アメリカへ向けて出荷

遂に引っ越しの日がやって来ました。
つい先日、海外出張から帰って来た旦那さんは、いくらも香港支社に出社できずに引っ越しです。
d0154257_14141527.jpg昨夜は、そんな彼を暖かく送り出してくれた会社の皆さんから、こんな素敵な花束を頂いて帰って来ました。
段ボール箱だらけの部屋で浮いてしまうけど、素敵な香りもして、しばし心が癒されました。

そして今朝は、生憎の空模様で気温も15度と寒い中、日通のスタッフさんが7人くらい来て、手つかずのキッチン周りを始め、梱包の難しいラックや折りたたみイス、大きなアイロン台などを、形も大きさもまちまちなのに、本当に手際良く梱包してくれました。
もちろん、ずっと懸念だったリストの作成も、殴り書き同然のメモを見ながらキチンとまとめてくれました。
しかも、見逃しがちな電気製品のメーカーや品番も、きっちりツッコミを入れてくれて、慌てて現物を確認。小さなICレコーダーやハードディスクレコーダー、バリカンまできっちりと書類を作ってくれました。

引っ越しが多かったので、身近に感じる日通のスタッフさんたち。その仕事ぶりも真面目で丁寧だし、何より仲間同士仲が良さそうで楽しげなのが、荷作りを見守っているこちらにも伝わって来て、バタバタとしがちな引っ越しも少し和んだ気持ちになりました。
日通のスタッフさんも仕事だから慣れているだろうに、旦那さんの趣味の物(もちろんオモチャです)で「マジンガー」を見つけて喜んだり、前回はショッカーのイラスト入りグラスを見て喜んだスタッフさんもいたり、結構面白かったです。
そんなキャラクターの秘めたるパワー(ちょっと大げさ?)を感じた、旦那さんでした。

そして、2時間ほどで引っ越し完了。狭いと思っていた部屋が意外と広かったことが分かるほど、荷物は綺麗さっぱり運び出されました。日通さん、今回もお世話になりました。

キッチンなんて、引っ越し前の下見の時のようです。
d0154257_1415348.jpg

ここであと2泊ほど過ごしてから、香港を出国です。なので今は身の回りの物だけが残っています。ちょうど観光旅行に来ているくらいな感じかな? う〜ん、それよりも若干多いかな(苦笑)。

残されたわずかな時間で何ができるのか、荷物の無くなった部屋で考えています。

…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-19 14:19 | 生活

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya