2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya

元朗の「大榮華酒樓」で送別会

昨日、旦那さんの会社の皆さんが、送別会を開いてくれました。
場所は香港の北側、新界地区の元朗(Yuen Long)にある、「大榮華酒樓(Tai Wing Wah Restaurant)」。
美味しい名物料理がたくさんあると聞き、楽しみにしていました。

そもそも新界地区へは全く行った事がなかったので、元朗に行くこと自体、楽しみのひとつでした。
MTRの西鐵綫(West Rail Line)で元朗まで行き、軽鐵(Light Rail)に乗り換えたのですが、この「軽鐵」はもちろん初体験。
d0154257_1954362.jpg
見た目は、大きめの路面電車といった感じで、香港島のトラムとは趣が違い、日本の路面電車に近い印象を受けました。ちなみに、夜遅くなると2両編成から1両編成になってしまうようです。

そして驚いたのが、改札が無いこと。
d0154257_19542667.jpg
ホームの手前にある「入站」と書かれたオクトパス読み取り機(オレンジ色)に、オクトパスをタッチ。降りるときは「出站」の読み取り機(緑色)にタッチ。それだけです。
これって悪意があったら、いくらでもただ乗り出来ちゃいそうです。乗客をもの凄く信頼したシステムですね。
d0154257_20134251.jpgもちろん、オクトパスを持っていない人の為に、ホーム中程に自動券売機もありました。
エリアごとに料金が決まっているようですが、具体的な金額は表示されていない上に、購入する人を見かけることがなかったので、どんなキップが出てくるのか確認できませんでした。残念。

d0154257_1956956.jpg
その軽鐵で元朗から一つ目の駅「大棠道(Tai Tong Rd)」で下車。駅のすぐ側にある「恆香老餅家(Hang Heung Cake Shop)」に立ち寄りました。
ここは「老婆餅(Wife Cake)」が有名なお店だそうで、たくさんのお客さんが買いに来ていました。
d0154257_1957025.jpg
もちろん、私も6個入りHK$30(約300円)を購入。出来たてで温ったかでした(^_^)。周りはパイ生地のようにサクサクで、中にはほんのり甘い餡、ではなくて餅が入っていました。美味しかったです。(って、夕食の前に早速つまみ食い。)

d0154257_1958385.jpgそんな寄り道も楽しい、初めての土地。
あたりをキョロキョロしながら歩くこと約5分。お目当ての「大榮華酒店」に到着。時期的に旧正月飾りが施され、華やかでした。

ちなみに住所はこちら→元朗安寧路 2- 6 號2樓 (Tel:  2476 9888)

d0154257_19584849.jpg
まずは、中国の有名銘柄のビール「Yanjing Beer」で乾杯。
皆さん、旧正月前で忙しいのに集まってくださって、本当に有り難かったです。

そして、料理のトップバッターは、キタッーーーーー! 
d0154257_2002423.jpg
以前、結婚式場で見た豚の姿焼き!(さすがに目に電球は刺さってませんでした)。まさかこれを食べられる日が来るとは。。。。。
皮は北京ダックよりもカリッカリッで、薄く付いた身はほどよくジューシーでした。そして写真右は、旧正月料理のカタログで見たのと同じ、ホタテとアワビがてんこ盛り。これもいただけるなんて、本当に来て良かった♪
ホタテの貝柱は箸で摘むとほろほろとほぐれ、見た目濃そうですが、ほどよい味の染み具合でホント、美味しかったです。アワビも素敵な弾力でした♪
d0154257_201270.jpg
写真左はフカヒレスープ。写真を撮ると入ったら仲居さんがちゃんと箸でフカヒレを持ち上げてくれました。これも優しいお味で♪ 右の写真は魚の煮物と揚げ物。
d0154257_2013470.jpg
写真左は蝦のすり身の揚げボール。もっちもっちでした。
そして! 見た目ただの醤油がかかっただけのご飯に見えるこれが、意外なうまさで感動させてくれた、豚の脂と醤油を混ぜたものをかけたご飯(ってあまり変わりませんねf(^_^;)「豬油撈飯」。ポークソテーの肉汁がかかったような味で、懐かしささえ感じました。

ここまでで、既に相当お腹はいっぱいなんですが、やはり名物のデザートを頂かないわけには行きません。
d0154257_202984.jpg黄色い蒸しパン馬拉糕」は、本当にふわっふわっで、切り分けるだけで形が崩れそうなくらい。
ほのかな甘い香りがとっても素敵♪ うっとりです。
そしてプティング。これもまた甘さ控えめ。タピオカが良いアクセントになっていました。


もちろん料理だけでなく、皆さんからの心のこもったプレゼント&プレゼンテーションもあって、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
短い期間の赴任だったにも関わらず、ここまで温かく送り出していただけて、本当に感謝しています。ありがとうございました。

d0154257_2031357.jpg
最後にこのレストランの1階で販売している、旧正月ならではの「年糕(ニェンガオ)」(写真はミニサイズで、茶色がオリジナル味、白色がココナッツ味)と、街中で見かける度に気になっていたサラミのようなソーセージ「臘腸(ラプチョン)」も買いに行ってくれて、至れり尽くせりの送別会でした。
旧正月前という良い時期も良くて、楽しさ倍増でした。

ちなみにこのドライソーセージは、適当にスライスしてお米と一緒に炊くと、ソーセージの香りと塩味が浸みた炊き込みご飯が出来るそうです。
是非、旧正月に挑戦してみようと思います。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-01 20:17 |