2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya

カテゴリ:食( 39 )

今日も、香港はうららかです。でも、この暖かさも週末前までみたい。天気予報では週末からまた寒くなるようです。
と言うわけで、引越荷物に詰め込む衣類の洗濯は、今日明日が勝負。乾きにくいものからじゃんじゃん洗ってます。

d0154257_13382415.jpg
さて、ここでちょっと旧正月に自宅で食べた、サラミのようなドライソーセージ「臘腸(ラプチョン)」をご紹介します。

d0154257_1338441.jpg
特に旧正月だから、と言う物でもないようですが、先月末は年糕(ニェンガオ)と一緒にこの臘腸(ラプチョン)も店頭で多く見かけました。旧正月に限らずいつもなんですが、肉屋さんのとかお総菜屋?乾物屋?みたいな店先に、束になってぶら下がっています

旧正月に多く見かけた物と言えば、こちらも。
d0154257_1339746.jpg
いつものローストされた鴨ではなく、塩漬けになった鴨「精選南安臘鴨」。平べったくなっちゃってます。
もちろん、1羽丸ごとの鴨は頭も付いたままです。これも臘腸(ラプチョン)同様、ご飯と一緒に炊き込むらしいのですが、さすがにこれは調理する自信がありませんでしたので、見るだけにしておきました。

さて、臘腸(ラプチョン)は、スライスしてお米と一緒に炊くと聞き、この旧正月に作ってみました。
d0154257_13394445.jpg
ソーセージなので、当然皮のように腸があるのですが、これを剥くべきかどうか悩み、口に残ると嫌なので剥くことにしました。
d0154257_1340728.jpg
そして「スライスして」と教わりましたが、どれくらいの厚みが良いのか分からず、ぶつ切り、厚めのスライス、薄めのスライスと、3種類に切り分けて、味の違いを試してみることにしました。
d0154257_13404643.jpg
研いだお米に分量の水を入れてから、臘腸(ラプチョン)をいれて、炊飯器のスイッチ、オン!
今回は2合のお米に対して、臘腸(ラプチョン)を3本入れました。

炊きあがり間近、臘腸(ラプチョン)の香りがどんどん立ち上って来ます。
d0154257_1342092.jpg
待つこと48分。炊きあがりです。臘腸(ラプチョン)の色が、ほんのりご飯に移りました。
d0154257_1342208.jpg
お茶碗に盛って、我が家流・臘腸(ラプチョン)ご飯の出来上がり。
釜の底には良い色のお焦げも出来て、美味しそう♪ 
って、美味しかったです♪

切り方の違いは、、、、、お好みでf(^_^;。
と言うのも、ぶつ切りにすると、臘腸(ラプチョン)自体の味と香りを楽しめます
厚めのスライスはそこそこ。
薄めのスライスにしても、臘腸(ラプチョン)の味が抜けきってしまうことはなく、むしろご飯と一緒に頂きやすくなりました。

と言う事で、我が家ではピラフ感覚で頂ける、薄切りを推奨することにしました。
で、後日もう一度、臘腸(ラプチョン)ご飯を作りました。
このときはもちろん薄切りにして、お米2合に対して臘腸(ラプチョン)を2本にしてみました。
味が控えめになりましたが、我が家では好評でした。

きっとこうやって、それぞれの家庭の味が出来ていくんでしょうね。皆さんも是非お試しあれ。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-09 13:49 |
昨日、旦那さんの会社の皆さんが、送別会を開いてくれました。
場所は香港の北側、新界地区の元朗(Yuen Long)にある、「大榮華酒樓(Tai Wing Wah Restaurant)」。
美味しい名物料理がたくさんあると聞き、楽しみにしていました。

そもそも新界地区へは全く行った事がなかったので、元朗に行くこと自体、楽しみのひとつでした。
MTRの西鐵綫(West Rail Line)で元朗まで行き、軽鐵(Light Rail)に乗り換えたのですが、この「軽鐵」はもちろん初体験。
d0154257_1954362.jpg
見た目は、大きめの路面電車といった感じで、香港島のトラムとは趣が違い、日本の路面電車に近い印象を受けました。ちなみに、夜遅くなると2両編成から1両編成になってしまうようです。

そして驚いたのが、改札が無いこと。
d0154257_19542667.jpg
ホームの手前にある「入站」と書かれたオクトパス読み取り機(オレンジ色)に、オクトパスをタッチ。降りるときは「出站」の読み取り機(緑色)にタッチ。それだけです。
これって悪意があったら、いくらでもただ乗り出来ちゃいそうです。乗客をもの凄く信頼したシステムですね。
d0154257_20134251.jpgもちろん、オクトパスを持っていない人の為に、ホーム中程に自動券売機もありました。
エリアごとに料金が決まっているようですが、具体的な金額は表示されていない上に、購入する人を見かけることがなかったので、どんなキップが出てくるのか確認できませんでした。残念。

d0154257_1956956.jpg
その軽鐵で元朗から一つ目の駅「大棠道(Tai Tong Rd)」で下車。駅のすぐ側にある「恆香老餅家(Hang Heung Cake Shop)」に立ち寄りました。
ここは「老婆餅(Wife Cake)」が有名なお店だそうで、たくさんのお客さんが買いに来ていました。
d0154257_1957025.jpg
もちろん、私も6個入りHK$30(約300円)を購入。出来たてで温ったかでした(^_^)。周りはパイ生地のようにサクサクで、中にはほんのり甘い餡、ではなくて餅が入っていました。美味しかったです。(って、夕食の前に早速つまみ食い。)

d0154257_1958385.jpgそんな寄り道も楽しい、初めての土地。
あたりをキョロキョロしながら歩くこと約5分。お目当ての「大榮華酒店」に到着。時期的に旧正月飾りが施され、華やかでした。

ちなみに住所はこちら→元朗安寧路 2- 6 號2樓 (Tel:  2476 9888)

d0154257_19584849.jpg
まずは、中国の有名銘柄のビール「Yanjing Beer」で乾杯。
皆さん、旧正月前で忙しいのに集まってくださって、本当に有り難かったです。

そして、料理のトップバッターは、キタッーーーーー! 
d0154257_2002423.jpg
以前、結婚式場で見た豚の姿焼き!(さすがに目に電球は刺さってませんでした)。まさかこれを食べられる日が来るとは。。。。。
皮は北京ダックよりもカリッカリッで、薄く付いた身はほどよくジューシーでした。そして写真右は、旧正月料理のカタログで見たのと同じ、ホタテとアワビがてんこ盛り。これもいただけるなんて、本当に来て良かった♪
ホタテの貝柱は箸で摘むとほろほろとほぐれ、見た目濃そうですが、ほどよい味の染み具合でホント、美味しかったです。アワビも素敵な弾力でした♪
d0154257_201270.jpg
写真左はフカヒレスープ。写真を撮ると入ったら仲居さんがちゃんと箸でフカヒレを持ち上げてくれました。これも優しいお味で♪ 右の写真は魚の煮物と揚げ物。
d0154257_2013470.jpg
写真左は蝦のすり身の揚げボール。もっちもっちでした。
そして! 見た目ただの醤油がかかっただけのご飯に見えるこれが、意外なうまさで感動させてくれた、豚の脂と醤油を混ぜたものをかけたご飯(ってあまり変わりませんねf(^_^;)「豬油撈飯」。ポークソテーの肉汁がかかったような味で、懐かしささえ感じました。

ここまでで、既に相当お腹はいっぱいなんですが、やはり名物のデザートを頂かないわけには行きません。
d0154257_202984.jpg黄色い蒸しパン馬拉糕」は、本当にふわっふわっで、切り分けるだけで形が崩れそうなくらい。
ほのかな甘い香りがとっても素敵♪ うっとりです。
そしてプティング。これもまた甘さ控えめ。タピオカが良いアクセントになっていました。


もちろん料理だけでなく、皆さんからの心のこもったプレゼント&プレゼンテーションもあって、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
短い期間の赴任だったにも関わらず、ここまで温かく送り出していただけて、本当に感謝しています。ありがとうございました。

d0154257_2031357.jpg
最後にこのレストランの1階で販売している、旧正月ならではの「年糕(ニェンガオ)」(写真はミニサイズで、茶色がオリジナル味、白色がココナッツ味)と、街中で見かける度に気になっていたサラミのようなソーセージ「臘腸(ラプチョン)」も買いに行ってくれて、至れり尽くせりの送別会でした。
旧正月前という良い時期も良くて、楽しさ倍増でした。

ちなみにこのドライソーセージは、適当にスライスしてお米と一緒に炊くと、ソーセージの香りと塩味が浸みた炊き込みご飯が出来るそうです。
是非、旧正月に挑戦してみようと思います。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-01 20:17 |
旦那さんの会社の皆さんが送別会を開いてくれると言うので、旦那さんと相談して、皆さんにお礼の気持ちとしてチョコレートを差し上げる事にしました。
なので昨日、まさにチョコレートだらけになっている海港城(ハーバーシティ)の「Chocolate Mase @ Harbour City」へ再び足を運んで来ました。

海港城へ行く前に「HERITAGE 1881」の中を通り抜けると、
d0154257_14284473.jpg
先週見たときは無かった、馬車が登場。そしてお決まりの花嫁さん。あっちこっちで、披露宴用の写真撮影をしているのですが、カメラマンの手慣れた指示で、花嫁さんはこれまた人混みをものともせず、ポージング。他の人が入り込まないうちに、すかさずシャッターを切るカメラマン。見事です。
それにしても、いくら日本より温かい香港といえども、15度以下でデコルテ丸出しの花嫁さんは、寒くて大変そうでした。

d0154257_14292533.jpgさて、海港城へ到着。フェリー乗り場からの写真は以前載せましたが、これはその反対側から見た海港城のゲート。花のアーケードになっていて、なかなか華やかでした。
d0154257_14295955.jpg
そしてモール内には、桃の木(写真左)と、街中でもよく見かける金柑(?)の木。どちらもレッドポケット(お年玉袋)などで飾られて、正月ムードを盛り上げています。

そしてまず向かった先は、「翡翠拉麵小籠包(Crystal Jade La Mian Xian Long Bao)」。(買い物前に腹ごしらえです。)
d0154257_1430495.jpg
ここはいつも大行列で、過去に何度か入店を諦めた店。リベンジだったので、もの凄く早めの5時前に訪れてみました。
さすがに行列はありませんでしたが、それでもテーブルを片付けているらしく、ほんの少し待たされて店内に案内されました。
奥にグッと広い店舗で席数はかなりあるのに、やっぱり人気店なんでしょうね。こんな時間でもお客さんはたくさんいました。
日本のファミレスクラスの値段も安い気軽に入れる、タンタン麺や小籠包が美味しい店で、支店も数多くあるようですが、ここは海港城の中にあるだけあって立地条件もバッチリ。常に混雑する店です。

d0154257_14312160.jpg
もちろんいただいたのは、看板メニューの小籠包(写真右)。高級肉まんのように柔らかい美味しいお肉がたっぷり。写真左は「醉猪手」。紹興酒漬けになった豚足です。こちらでは「足」ではなくて「手」になるんですね。なかなかお酒がきつくて、お酒に弱い私は匂いだけクラクラ来そうでしたが、日本の豚足のように味噌を付けなくても、臭みもなくて柔らかくて美味しかったです。
d0154257_14314476.jpg
そしてもうひとつの看板メニュー「四川擔擔拉麵(タンタン麺)」(写真右)。辛い方をオーダーしたので、これまたなかなかスパイシー。先日行った詠藜園の擔擔麵も辛口でしたが、こちらの比ではありません。
細かく刻んだ唐辛子がいっぱい入っていて、辛いものが得意では無い私の口の中は、ちょっとしびれているんじゃないかと思うほど。それでいて、ピーナッツのようないい香りがしてこれまた後を引くんです。辛いけど、食べたい。そんな味でした。写真左は蝦と卵白の蒸し物。卵白の部分はしっかり味が付いていて、茶碗蒸しのようでこれもまた美味しかった。どれも美味しくて、ハズレのないお店でした。

さて、腹ごしらえもできたところで、いよいよ本題。
d0154257_14322897.jpg「Chocolate Mase @ Harbour City」のチョコレートオブジェだらけの中にあるチョコレート店を見て回りました。
一粒HK$20(約200円)とか、いつもながら高級チョコレートはお高いですね。

d0154257_14331398.jpg

行ったり来たりしながら、最終的に「MiO MiKO(http://www.miomiko.com/)」の上品な化粧箱に入った6個入りセットを14人数分購入。でも、すぐには用意できないと言うことで、デポジットを払って翌日旦那さんが取りに行くことになり、ミッションは無事終了。
在庫を確認してもらっている間に試食させてもらった、ツタンカーメンの顔を型取ったチョコレート。砂糖を使っていないということでしたけど、ビターの中にもほんのり甘さがあって美味しかった♪
駄菓子屋さんの安いチョコレートも嫌いじゃないけど、こういうお高いチョコレートもたまには食べたくなりますね。

d0154257_14334854.jpg
帰り際に見つけたのが、やはり海港城内で開催中の「CHOCOLATE WORLD HERITAGE」。
各国の世界文化遺産をチョコレートで再現した展示場がありました。

d0154257_14342468.jpg
ちょっと顔が似ていなかったエジプトの「アブシンベル神殿」(写真左)と、ローマの「コロッセオ」。
d0154257_14374087.jpg
フランスの「凱旋門」(写真左)とイタリアの「ピサの斜塔」。いずれもホワイトチョコレートを削って作られていました。
ちょっと照明が暗い気がしたのは、温度が上がっちゃうスポットライトは使えないってことだったのかしらん? 

そして、この日は私の誕生日でもありました。
d0154257_143876.jpg帰りに「美心西餅」でホールケーキ「BLACK FOREST」(HK$128/約1,280円)を購入。自宅で頂きました。(ちなみに、ろうそくの数は年齢とは関係ありませんf(^_^;。)
それにしても、夫婦二人で食べるには大きすぎました。まったくいつも欲張ってしまう。。。。
己の意地汚さを痛感する誕生日でした。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-01-31 14:53 |
気がつけば香港は街中すっかり、正月飾りで赤くなっています。
クリスマスはサンタクロースだった尖沙咀中心(チムサーチョイセンター)のイルミネーションも、すっかり縁起物の宝船に変わっており
d0154257_16595817.jpg
d0154257_1702569.jpg
しかも、時間によって真っ赤になるので2度、驚きです。

d0154257_17115864.jpgそんなわけで、JUSCOへ行っても香港(中国)スタイルの飾り付けや、お祝いの膳の販売が盛んになっています。アワビや蝦、貝柱、牡蠣などがでーんと山積みの大皿料理だったり、ご飯を詰め込まれた鴨がまるまる一羽だったり、こちらの正月本番とあってとても豪華です。なので、食べてみたいな〜と思うのですが、やっぱり、家族の絆が強い香港、どれも大人数向けのセットばかり。夫婦二人だけの我が家ではとても食べきれません。


d0154257_1711557.jpgそんなお正月食材のひとつに「年糕(ニェンガオ)」があることを知りました。
これは中国語の「年高(年年高く)」という言葉と発音が同じなんだそうで、縁起が良いそうです。
そして月餅で覚えた「奇華餅家」など、お菓子屋さんというかケーキ屋さんと言うか、そう言ったお店で売られていて、しかももらったチラシにはお菓子の詰め合わせとかと一緒に載っていたので、てっきり「デザートなんだ」と思っていました。

実際、パッケージには英語で「Chinese New Year Pudding」となっていましたので、「プリン? お菓子だね」と勝手に思い込み、小さめの物を買って食べてみる事にしました。
ちなみに買ったのは、「迷你亞(女+麻)年糕」(HK$35.00/約350円)というミニサイズ。

最初に驚いたのはその堅さ。写真のように包丁が刺さっちゃうくらい堅いです。無理矢理切りましたが、この切り方がそもそも間違っていました。
d0154257_172535.jpg

本当に、知識が無いというのは、恐ろしい事です。
お菓子だと思い込んでいるので、なんと、そのまま食べてしまいました。(皆さんは絶対にそのまま食べないでください。)
なんとも、ぼそぼそして美味しくありません。それもそのはずです。これは生で食べる物では無かったんですから。

旦那さんと二人、首をかしげてネットで調べて初めてその正しい食べ方を知り、己のアホさに笑うしかありませんでした。

さて、では正しい食べ方です。
d0154257_173588.jpg
日本のお餅よりも薄めに切って、溶き卵を絡めてフライパンで数分両面を焼きます。それだけ。
出来上がりはこちら。
d0154257_1735165.jpg火が入ると、どんどん柔らかくなってお餅のように、もっち〜と伸び、ほのかな甘みと卵が絶妙にマッチ。とっても美味しくなりました♪

最初は食べきれないのではと思ったのですが、ちゃんと焼くととても美味しくてミニサイズとは言え、二人でぺろりと平らげてしまいました。
所変われば品変わる、未知な食べ物はまだまだあるんですね〜。
それにしても、ろくに調べもしないで憶測だけでかじりついてしまった、おバカな夫婦でした(恥っ!)。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-01-20 17:16 |
只今「ガンダムエキスポ2010」が開催中の、紅磡(ホンハム)駅前の國際都會(The Metropolis)に行ったら、フローズンヨーグルトのお店がオープンしていました。(正面入口を入ったすぐ右側です。)
d0154257_122999.jpg

以前、彌敦道(ネイザンロード)沿いに新しくできた「The One」で見つけた「tuttimelon」(ブログはこちらで)とはまた違って、お店の名前は「Tutti FruttiURL)」。
d0154257_1223174.jpg
でも、見た目はそっくりです。数台のフローズンヨーグルトの絞り出し機が設置されていて、トッピングもたくさん。もちろん量り売りで100g=HK$15(約165円)。tuttimelonと同じ価格ですね。これが相場なのかな?

ただ、こちらはカップのサイズが、大中小と3種類あります。
d0154257_1225117.jpg
写真は一番小さいカップ。でも、結構大きいですね。2種類のフローズンヨーグルトを入れたのですが、重さは177gぐらいになってHK$26.5(約292円)でした。

たくさん入れたら、冬場に食べるにはちょっとお腹を壊しそう。控えめにうねうね絞って、二人でシェアするといいかもしれないです。

そしてどちらにもあったのが、「益力多(ヤクルト)」味のフローズンヨーグルト。益力多(ヤクルト)は香港にすっかり根付いているんですね。

このお店、ホームページによると来年1月に黄埔(ワンポア)のJUSCOにもオープン予定みたい。近くに2店舗もできるなんて、ラッキーです。
でも、どうせなら暑いうちにオープンして欲しかったな。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
香港はまだまだクリスマスイルミネーションで、華やかです。
[PR]
by m_suneya | 2010-12-28 12:13 |

尖沙咀で大騒ぎ?

昨夜のクリスマス・イブ、皆さんはいかがお過ごしになりましたか?
我が家は、スーパーで買ってきたチキンの盛り合わせとお寿司、サラダでささやかなクリスマスディナー。
もちろん食後にはクリスマスケーキも頂きました。
d0154257_1425465.jpg
このチョコレートケーキは、お気に入りの胡桃入り食パンを買いに行くパン屋さん「Das Gute」の「天使之都(Angel's Home)」(HK$180/約1,980円)。二人で頂くにはちょっと大きかったのですが、折角のクリスマス、やっぱりそれらしいケーキが欲しくて買っちゃいました。
美心西餅のケーキも良かったんですが、デコレーションがどうもあっさりしていて、あまりクリスマスっぽくなかったので、ここのは来月の誕生日に買おうかな、なんて今から目論んでいます(∩.∩)ふふふ♪。

さて、そんなささやかなクリスマスディナーへたどり着くため、ウチの旦那さんはいつにない苦労をしました。
d0154257_1426418.jpg
と言うのも、24日(金)の夜5時くらいから、旦那さんが通勤する尖沙咀(チムサーチョイ)を中心に大幅な交通規制が行われたからです。
彌敦道(ネイザンロード)を中心に一切自動車は入れず、歩行者天国状態。

d0154257_14273534.jpg
だけど、あちこちにバリケードが設置されて、まるで元日の川崎大師みたい(元日のお参りはここしか行った事がないので)。歩きなのに行きたい方向に進めない。
d0154257_14283469.jpg
ものすごく遠回りをさせられたあげく、いつも使っているバスは当然運休(もしかして、バス停の場所とルートが変更になっていただけかも)。
バリケードに阻まれ、気がつけば星光大道(アベニュー・オブ・スター)まで誘導されていて、ここもまた人混みがすごかったそうです。
そこから続く尖沙咀海賓花園(チムサーチョイプロムナード)を通り、ここは尖沙咀中心(チムサーチョイセンター)のポップなサンタクロースのイルミネーションが綺麗なところです。
d0154257_14291548.jpg

そこからさらに交通規制で車が1台も通らない紅磡続道(ホンハムバイパス)の脇の、広い遊歩道を歩きようやく紅磡界隈までたどり着きました。ここでは尖沙咀へ向かう人も多く、いつになくたくさんの人の往来がありました。
ここまで来るのに優に30分はかかったそうで、自宅に着いたときには汗だくだったようです。

きっと、それがいけなかったのでしょう。
今朝の旦那さんはすっかり、風邪っぴき。風邪薬飲んで、おでこに冷えピタ貼ってベッドの中です。
彼に取っては、全くもって迷惑な尖沙咀のお祭り騒ぎだったということです。
で、結局尖沙咀(チムサーチョイ)で何が行われたのかは、全く分からない夫婦です。(ローカルスタッフ曰く、“そりゃあもう、大騒ぎ”なんだそうです。)
今夜はクリスマス本番。もっとスゴイ騒ぎになるのかしら?

d0154257_14294157.jpg

さて、そんな旦那さんも昨夜はまだ元気で、クリスマスプレゼントをくれました。
ゾウのランプです。(私はゾウ好きで小物を集めたりしてます。)
型抜きされたプラスチック製の板を、二人で組み立てて完成させました。
いつも忙しいのに、いつの間に用意していたのか。。。。意外にまめな人なので頭が下がります。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

[PR]
by m_suneya | 2010-12-25 14:45 |
先日、ついにシリコンスチームなべがデビューする時がやってきました。
元ネタはあの天下の「クック・パッド」のレシピなんですが、案の定我が家にある材料で作ったので、全くと言って良いほど違う物になっちゃいました。

何を作ったかというと、「ひとりご飯用パスタ」です。
d0154257_22425585.jpg
シリコンスチームなべにパスタを1人前(100g)を、はみ出すので半分に折って入れます。
そこへ残り物の野菜、この日は玉葱ピーマンを細切りにして乗せ、ツナ缶を油ごと一缶入れちゃいました。(気になる人は、オイルは切った方がいいかも、です。)
味付けにケチャップを好きなだけかけ、(180cc)を入れ蓋をして、電子レンジで7分チン! (パスタのゆで時間が7分だったので。)
d0154257_22434762.jpg
でも、取り出すとパスタはまだまだ堅かったので、一通りかき混ぜてパスタをほぐして、再度電子レンジへ。3分チンしてまた混ぜ混ぜ。更に2分チンしてほどよい感じになりました。

d0154257_22442641.jpgで、粉チーズを振ると結構美味しそうになったでしょう? あれ? そうでもないですか?f(^_^;。

でも、お味はなかなかでしたよ。
途中でもっとこまめに混ぜ混ぜしたほうが、パスタがほぐれて良かったかも知れません。
そして何より、有り難い事は、調理から食卓までこのなべひとつで済んでしまったので、洗い物がとっても少なくて済むって事です。ひとりご飯の昼食には持って来いです。

でも、食べるときのフォークには注意してください。シリコンスチームなべは傷付きやすくて、そこから劣化すると説明書にありましたから。
それから、我が家の電子レンジが小さいのでしょうか? 取り出すときになべの耳を持ってもつい内側に押してしまうようで、その拍子に蓋がポン! 蒸気がブワっ、熱っ! と手が火傷しそうになりました。
皆さんも、火傷にはご注意くださいませ。

最近では、コロッケの下ごしらえのジャガイモ、カボチャの煮物が短時間で柔らかく出来たり、あと1品欲しい時にたった5分足らずで出来たりと、活躍の場を徐々に広げている、我が家のシリコンスチームなべです。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

[PR]
by m_suneya | 2010-12-19 22:49 |

大根のお漬け物

香港で買う漬け物って、見た目は日本の漬け物そっくりですが、味が漬け物って言うより「ピクルス」って感じで、ほとんど甘酢漬けなんですよね。
日本にいるときは割と当たり前に、スーパーで白菜漬けとか野沢菜漬けとかを買っていたので、いざ無いとなると食べたくなるのが人情。

自分できゅうりを買ってきて、ダシの素と塩と唐辛子で浅漬けを作ったりもしたんですけど、これも少々飽きて来ていました。
そんな頃でした。先日の日本帰国の際、妹にご馳走になった大根の漬け物が美味しかったので、レシピを教えてもらいました。(ウチは妹の方が先輩主婦なので、いろいろと教わることが多いんです(^ ^;)

作り方は本当に簡単でした。大根なのに干さなくて良いんですよ。
d0154257_14384576.jpgまず大根を1本(約1kg)を皮を剥いて、漬ける容器に入るサイズに切り、昆布(適当)と共に入れます。ちなみに今回使った容器は、野菜を洗ったりするボールです。

d0154257_14391436.jpg
漬け汁は、砂糖160g、塩大さじ2弱、酢20cc~50ccをドロドロに混ぜ合わせた物。今回、アクセントに唐辛子を入れてみました。お好みで柚子もいいそうです。

d0154257_14394333.jpg
これをどば~っと掛けます。
中ブタをして重しを乗せて、しばらく待ちます。
水が上がってきたら、大根を上下ひっくり返して、重し無しで冷蔵庫へ。

d0154257_14405181.jpg
これが翌日の状態。
漬け汁は随分水っぽくなりましたが、大根の色はまだまだ真っ白で堅い状態です。

d0154257_14413134.jpg
こちらが2日目。
大根から更に水が出たようで少し小さくなり、色づき、柔らかくなりました。

d0154257_14421054.jpgそして3日目。
大根が、さらに小さくなり柔らかくなって来ました。この頃には、少し細めに切った大根は充分漬け物としていただけました。
大体3~4日が食べ頃なんだそうです。

d0154257_14424393.jpg4日目。
すっかり漬け物らしくなって来ました。
d0154257_14431318.jpg一度には食べきれないので、この日の食卓用以外は、リードの新鮮保存バッグに入れて冷蔵庫で保管する事にしました。

でも、冷蔵庫の中で匂いが漏れていたようで、旦那さんからクレームが。私的にはお大根の良い匂い、なんですけどねぇ。
そこで、ジップロックの密閉容器に移し替えました。

d0154257_14434657.jpg
で、食卓用に切った大根のお漬け物。一緒に漬けた昆布も細切りにして沿えましたが、これが結構箸休めに良くてぺろっと食べれてしまいました(^_^)v。

それにしても、漬け物が食べたくなっちゃうなんて。。。。
白菜の漬け物をお茶うけにして、親戚のおばちゃんたちがくっちゃべっていたのが子供の頃は理解できなかったけど、今ならその美味しさが分かるようになりました。
やっぱりそういう歳になったってことかしらん?


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

[PR]
by m_suneya | 2010-12-18 14:57 |

ひとりご飯

さて、旦那さんの出張中、子供のいない主婦としては家事もの〜んびり。自分の為だけの食事はもちろん、手抜きです。(旦那さんが出張じゃなくても、昼ご飯は手抜きです。f(^_^;てへ)
そんな時のために、戸棚にはこんなお手軽食品をストックしています。
先月JUSCOで見つけた、NISSINの「NUPASTA(新意派)」。見た目はほとんど「出前一丁」のような袋ラーメンですが、パスタです。
d0154257_17161525.jpg
昨日のお昼ご飯はこれで済ませました。

裏面を見ると、ゆで時間はたったの3分とあります。これは素早く出来てよさそうです。が、具材は一切入っていません(ラーメンだってそうですから、当たり前ですね)。なので、冷蔵庫の中を物色しますが、先日まで日本にいたのでほとんど空っぽです。
本当は豚肉やベーコン、ピーマンなどがあると良かったのですが、かろうじて玉葱と人参の切れ端が見つかったので、それらで赤いパッケージの「拿破崙番茄味(Neapolitan Flavour)」を作りました。
野菜を刻んでいる内にお湯が沸いて、野菜と麵を投入。ほぐしながら3分待って、付属のペースト状のトマトソースを入れて混ぜ混ぜ。はい、出来上がり。ちょーお手軽で助かります。
d0154257_17165491.jpg

さて、お味は。。。。。う〜ん、具材が物足りないせいか、まずくはないけど今イチ。麵の食感はパスタって言うより、太いラーメン?って感じかな。
これだったら普通のパスタでナポリタン作ったほうがいいかも。。。まあ、具材も無かったしお腹空いていたから、取り敢えず空腹はしのげました。

で、今日、黄埔(ワンポア)のJUSCOへ行ったら、イカ焼と共に売られている韓国のお菓子を見つけました。
d0154257_17173821.jpg
商品名は確か……「胡桃夾子」だったかな? 
日本のベビーカステラや人形焼きのように、胡桃の形をした型にタネを流し込んで焼いたのが、見慣れているようだけど型が珍しくて、目を引きました。
5個でHK$15(約165円)。
味はカステラほど甘くはなく、胡桃とあんこが入っていて、タネに何か練り込んであるのか独特の風味もあって美味しかったです。

家に帰ってネットで調べてみたら、「胡桃まんじゅう」と言う韓国の伝統的なお菓子のようですね。
香港では、日本の物の次に韓国の物が多い気がします。それだけ、韓国人も多く滞在しているってことなんでしょうね。
香港には中国人、日本人、韓国人と、とっても似ているアジア人が集まっていて、ますます見分けが付きません。香港に住んでいたらみんな香港人になっちゃうから、気にすることなんて無いんですけどね。
言葉の分からない私としては、いかに快適にコミュニケーションをとるか、なんですが、実はこれが一番難しい。。。。広東語の語気の強さにいつも怖じ気づいてしまいます。。。

気を取り直して。最近の香港島のビル群はすっかりクリスマス・イルミネーションで着飾っていて、毎晩香港の夜景を美しく彩ってくれています。
やっぱり、香港はキラキラ派手なイルミネーションが似合います。
d0154257_1718215.jpg


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-12-10 17:24 |

シリコンスチームなべ

日本に帰っていたのはたった1週間なのに、この1週間で香港の気温がぐっと下がっていてビックリ。
今日の午前中の気温は16℃、湿度は38%。最高気温は20℃位までは上がるようですが、テレビの画面に映し出される予報は、「最高気温」ではなく「最低気温」に変更されていて、これまたビックリです。
その「最低気温」も15℃と、この時期の東京の最高気温ほど。まだまだ「寒~い!」と言うほどではなく、むしろ快適です。
香港には、“ 暑い” イメージしかなかったので、意外な一面を見る思いです。


さて、先日の帰国に合わせて通販でいろいろとゲットしてきたんですが、その中のひとつがこちら、
シリコンスチームなべつき使いこなしレシピBOOK」。
d0154257_13524865.jpg
日本では数ヶ月前から “ シリコン” の調理器具が人気だとか。そこで私も10月末に発売になったこの「シリコンスチームなべつき使いこなしレシピBOOK」をAmazonで注文していたのですが、なんと品切れ。約1ヶ月ほど待たされました。

日本での人気の秘密は、有名シェフが開発して、電子レンジで大した油も使わず野菜をヘルシーに調理できると言うことが最大の魅力らしいのですが、私が欲しいと思った理由はただひとつ。
2口あるIHクッキング・ヒーターの内ひとつが、中華鍋専用で底がラウンドしているので普通の鍋やフライパンが使えない、事実上、IHクッキング・ヒーターがひとつしか使えていないからなんです。

これで、電子レンジで調理が出来れば、多少は料理の段取りも良くなるのではと思っています。もちろん、このシリコンなべでヘルシーな料理ができれば、メタボ夫婦としてはこの上ありません。

d0154257_13532360.jpg
しかもこのなべ、しまうときはこんなにぺちゃんこになるんですよ。

さあ、いざ調理! と思ったけど、ウチの旦那さん、私と入れ替わるように日本からアメリカに出張しちゃったので、現在香港で一人暮らし中。となると、そんなに凝った物を作る気にはなれない。。。
まずは冷凍ご飯の温め直しから、かな?


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-12-09 13:57 |