2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya

<   2010年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

香港科學館

今日は旦那さんと一緒に、香港科學館香港歴史博物館 へ行ってきました。
このMUSEUMは尖沙咀(チムサーチョイ)とは言え、紅磡(ホンハム)駅寄りで香港理工大學の道路を挟んだ向かい側にあります。
隣接するふたつのMUSEUMは向かい合って建っており、その周りをこのような柵のある歩道が囲んでいました。
d0154257_22593484.jpg
d0154257_2301352.jpgまずは 香港科學館 から。
今日は特別展示「神州生態 中國野生動植物標本展」も一緒に見る事にしたので、常設展示の入場料HK$25プラスHK$10で、トータルHK$35。日本の博物館に比べたらかなりお安い感じです。しかも閉館時間が遅く19:00までやっているので、ゆったり見られて安心です。


d0154257_2341970.jpg
まずは特別展示「神州生態 中國野生動植物標本展」から。いきなり厳つい感じの「中華鱘」の剥製がお出迎え。河の魚だと言いますが、大きくてまるでサメのような剥製で迫力がありました。けど、ちょっと古いような。。。。高山鳥類のコーナーの鷲も大きく広げた羽根が恰好良いのですが、その羽根がもうくたびれているような。。。。その後のパンダの剥製に至ってはもう毛並みは悪いし、くすんでいるし。。。。。う〜ん。如何ともしがたい展示でした。

d0154257_23114994.jpg恐竜の化石がお出迎えしてくれた常設展のほうでは、人体の構造や仕組みから電気に関する展示、交通や電話、食品に関する展示と幅広く、また子供が遊びながら学べるコーナーまで色々とありなかなか楽しませてくれました。だけど、こういう所ってやっぱり足が疲れちゃうんですよね。ゆっくり見ながら歩くって、実は疲れるのかしら?

d0154257_23222870.jpg
そこで向かいの香港歴史博物館 へ行く前に、近くのマクドナルドで一休み。そしたら、奥の方でもの凄く賑やかな声が、まるでジェットコースターにでも乗っているのかのような声がしたので、何事かと見に行くと、誕生パーティーをしていました。ドラえもんのサンバイザーを被った子供達とその親達を、司会者がマイクを使って何やら盛り上げていました。マックで誕生会なんて私の子供の頃では考えられないことです。

さて、一休みしたので香港歴史博物館 へ。ここもまたみっちり見学してきたので、次回お伝えします。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-30 23:35 | 観光

天と地

今日は旦那さんと外で昼食を食べる事にしました。
ローカルスタッフと食べに言ったという店を探して、彌敦道を行ったり来たり。
そのうち雨まで降り出して、すっかり探すのを諦めて入ったお店がこちら。
諾士沸台(KNUTSFORD TERACE)の天と地(Heaven On Earth)
d0154257_21402551.jpg
このテラスには、中華料理の天と地(Heaven On Earth)以外にも、店頭に席を設けたオシャレなレストランが建ち並んでいます。今はワールドカップを控えて、店内にはサッカーのディスプレイが目立っていました。
d0154257_21352165.jpg注文したのは、メインディッシュにスープとご飯がセットになっている SET LUNCH 。ドリンクを付けて68HK$とそこそこリーズナブル。ちなみに、奥が鶏肉とキノコの炒め物、手前がスペアリブの黒酢炒め(殆ど酢豚でした)。こちらのお肉はスペアリブで無くても、骨が入っているのは当たり前。鶏肉だって当たり前(今回の鶏肉に骨はありませんでしたけど)。スペアリブには、気を許すと口の中に刺さりそうな骨がついていました。濃いめの味付けでご飯が進みます。が、ご飯は大盛り。旦那さんにお裾分けして完食しました。

d0154257_2154191.jpg
帰り道、彌敦道を歩くと雞蛋仔(EGG BALL)を発見。どうも人気店「北角雞蛋仔」の支店のようで、お客さんが列を作っていました。今まで何度が前を通っていたのに、気付かなかったなんて。。。

d0154257_22202697.jpgさらに帰り道、本来行くべきお店をまた探しながら歩くと、旦那さんが通りを勘違いしていた事が判明。お腹がいっぱいになりながらも、その店の前まで行ってみました。するとこちらも行列が。並んでまでも美味しい物を食べたいと思うのは、日本人だけじゃないんですね。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-29 22:23 |

月夜

d0154257_0383911.jpg
          今夜の香港は見事な月夜。狼男が変身しそうな夜です。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-28 00:41 | 生活

アクアリビング

香港に来てまず整えたのが、インターネット環境。
先に来ていた旦那さんに、何はともあれ携帯電話とインターネット環境を整えてもらいました。
香港ではインターネットが浸透しています。街中でも 無料Wi-Fi の接続ポイントが、ショッピングモールやレストラン、ビルなどたくさんあります。有料ですけど公衆電話にも Wi-Fi が出来ると謳っています。使っている人を見た事ありませんけどね。至る所に 無料Wi-Fi の接続ポイントがありますから、そういったところでは、パソコンを広げいている人を良く見かけます。

そこで我が家もWi-Fiを導入して、日本ではインターネットに繋いでいなかった Wii を接続しました。
そこで Wiiポイント を購入して、ゲームをダウンロードしてみました。それがこれ、
アクアリビング
d0154257_14402723.jpgテレビ画面が水槽になって色々な熱帯魚を飼う事が出来る物です。餌をあげるだけなので、あまりゲームとは呼べませんが、環境ビデオのように癒してくれます。800Wiiポイントでした。(でも、購入する Wiiポイントは 1,000単位。200ポイント余っちゃいました。なんか、任天堂の陰謀を感じるなぁ。)
魚の種類も背景もBGMも色々あって、それなりにカスタマイズ出来ます。これはバラエティに熱帯魚がいる水槽。離れて見たら本当の水槽のようでしょう?


d0154257_14454924.jpgエンゼルフィッシュの水槽に、


d0154257_14465019.jpg金魚の水槽。これは上から覗くカメラアングルがあって、金魚すくいを思い出させます。


d0154257_14482043.jpgそして、ブラックライトで光る魚の水槽なんて言うのもあります。
さらに。。。。

d0154257_14495282.jpg高級魚の アロワナ の水槽もあります。けど、画面いっぱいのアロワナは迫力ありすぎてちょっとグロいです。実際には高すぎて買えないので、見られるだけでも有り難いのかな?


他にも普通に日本から持ってきたゲームソフトを始めてみました。
今さらですが「New SUPER MARIO BROS.Wii」をやっと始めました。けど、昔もマリオなんて殆どやった事がなかったから、操作が上手くできなくて全然進みません。左手の親指だけが痛くなって、たぶんこのまま封印されちゃうんじゃないかな? 次はDSの「ゼルダの冒険 大地の汽笛」だ! (って、どれもこれも流行遅れ。。。(>_<)ゞ。)
[PR]
by m_suneya | 2010-05-27 15:02 | 趣味

女人街

今日も香港は晴れました。湿度も80%程です。こういう日が続くと有り難いんですが、いつまで続くのやら。ながく続くのを祈るばかりです。

さて、昨日の続きです。いよいよ 旺角(モンコック)までやってきました。
さあ、 女人街 へ! (正式名称「通菜街」の旺角駅から南側。ちなみに北側は金魚ストリートとなっています。)
d0154257_12303457.jpgあ! 雞蛋仔(EGG BALL) 格仔餅(ワッフル)を発見! 旦那さんにも「彌敦道で見つけて食べたよ」と言われて、やはり一般的な御菓子だと知ったのですが、女人街の直前のここでも売っていました。しかも何やら串焼きのような物まで。でも、食べながら女人街は危険そうなので、今日は止めておきます。

d0154257_12335755.jpg
思った通りでした。まだ昼間とは言えやはり 女人街 は人も多く食べながら歩くのは危険そう。なにより露店が左右から迫ってくる勢いで出店していますから、人が通れるスペースは限られており、すれ違うには道を譲り合わないとならないほどです。本当は夜の方が賑わっているのでしょうが、今日は一人歩きなので昼の女人街を探索します。
どんな店が多いのか、キョロキョロ見回すとやはりTシャツやチャイナドレス、ベリーダンスの衣装、F1の繋ぎ風ジャケット、bag、靴、と衣料品が圧倒的。bagに至っては公然と「コピー、コピー、good copy」なんて言って呼び込みをする人まで。それ以外にも時計やおもちゃ、扇子、などなど、文字通りひしめき合っています。

d0154257_12404850.jpg殆ど同じような露店が延々と続きます。一体どれくらい歩いたでしょうか。やっと行き止まりまで来ると、そこはもう 油麻地(ヤウマンティ)駅の近くです。駅同士の間隔が近いとは言え一駅分歩くとさすがに疲れました。しかも女人街では値段交渉が当たり前なので、苦手な私としては何も戦利品はありません。ふー。値札なんてついてないんだもん、買えないよ。こういう時は、大阪のおばちゃんになって買い物しないとダメなんでしょうね。
そうそう、香港人は大阪のおばちゃんみたいだなって思います。お節介なほど親切なんだけど、やかましくて。でも大阪のおばちゃんほど笑顔はないので、親切なのか怒っているのか解りにくい所はありますけどね。いずれにしても、ずっと関東で育ってきた私には気後れする事ばかりです。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-26 12:58 | 観光

ビーズ街

今日の香港もお天気が良かったのですが、昨日の香港はもっと爽やかでした。なんと珍しく、湿度が70%以下。いつもは80%以上。90%以上の日も珍しくありませんから。思い切って洗濯した綿毛布がカラッと乾きました。気持ちもスッキリ。

で、今日もお天気が良かったので、ビーズ街と女人街に行ってきました。
まずは、ビーズ街から。
d0154257_1959256.jpgMTR(地下鉄)の 深水埗 (Sham Shui Po) を使うと駅から出てすぐです。
そもそも ビーズ街 は通称なんでしょうね。看板には 汝州街 (Yu Chau Street) となっていますから。

d0154257_21232521.jpg始めはその名の通り、ビーズを扱う店がたくさん並んでいます。大小様々、色も形もバラエティに富んでいます。

d0154257_212678.jpg
次に多くなるのが リボン を扱う店。写真の左の店は割と大きな店で、種類も多くこのレースなんてリボンとは呼べないほど幅広です。右の店舗はカラフルで柄物も多く、人気店のようでお客さんが途切れません。他の店も見てからですが、私もここでリボンを購入しました。
さらに通りを進むと今度は ボタン 布地 と取り扱う品が変わって行きました。でも、糸や毛糸、ファスナーを扱う店は無いんです。偏ってますよね。

d0154257_21304976.jpgこちらが購入したリボン。左の細いのが1m@2HK$、右のリボンとは呼べないほど太いのは、1m@34HK$でした。刺繍だけでなくビーズもついていてなかなか豪華です。何を作るかはまだハッキリとは決めていませんが、これだけ幅広ならポーチとかも作れそうです。


d0154257_21335396.jpg次はMTRに乗って 旺角(モンコック) へ移動しました。女人街 へ行きます。
でも、その前に腹ごしらえ。目に入った マクドナルド(麥當勞) に入りました。マックは香港にもたくさんあります。ご当地マックがあるかとメニューを見回すと TARO PIE(香芋批) のポップが。これは是非食べて見ないといけないと思いました。外側はアップルパイと同じですが、中身は 紫! でも、甘くて食感もアップルパイと同じで美味しかったです。ちなみにポップは期間限定でプライスダウンしているというお知らせでした。(通常7.5HK$ → 6HK$)

ところで、日本では「チキンタツタ」が期間限定で復活しているとか。私の大好物です。ううう、日本にいないのが悔やまれます。。。。(+_;)。
あまりに悲しいので、女人街はまた次回に。。。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-25 22:17 | 観光

香港迪士尼樂園(後編)

香港迪士尼樂園もいよいよ暗くなってきました。
TDRのように花火が上がると言う事ですが、エレクトリカルパレードのような夜のきらびやかなパレードはありません。
d0154257_13561747.jpg
花火の「Disney in the Stars」(星夢奇縁)が始まる8時30分に向けて、8時を過ぎると Sleeping Beauty Castle はライトアップされていて、その周りに人だかりができてます。
日本の“菊”のように、パ〜ッと開く感じの花火はありませんでしたが、色とりどりの花火が上がり綺麗でした。
d0154257_14854100.jpg花火が終わるともう奥へは戻れません。強制的に出口へと誘導されるのですが、途中のギフトショップに入るのは逆に歓迎されます。Tシャツなど色々ありましたが、ついつい買ってしまうのが缶入りの御菓子。特にアジア的な柄を選んでみました。ハート型のほうは中のクッキーにミッキーの柄が入っていました。値段はHK$55ですから、日本よりも少し安めな気がしました。


d0154257_1471343.jpg出口の「Hong Kong Disneyland Railroad」の駅から園内を振り返りました。ライトアップされてるランド全体が見渡せます。やっぱりこぢんまりとしたランドです。香港迪士尼樂園はディズニー界の「It's a samll World」って感じでした。




小さい、狭いと言いながらもすっかり閉園まで満喫して、さすがに足も痛くなりました。
香港の夏は突然の雨(スコール並の時もあります)や蒸し暑さでヘトヘトになりますから、次に来る時はもっと涼しくて雨の心配もない秋が良いと思いました。


d0154257_14155160.jpg家に帰って財布の中を見ると「Magical Coin Press Machine」で数枚コインを購入していたのを思い出しました。園内のあちこちに機械があるんですが、いつもトイレの前や側だったような感じがします。
右上のドナルドダックはどこのTDRでもありそうですが、左上の香港の町並みが描かれているのは、香港迪士尼樂園オリジナルですね。右下は「TOY STORY」の宇宙人がいっぱいいてかわいいので、つい買っちゃいました。料金は1枚HK$1なのですが、このコインはあまり手に入りません。紙幣のほうが出回っていますから。でも、なんとこの機械は オクトパスカード が使えるんです! 日本だって suica はTDRの園内では使えないのに。う〜む、恐るべし オクトパスカード
[PR]
by m_suneya | 2010-05-24 14:44 | 観光

香港迪士尼樂園(中編)

香港迪士尼樂園でもパレードはあります。
今回は「Micky's Waterworks Parade」(米奇水花巡遊)。3:30から園内のメインストリートをパレードします。
d0154257_15215971.jpg
文字通り「水」のパレードで、霧状だけでなく水鉄砲のような勢いの水も飛んできて、容赦ありません。写真を撮ろうとカメラを構えていてかなり水滴を食らってしまい、ちょっと心配になるほどでした。みんな傘を持参していて沿道には傘の花。このシーズン香港は天気が不安定ですぐに雨が降りますから、折りたたみ傘は必須アイテムのようです。
もちろん、暑さも尋常じゃありません。湿度が高いから陽射しが無くても妙に暑くて、体力を消耗します。日本にもあるように、霧が出るオブジェがあちこちにあって(上の写真右側)、涼しくしてくれるはずなんですけど、返って湿度が上がってムシムシしてしまうような気もしました。
d0154257_15282516.jpg
かなり遅めの昼食は、TOMORROWLAND の Comet Cafe で香港風のどんぶり物にしました。左は揚げた豚肉に玉葱の入ったトマトソースを掛けたもの。甘めのソースでした。右は焼き豚が乗ったどんぶり。他にも香港スタイルの麵などもありました。どちらのどんぶりもご飯が多くて、もてあまし気味に。こちらの人たちは大食漢ですからご飯は大盛りなんでしょうね。
d0154257_15342960.jpg
次のアトラクションはTDLにもある「Buzz Lightyear Astro Blasters」アストロブラスター 。こちらでも人気で待ち時間は45分。TDRでは信じられない事に、お昼も過ぎたのにまだファストパスが発券されていました。なので、ファストパスをゲット。先に「Space Mountain」へ。ここも45分ほどの待ち時間でじっと我慢して並んでいたのですが、一向に進みません。不審に思っているとキャストが何やら広東語で説明しています。どうやらマシントラブルで機械が止まってしまったようです。なので、特別にファストパスを発行するということらしい。そこで、上の右の写真のように、2種類のファストバスを持つと言うイレギュラーを経験しました。
この後ファストパスの時間に「Space Mountain」に行ったのですが、マシントラブルは直っておらず、結局乗る事が出来ませんでした。がっくり。TDRとの違いを確認したかったのに。。。
ちなみに「Buzz Lightyear Astro Blasters」アストロブラスター はTDLと同じでした。

d0154257_15502196.jpg日本になくて人気のアトラクションと言えばこちら。「Stitch Encounter」スティッチ・エンカウンター。でも、日本のTDSでウミガメのクラッシュが喋る「タートル・トーク」の、スティッチバージョンでした。しかもここでも言語は三択。広東語、普通語(中国語)、英語。言語毎に公演時間が違うので要注意です。英語のステージを選んで並びましたが、30分ほど前に並んだのでセンター寄りの良い席に座れました。でも、スティッチに指名されたらどうしようと、内心ドキドキ。だって、英語も話せるわけではないですから。でも、スティッチの英語は聞き取りやすく、雰囲気もあってか内容は充分理解できて楽しむ事が出来ました。インドから来た少年が間違って「インドから2日間かかって来た」と言ってしまった時のスティッチの驚きようが面白くて忘れられません。
どのアトラクションもそうなんですが、そのアトラクション独特のグッズというのが殆どありません。お土産文化のある日本だからこそ、TDRにはあんなにたくさんグッズが売っているのでしょうか? 買い物癖がついているとちょっと物足りない感じがしました。

さて、だいぶ夜も深まってきましたとは言え、まだ7時30分を過ぎたくらい。このあと8時から花火が上がる予定です。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-23 16:16 | 観光

香港迪士尼樂園(前編)

5月21日は、仏祖誕 (Birthday of Lord Buddha)なので、香港は休日でした。土日と合わせて3連休となったこの週末、昨日は 香港迪士尼樂園(香港ディズニーランド) へ行ってきました。
地下鉄のMTRでランタオ島へ向かい、欣澳(Sunny Bay)駅でDisney Resort Lineに乗り換えます。
d0154257_21572795.jpg
東京ディズニーリゾートのモノレールと同様に、窓もつり革もミッキー、車内にはコーナーにオブジェがあります。電車に乗った時から別世界を演出するのは、ここもTDRと同じでした。
d0154257_2205613.jpg
駅を出るとミッキーのゲートがお出迎え。その先には「ピノキオ」のくじらに乗ったミッキーの噴水、さらにチケットを購入してゲート内に入ると、ささやかながらミッキーの植え込みもお出迎えしてくれます。
到着したのはお昼過ぎだったのですが(ちなみに開園は10:30)、多少チケット(大人350HK$、3歳〜12歳の子供250HK$、65歳以上のシニア170HK$)を買うのに並んだくらいで混雑はありませんでした。日本の連休だったらもの凄く混んでいるんでしょうね。
d0154257_228153.jpg中に入るとメインストリートから、遠くに「眠れる森の美女」の城、Sleeing Beauty Castle が見えます。全体的にこぢんまりした感じです。

d0154257_2242867.jpg
メインストリートで、まずは小食(おやつ)を買いました。スモークターキーやホットドッグと言ったお馴染みの物もあったのですが、焼き団子のように見える“魚旦(フィッシュボール)”“韓式魷魚(韓国式焼きイカ/ここで会えるとは!)”“小豬叉燒飽(子豚の肉まん)”と言ったおやつもあって、香港らしさを感じました。
d0154257_22223150.jpg
いよいよランドの中心です。んむむむむ??? なんか変な感じです。そう、お城「Sleeing Beauty Castle」が妙に小さいんです。城の中にはもちろんSHOPなどはありません。通り抜けるだけの“門”のようです。入ってすぐに感じた違和感の大元は、どうやらこれのようです。なんか寂しいです。
右側の写真は「Tarzan's Treehouse」ターザンの家なんですが、なんと工事中です。日本ではそんな舞台裏は絶対にみせないでしょうけど、ここでは作業者が丸見えです。でも足場はこちら独特の竹製なので、妙に木々とマッチしています。
d0154257_22281658.jpg
最初に入ったアトラクションは、香港迪士尼樂園にしかないと言うミュージカル「Featival of the Lion King」(獅子王慶典)。開演の30分ほど前に並んだら、かなり前寄りの良い席に座る事が出来ました。サーカスを見るように円形のステージを囲んで360度の客席から鑑賞する約30分のショーです。歌唱力もしっかりとしたキャストと巨大な動物たちの動きがなかなかの迫力で、来園したからには必見のショーだと思いました。
d0154257_2233223.jpg
次に向かったのは「Jungle River Cruise」ジャングル・クルーズ。基本は日本と同じでしたが、決定的に違う事がありました。それは入り口で言語を選ぶ事です。行列に並ぼうとするとキャストに声を掛けられます。そして広東語、普通語(中国語の事)、英語の三択です。残念ながら日本語はありません。広東語も興味があったのですが、内容が確認できるように英語でクルーズしました。キャプテンのキャストのノリは日本と同じく軽快で、お客さんを楽しませようとする気持ちは充分伝わってきました。ゾウやカバなどの動物を見るだけでなく、壊れかけた遺跡風の仏像があったり、炎が吹き出すポジションがあったりと少しだけTDLよりグレードアップしていました。
こちらの待ち時間は20分ほどと、さほど待たずに乗れました。TDLのように1時間以上待つようなアトラクションはありません。3連休の初日でこれくらいですから、普通の土日ならもっと待たずに乗れるかも知れませんね。
この後も8時30分の閉園までみっちり園内にいましたので、その続きは次回お伝えします。ではまた。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-22 23:01 | 観光

珍珠奶茶

d0154257_21375221.jpg昨日の雨は朝まで残っていたのですが、みるみる空が晴れてきました。
本当に香港は天気がコロコロと変わります。
晴れて暑くなったので、バーゲンが始まった百貨店「永安 WING ON」へ出かけてみました。入り口にも大きな看板でセール品の広告を貼りだして、お客さんの目を引いていました。
店内にも大勢の人が買い物に来ていましたが、いや〜うるさい のなんの。元々声の大きな香港人。思い思いに大きな声でやり取りする上、店員さんも負けないくらい大きな声で商品説明をして、さらに、調理器具売場では実演販売員が、これまた大きな声でデモンストレーション。本当に 賑やかを通り越したうるささ でした。また香港人の購買意欲旺盛な事も感じ、こんな風に日本も賑わえば景気も回復するんでしょうかね。
d0154257_21575758.jpg
バーゲンを見た帰りに、以前から気になっていた「GONG CHA」に立ち寄りました。やはりメニューが多くて選べません。そこで定番メニューを頼む事にしました。看板にある写真を指さして注文したのが、これ 珍珠奶茶(Milk Tea w Pearl Jelly)。そう、「タピオカ入りミルクティー」でした。本来「珍珠」は「Pearl」つまり真珠のことです。タピオカが真珠のようにみえるからこう呼ぶのでしょうね。美味しかったのですが、少々甘過ぎたようです。甘さも細かく(4段階くらい)調整してもらえるようなので、次回はもう少し甘さ控えめにしようと思います。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-20 22:29 |