも表面はモザイクです。

d0154257_18454631.jpg
その長寿の神様の奥に、お目当ての女神の観音像がありました。高さは…10m位でしょうか。巨大立像をこれまでたくさん観てきた旦那さん的には、ちょっと物足りなかったようです。



d0154257_18121066.jpg
その観音像と対になるように、右側には皇帝(?)みたいな像がありました。足元にはお金のスタチューも。


d0154257_18131942.jpg
どうやらここにはお金の神様が多いようで、中国や韓国から来た団体客は、御利益にあやかろうと列を作って、「正財神」の胸像やその隣の造形物をしきりとなで回していました。

d0154257_18135070.jpg
今度は右手の方へ進み、長寿橋を渡りました。名前の通り長寿の御利益があるようです。で、渡った先にはこれまた色々な神様の立像がいっぱい。こうなると誰がなんの神様なのやら。その奥には赤を基調とした極彩色の「萬壽亭」なる建物があり、その他にも、龍や黄金の魚などなどモザイクの立像がありました。
d0154257_18144052.jpg
その黄金の魚の口に、コインを入れようと躍起になっている女性二人組。見事入るとどんな御利益があるんでしょうね。

d0154257_1815731.jpgちなみに、この天后廟(ティンハウミュウ)の全景はこんな感じ。後ろのホテルの形状は、遠くからも一際目立っていました。

さて、これで帰ろうかと思ったのですが、実はまだありました。
巨大女神観音像の後ろ、本堂かと思ったけど売店だったその建物の脇から裏へと続く通路を行くと、

d0154257_18154644.jpg
d0154257_18164123.jpg
またまたド派手な龍や地味な狛犬、真っ赤な門。もう、何にどんな御利益があるのか、全く分かりません。ちなみに、龍の顔の下にある紺色の六角形は、カメの池となっていて、お賽銭が投げ込まれている上、来る人来る人、そばにあるペットボトルの水を亀にかけていました。

さすがにここまで見たら、もう充分です。バス停まで来た道を戻ります(特に他に観る物はなさそうでしたし)。
帰りは特快の260番バスよりも先に、同じバス停に「66」番が来たので乗ってみました。
各駅停車的なバスで、香港島の南側と北側をショートカットで繋ぐ香港仔隧道(トンネル)も使わず、山道をくねくね。お陰で「香港海洋公園(オーシャンパーク)」の遠景を観ることができました。
夕方のラッシュに巻き込まれるかと思いましたが、さほど時間もかからず中環(セントラル)に到着。
取り敢えず、MTRに乗り尖沙咀(チムサーチョイ)まで戻り、早いけど夕食を済ませてから帰宅することにしました。

d0154257_18172948.jpg
で、行ったのが彌敦道(ネイザンロード)沿いの「國際廣場(iSquare)」にある「牛陣(ぎゅうじん?)」。日式しゃぶしゃぶ&すき焼きの店です。後で分かったんですけど、ここって、福岡を中心に展開しているチェーン店なんですね。
香港でちゃんとしたしゃぶしゃぶを、リーズナブルな食べ放題(60分・一人@HK$120位/約1,320円)で食べれた上に、食後のデザートはハーゲンダッツのアイスクリーム。これも自分で好きなだけスクープ出来て、ちょーハッピー。1日の疲れが吹っ飛んじゃいました。

ちなみに、野菜は自分で好きなだけ取って来るんですが、お肉は店員さんにオーダー。これは牛と豚の最初の一皿ずつ。でも、私ら夫婦にはこれで充分でした。でも、驚いたことに、豚肉は骨ごとスライスされていました。細めの骨とは言え、骨ごととは、さすが香港!



…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-20 18:48 | 観光

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya