WALKING with DINOSAURS ー香港版ー

d0154257_1424771.jpg12月22日(水)から亞洲國際博覧館(ASIAWORLD ARENA)で始まった「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー(WALKING with DINOSAURS)」(http://promo.tvb.com/dinosaurlivehk/)に、昨日行って来ました。
これはもちろん旦那さんの趣味で、彼は夏の日本出張の時に日本でも見てきたので、今回2度目です(どんだけ好きなんでしょう)。


そんな彼は事前にこんなMTRのコラボチケットも購入してきました。(MTRのWEBサイトはこちら
d0154257_14245264.jpg
2人行(2人のグループ用)、3人行(3人のグループ用)、4人行(4人のグループ用)と絵柄が3種類あったようですが、我が家は夫婦だけなので2人行(HK$140・約1,540円)。ティラノサウルスのアップでした。
亞洲國際博覧館(ASIAWORLD ARENA)駅のあるエアポートエキスプレス専用の片道チケットですが、不思議なことにこのチケットはエアポート駅までの料金しか含まれていません。なので、改札を出るときに客務中心(サービスセンター)で不足料金(ひとりHK$5/約55円)を支払いました。どうして会場の亞洲國際博覧館(ASIAWORLD ARENA)駅までの料金じゃないのか、とっても不思議でした。亞洲國際博覧館(ASIAWORLD ARENA)駅ってちょっと異質なのかしら? 妙に立派な設備だし。。。

と、不思議に思いながらも随分と早めに着いてしまったので、亞洲國際博覧館(ASIAWORLD ARENA)内をうろうろ。
d0154257_14253916.jpg
するとこんな足跡に導かれて、子供向けアトラクションを見つけました。
足跡には、そごうの商品券HK$10,000を探検してハントしよう、って事かな?
d0154257_14261553.jpg
たくさんのカプセルとボールの山からマジックハンドでカプセルをゲット。中には何が???
残念ながらハズレのステッカーをもらっている子供ばかりでした。

開場時間が近づくと結構人が多くなりましたが、実際に席に着いてみると、一番安い(と言ってもHK$195/約2,145円)外側のB席こそ埋まっていましたが、両側のVIP席(HK$595/約6,545円)やA席(HK$395/4,345円)はかなりの空席が目立っていました。
ちなみに私たち夫婦は旦那さんの恐竜好きのお陰で、一番お高いVIP PLUS席(HK$995/約10,995円)を購入していましたので、真正面で見ることが出来ました。
(それにしても、なんてお高いんでしょう。。。。(◎-◎;))

d0154257_14265752.jpg
肝心のショーはと言うと、初めは広〜いセットにポツンと岩があり、考古学者に扮した男性がひとり登場して恐竜の誕生について語り始めます。
それに合わせて、恐竜の卵が孵って赤ちゃん恐竜が誕生。親の草食恐竜が子供を慈します。さらに語りに合わせて照明やセットが変化し、登場する恐竜の種類も変わって行き、恐竜の歴史を説明していきます。
d0154257_14273727.jpg

d0154257_14361492.jpg
最初は何も無かったステージの周りに、緑の植物がニョキニョキ生えて来る様は面白かったです。
これは風船のように空気で膨らませているらしく、以前に東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーでのショーの際にも見たことがある仕組みでした。
途中火山の爆発で緑が枯れている様子も、空気が徐々に抜けしぼんで行くことで表現していて、それらしく見えました。

d0154257_14281851.jpg
そして、一番のウリとなっていた原寸大の草食恐竜・ブラキオサウルスの登場。その大きさにやはり驚きました。天井の照明器具にぶつかってしまいそうな程の高さだったんです。
これには、冬休みに入ったばかりの子供たちも大喜び。この後すぐに休憩になったのですが、この間にぬいぐるみを買ってもらい戻ってくる子供たちがたくさんいました。
d0154257_1429590.jpg

休憩後の後半は翼竜のダイナミックな飛翔でスタートしました。
d0154257_14295113.jpg
後ろのスクリーンに様々の景色が映し出され、その映像が風を切って飛ぶ翼竜の演出に絶大な効果を発揮していました。
d0154257_14302752.jpg
そして彼が行き着いた新天地には、死骸をむさぼる小型の肉食恐竜
これらの恐竜(翼竜は除く)は、基本的には中に人が入って演じているんだそうです。この小型の肉食恐竜は、後ろ足の内側に思いっきり人間の脚が見えていました。

d0154257_1431248.jpg
そして時代はまた流れ、色とりどりの花が咲く時代になりました。ここでもまたバルーンを使った演出で、カラフルで面白い形をした花々を咲かせていました。

d0154257_14313042.jpg
そして登場したのがトロサウルス。大きな角とエリ(?)が立派でした。この写真の左側に見えるモニターと右側にもあるモニターには、考古学者が英語で話す内容が広東語で表示されていました。
英語も広東語もダメな私ですが、恐竜の迫力で見ているだけでも楽しかったです。それは子供たちも同じだったようです。
客席のあちこちで、子供たちの恐竜を真似した声が飛び交っていましたから。
でも、恐竜の声って身体の色と同様に人間が想像した物なんですよね。本当のところは誰にも分からない、な〜んかロマン感じちゃいます。

d0154257_14323391.jpg
最後は、恐竜の王様、ティラノサウルスが登場。草食恐竜を追い回した後は親子愛を表現しました。
d0154257_14331452.jpg
近くに来ると、その大きさを更に見せつけられます。


d0154257_14342535.jpg
そして、最強の恐竜も地球に降り注ぐたくさんの隕石には為す術もなく、絶滅していく。。。
絶滅が分かっているだけに、ちょっぴり寂しくなる結末でした。

このイベントはフラッシュ撮影は禁止のアナウンスが流れましたが、写真やムービーを撮ることができました。お陰でこのブログがアップできたのですが、やはり実際に観たときのスケール感はお伝えしきれません。
欲を言えばなるべくステージに近い席で、恐竜の圧倒的な大きさ、質感、スムーズな動きをその眼でご覧になると、とっても楽しいと思います。


そして今日はクリスマス・イブ。
メリー・クリスマス! 素敵な夜をお過ごしください。
…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜……
 いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
      身の程もわきまえず、
にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
      ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
   にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

[PR]
by m_suneya | 2010-12-24 15:02 | 趣味

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya