2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya

<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Water Dispenser

今日念願だった、Water Dispenser が我が家にやってきましたぁ!

d0154257_1823278.jpgWater Dispenser って良くオフィスとかにある、冷たいミネラルウォーターや熱いお湯が出る便利なマシーンですよ。日本にいた時から、何かカッコイイし、海外に行ったならば水道水よりもミネラルウォーターや蒸留水を飲んだり、はたまた料理に使ったりするはず! と考え、絶対にこれを自宅に置くんだ! と思っていました。
案の定、地元の人ならいざ知らず、水道水を飲むのはやはり抵抗がありました。が、Water Dispenser をどこでどう入手したらいいのか解りませんでした。なので、昨日まではスーパーでミネラルウォーターを買って来ていました。料理にもこの買ってきた水を使っていると、あれよあれよという間に無くなってしまいます。
やはり何とかあの、Water Dispenser を家におけない物かと思っていると、ある日旦那さんが日本人向けの情報誌(レストランとかに置いてあるフリーペーパーですね)を持って帰ってきました。それに広告があったんです。

しかも、日本語専用ダイヤルが書いてあるではありませんか! 意を決して電話すると、日本語ではありますが、片言。ちょっと分かりづらいと思ったのは、先方も同じなようで、詳細はEメールでくれました。Eメール添付のチラシを眺めながら帰宅した旦那さんと検討して、翌日には購入を決定。そして、今日の到着となったのです。

でも、料金システムのことは全く知らなかったので、戸惑いました。
このDispenser自体はFree(タダって言葉に弱いんですぅ)だというのですが、水のボトル、今回のタイプは 12L入り ですが、これをまとめて 35本分先払い する恰好になりました。これでも一番少ないタイプで最初に勧められたのはなんと、80本のタイプ。全部使い切るのに一体何年かかるんだ〜! って感じでした。赴任期間が未定の我が家にとって、そんな危険な賭に出る事は出来ませんので、ミニマムの35本に落ち着いたと言うわけです。
何より、重たいボトルをいちいち買いに行かなくて良いっていうのが、嬉しい事なんです。
[PR]
by m_suneya | 2010-04-30 19:03 | 生活

八達通 -OCTOPUS CARD-

以前、吉之島(JUSCO)へ行くのにミニバスに乗った事を書きましたが、その際便利だと思ったあの
オクトパスカード(八達通 -OCTOPUS CARD-) を、私も遂に手に入れました。

d0154257_0154267.jpg日本で言う、suicaやpasmoと同じような機能を持っていて、電車やバスの運賃はもちろん、コンビニやスーパーの支払も可能です。これで、MTR(地下鉄)もミニバスも小銭を気にせず乗れます。しっかりチャージしておかなくっちゃ!

d0154257_2319468.jpg
ミニバスとはこんな感じで、16人乗りの小さなバスです。基本的にラッピングバスになっていて、色々な広告が描かれています。
今日の香港は珍しく強い雨が夜まで降っていましたので、旦那さんにミニバスで帰ってくるように勧めたんですが、こんな日は考えることがみんな一緒のようで、バス停は行列だったそうです。
このミニバスは着席型なので、席がいっぱいになると乗る事は出来ません。バス停には乗り切れなかった人が次のバスを待っていたそうです。
ミニバスは路線が細い路地まで走っているので、まさに庶民の足という感じです。

d0154257_23222486.jpgこのほかにもお馴染みの二階建てバスもたくさん走っています。こちらはもう少し遠くまで行くバスのようで、私が乗る機会はまだまだ先になりそうです。
それよりも先に乗ってみたいバスがあります。観光用の(彌敦道)ネイザンロードを走る、二階の天井が無い二階建てバス 。有名ですよね。香港に来たからには是非一度あのバスに乗って、ネイザンロードのネオン街を走り抜けてみたいと思っています。
[PR]
by m_suneya | 2010-04-30 00:17 | 生活

エコバッグ

香港に来て驚いた事は、ゴミの分別が無い事です。
日本にいた頃は関東地方に住んでいたのですが、わりと分別に細かい地区で、
燃やすゴミ、燃やさないゴミ、資源ゴミもペットボトルはフイルムを剥がして、キャップも別で、本や新聞は紐で縛って。。。。と、最初はおっくうでしたが、慣れると無意識のうちにペットボトルのフィルムを剥がしていたりして、だいぶ身に付いていました。

それが、香港に来たら全く分別をしなくて良い、と言われ、唖然
生ゴミもペットボトルも、瓶も缶もみーんな一緒。ビックリしました。
先日、電球が切れたので、さすがにそれは回収する人が怪我でもしたら嫌だなと思って、別の袋で出したのですが、その意図が伝わったかどうかはわかりません。

d0154257_18393641.jpgだからと言って、環境問題に感心がないわけではないんです。TVCMでも、時たま “ゴミを減らしましょう” 的なものも流れてますし、なにより、レジ袋が徹底しています。
スーパーと言わず、ユニクロと言わず、どこのお店に行っても、この緑のマークが店頭だけでなく各レジにも貼られていて、
レジ袋は1枚50セント(6〜7円位)と有料です。
もちろん靴屋さんなどの例外もありますが。とにかくマイバッグが手放せません。
日本ではもちろん、マイバッグ派だった私。可愛い柄や、パンのシールを集めてもらった物など、割とたくさん持っていました。
が、まさかこちらで必要になるとは思わず、そのほとんどをおいてきてしまいました。
ああ、悔しい! 
これを機にマイバッグ作りにでも、はげもうかしら?
[PR]
by m_suneya | 2010-04-28 18:55 | 生活

香港で思う事

香港に来てまだ1ヶ月も経ってないけど、日本にいた時とはイメージが違うなぁ、と思う事があります。
それは、日本の製品が本当にたくさん店頭に並んでいる事。
もちろん、ご当地物もたくさんあるんですけど、何気ないところで日本の物を見かけるんです。
d0154257_18265748.jpg例えば、街角のスタンドで売られている本。ものすごく普通に日本の雑誌が並んでいます。 ファッション誌マンガ が多いですね。マンガは広東語に訳したものも売っているようですが、日本語そのままの物もあります。
外国人が日本語を勉強する時に、マンガから入る人が多いことは知っていましたが、ここにその現実を見た気がしました。


d0154257_18304434.jpgもちろん日本食も多いんです。彌敦道(ネイザンロード)には 吉野家 がありましたし、その他にも 焼肉屋寿司屋しゃぶしゃぶ と、一体ここはどこなんだろう?と思うくらい、香港には日本食屋さんがたくさんあります。実際、私が香港に来て中華料理を食べるまでには、数日かかりました。なぜか沖縄料理や、寿司、タイ料理にイタリアン、と中華料理以外に連れて行かれました。正に多国籍です。


d0154257_18413580.jpg日用品においても、日本の商品がそのまま販売されている物もあれば、香港バージョンのパッケージになっている物もあります。
このクイックルワイパーはその一例で、日本と同じ製品が、広東語のパッケージになって売られていました。中にはパッケージも日本のそのままで広東語の注意書きや説明文のシールが張られているだけの物もあります。こういうのって、実は有り難いんですよね。製品の良さは日本で実感済みだし、何より知っている商品ってホッとします。
こちらの商品が悪いってわけじゃないんですけど何しろ説明文が読めないので使い方を想像しなくちゃいけない。実践あるのみ、なのでちょっと心配な時もありますから。
と言う事で、馴染みのなる日本の製品と、“ちょっとした冒険だな”(古!) 的なこちらの製品を上手く組み合わせていきたいですね。
[PR]
by m_suneya | 2010-04-27 18:57 | 生活
d0154257_17263435.jpg
今日は海港城(ハーバーシティ)に買い物をしに行ったので、お昼ご飯は隣のフェリー乗り場がある中港城(チャイニーズホンコンシティ)へ。その中にあるフードコートで食べる事にしました。
香港の対岸、中国大陸の中山市や南沙方面に向かうフェリーの出発ゲートのフロアを通り過ぎ、その上の到着ロビーのあるフロアに、エスカレータの吹き抜けを囲むようにして、金牌坊というフードコートがありました。
d0154257_17315657.jpg
ちょうどお昼時だったので、テーブルはどこも埋まっていて、それぞれの店舗の前には行列ができていました。ここにも中華だけでなく日本食のお店がありました。
私は牛すじの入った拉麺を注文。野菜の小皿がついて36HK$。一緒にタピオカ入りドリンクを勧められましたが断ってしまいました。

ですが食べ始めてちょっと後悔しました。見た目よりも辛かったので、飲み物はあったほうがよかったようです。
でも牛すじのぷるぷるがいっぱい入っていて、美味しかったです。

面白かったのは食べ始めてすぐに、目の前の席に中年のオジサンが何も言わずに座ったことです。こちらでは相席は当たり前だとは聞いていたのですが、何も言わずにいきなり座ったのにはビックリしました。そして私の事など見えていないかのように、自分の中華麺を食べるとまた何も言わずに去って行きました。
すごい国だなと思っていたら、今度はOLさんらしき女性が三人。こちらは広東語で話しかけて来ました。
多分相席の事だと思い「どうぞ」と思わず日本語で答えてしまいました。
彼女たちも、私の事など気にすることもなく、楽しそうに会話しながら、麵やら丼物を食べていました。
それにしても、こちらの女性(男性も?)はなかなか大食漢ですね。
お肉ががっつり、ご飯もどっさり入った丼物も平気にさらっと平らげます。
でも、決して太っているわけではないんですよ。フツーの体型なんです。
何か太らない秘訣があるのでしょうか? 食べ物自体にヒミツがあるのかな?
早急に解明したい謎です。
d0154257_1844995.jpg

[PR]
by m_suneya | 2010-04-26 18:06 | 観光

香港映画

今日は映画を見に行ってきました。

元々日本にいた頃から、映画を観るのは旦那様の趣味で毎週のように映画を見に行っていました。
それが香港に来てからも変わることなく、週末となれば映画館へ足を運びます。

とは言え、こちらの映画に日本語吹き替えは当然無く、英語の映画には中国語の字幕が付くだけ。
先日見た「タイタンの戦い」「ヒックとドラゴン」
そのビジュアルに助けられて、内容はなんとなく解りました。

が! 今日見たアンディ・ラウ主演の香港映画「未来警察」は、
広東語に中国語字幕と英語字幕が付くのみ。
しかも。。。。この字幕が早くて、英語に不慣れな私には到底追いつける速さではありませんでした。
ビジュアルも、ちょっと解りづらいところもあって、残念ながらストーリーの半分も理解できたかどうか。。。。。その分不思議な感じの印象深い映画となりました。

これからも、積極的に映画を見に行くと思いますが、
想像力をたくましくして楽しんでいきたいと思います。
d0154257_052329.jpg

[PR]
by m_suneya | 2010-04-26 00:54 | 趣味

吉之島はJUSCOのこと

今日も香港は良いお天気です。
寒くもなく暑くもなく、ちょっと強めの風が吹いていて爽やかです。この二日間に限って言えば、香港生活って意外に快適なんだなと驚いています。

さて、今日はシーツを買いに、JUSCOへ行ってきました。
めざすは紅磡(ホンハム)の東、黄埔(Wampoa)。
そこで初めてミニバスに乗ってみる事にしました。
緑色の14人乗りくらいの小さなバスで、全員が座って乗るタイプ。運賃は先払いですが、おつりは出ません。オクトパスカード(日本で言うsuicaみたいなカード)は使えるようなので、これが便利そうです。さらに車内では、とくに次のバス停の案内が出るわけでもないので、周りの景色を見ながら降りるバス停を見逃さないように注意が必要です。

ですが、降りるバス停を確認していませんでした。この辺りだろうと適当に降りたら、どうも行き過ぎていたようで、プチ迷子状態。
立ち並ぶマンション群の中をうろうろ。不動産屋さんのお兄さんとおぼしき人に、
「吉之島(ガッチートー)」はどこかと尋ねると、すぐに解って教えてくれました。
そうなんです。JUSCOはこちらでは吉之島というんですね。

d0154257_18321649.jpg
大きな船の形をした建物(中にJUSCOのほかにモスバーガーなどがありました)を中心に、黄埔新天地(Wonderful World)というショッピングエリアになっていました。
トイザらスマクドナルドなど、ファミリー向けの店舗がたくさんありました。
お目当てのシーツも買えたので、マクドナルドで一休み。
d0154257_18382184.jpg

見慣れたマクドナルドですが、見慣れないメニューがありました。
日本でもあるのかな? ファンタがスムージーのようにシャーベットになった上にソフトクリームが乗っているんですが、そのソフトクリームはその縁にチョコレートのようなシロップ?がついていて、冷たくて甘くて美味しかったです。

帰りもバスに挑戦したかったんですが、乗ってきたバスと同じ番号のバス停を見つける事が出来ません。仕方がないので、タクシーで帰ってきました。でも、タクシーの初乗りが18HK$(230円位)ですから、日本のタクシーより安くて気軽に使えましたよ。
[PR]
by m_suneya | 2010-04-24 18:54 | 生活
香港に来てまだ半月も経っていませんが、今朝は初めて良い天気になりました。
雲も少なく、風がとても爽やかなんです。
湿気が多いと言われている香港でも、こんなに爽やかな朝があるんですね。
そこで、午前中にもろもろの家事を済ませ、
午後から散歩がてら、彌敦道(ネイザンロード)へ出かけてみました。

佐敦(ジョーダン)駅から北上することにしましたが、
その前に、佐敦のそばにある日本のガイドブックにも載っている、
牛乳プリンが美味しいという、
義順牛奶公司へ寄ってみる事にしました。

ガイドブック通り、店頭のウインドウには色々な種類の牛乳プリンが並んでいて、
言葉の通じない私は、席に座るとウインドウを指さし「あれをください」と日本語で注文。
すると、店のオジサンは片言の日本語で、「ギュウニュウプリン」。
そのあと何か言っていたようですが、よくわかりません。
d0154257_1875320.jpg

でも、ちゃんと目の前には牛乳プリンが。
デザートにしては大きめな器で、赤い牛のマークが可愛い。
甘さは控えめで、ぷるぷる柔らかくて美味しかったです。
この器とレンゲは販売しているようです。可愛いからお土産に良いですね。
店を出る時、オジサンはにこにこ笑顔で見送ってくれました。
d0154257_18131248.jpg
さて、お腹も満たされたのでネイザンロードを歩きます。
4車線の大きな通りで、両側には色々なお店が軒を連ねます。
夜のネオンが有名ですがら、昼間はちょっと見劣りがするかも知れません。
それでも、見応えはありました。
ほら、こんな高いビルの外壁補修工事も足場はなんと、
です。すごいですね〜。

油麻地(ヤウマティ)駅まで歩いて、
日本の合羽橋のような、調理器具がいっぱい売っている上海街を通り抜け、新填地街(サンティンデイガイ)に入りました。

d0154257_18232159.jpg
ここは、小さなアメ横って感じでした。
野菜や果物、乾物が売っているんですが、その合間に女性用下着が売っていたりして
驚きです。
ここでは、値札に「元」が使われていました。
1元と1HK$は同じってことかな?
果物の王様ドリアンも数多く売っていましたが、
臭いが強烈だと聞いているので、とても買う勇気はありませんでした。
[PR]
by m_suneya | 2010-04-23 18:39 | 観光

落ちる〜!

d0154257_14345290.jpg
香港の高層マンションは有名ですよね。
60階とか70階とかフツーに、しかも隣接してます。
で、今住んでいる部屋は29階なので、
そんなに高い方ではないのですが、
窓掃除をするとなると、やっぱり高いです。

ベランダは無いので窓の外側を掃除する時は、
窓を大きく開けて、雑巾を持った手をぐい〜と伸ばします。
それでも届かない所は、身を乗り出して。。。。
それでも届かない場合は、モップを持ち出して。。。
ああ、落としたらどうしよう。。。。

ひえ〜。高所恐怖症ではありませんが、
あまり下を見ると全身の毛穴が開いて、いや〜な汗が出てきます。

香港の奥様方は勇気がありますね。
[PR]
by m_suneya | 2010-04-22 14:46 | 生活

十元廣場

d0154257_22404956.jpg
今日は夕方に、と言っても7時近くになってですが(外が明るいので、気分的には夕方なんですよね)、
家から一番近い「十元廣場」に行ってきました。
これは別名「$10PLAZA」と言って、
いわゆる「100円SHOP」の事です。

旅行で来ている分には必要ないかも知れませんが
いざ暮らしていくとなると何かと物入りで
これがとっても助かるんです。

観光地のブランドショップばかりでは
生活出来ませんからね(∩.∩)。

ちょっと怪しい入り口から、地下の店内に入ると
日本でお馴染みの「ダイソー」製の小物や、
日本の御菓子などがいっぱい。
ついつい、色々と買いすぎちゃうんですが、心なしかホッとします。
[PR]
by m_suneya | 2010-04-21 22:52 | 生活