2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya

<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今週末、日本の友達(と言っても、とっても年下の女性です)が結婚します。その披露宴に出席することになったので、日本に一時帰国することになりました。
こういった正当な理由があると、大手を振って日本に帰れるのでとっても嬉しいです♪

でも、そうそう喜んでもいられません。
なにせ、香港で(いえ、日本にいるときから)のほほ〜んとした専業主婦して、三時のおやつは欠かさず、大した運動もしないプチ引きこもりとしては、とても人様にお会いできるような風体では無いのです。
そこで、少しでも改善しようと思い立ったのが、先週。って爆裂的に遅すぎです。でも、何もしないよりはまし、と言う考えで、「おやつ」断ちを決行中です。

食べられないと思うと食べたくなるのが人情。
そこで、せめて見るだけで我慢しようと、食べられない今、過去に食べたちょっと面白いおやつをご紹介します。
d0154257_1465254.jpg
まずは、香港のお菓子の定番「蝴蝶酥(蝶々パイ)」。私的には「大きな源氏パイ」。味もよく似ています。どこのパン屋さんやケーキ屋さんでも、大抵置いています。これは佐敦(ジョーダン)に行った時見つけた、ローカルなパン屋さんの物です。

d0154257_1474896.jpg
こっちはスーパーで売っていたスナック。
左の赤い箱は、「おっとっと」にそっくりですが、全く違う味でした。
右のポテチはカルビーの正規品。韓国の焼イカ味なので、ハングル文字が入っています。香港のカルビーも、色々な種類の味のポテチを発売しいています。日本風だと「お好み焼き味」とか。香港にとても根付いているメーカーのようです。

d0154257_148123.jpg
そんなスナックを食べるときに欠かせないのが、この「ポテトング」。日本でも「ポテチの手」という商品があるそうですが、私が香港で見つけたのはこれでした(ちなみにMADE IN JAPAN)。箸のようなトングでとっても使いやすいし、手が汚れなくて便利。しかも、中央に突起があるので、テーブルに置いても先がテーブルに付かないんですよ。

d0154257_1485141.jpg
アイスも色々とありますが、これが一番理解不能な味でした。
雪米糍(MOCHI ICE)」。ほとんど「雪見だいふく」ですが、「香芋UBE」味。以前にマクドナルドで、香芋UBE味のホットパイがありましたが、あれはまだ甘みが強くてそこそこおいしく感じましたが、これは、なんとも形容のしがたい、というか味がない、というか、二度と食べないと思わせる味でした。

d0154257_1493192.jpg最後はおやつではありませんが、香港の「益力多(ヤクルト)」をご紹介します。
味は日本のヤクルトと同じです。でも、大きさが違います。とっても大きくて、となりの「手のりたま」(これは日本製、でも香港で買いました)と比べるとこんな感じ。
ちょっと、分かりづらかったかしら?
ブルーのパッケージの「Light」もありました。
前に良く行ったスーパー「ThreeSixty」では、まとめ買いするアマさん(お手伝いさん)をよく見かけました。
これもまた、香港に浸透しているんですね。日本の子供も香港の子供も、ヤクルトを飲んで大きくなる、なんか親近感が湧いてきます。
大人になっても、たまに飲むと美味しいです。

ここまで書いたら、返ってお腹が空いてきたような…、いや「気のせいだよ」とがばいばあちゃんの声が聞こえてきたので、このまま寝てしまおう。
それでは、失礼しておやすみなさい。



…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-30 01:59 |
ちまたはすっかりクリスマスになっていますが、我が家は全くそんな兆しがありません。
日本にいるときもあまり熱心ではなく、子供もいないせいか、本格的なクリスマスツリーも飾った事はありません。
なので、家の中をクリスマスにデコレートしよう、なんて事は毛頭思わないのですが、日本の家族と離れている分、クリスマスカードは贈りたいな、なんてことはずっと思っていました。

そこで、どうせなら香港(中国?)らしいクリスマスカードは無い物かと、出かける度に探してはいたのですが、元々行動範囲が狭いせいものあり、なかなか香港らしい物は見つからず、普通のクリスマスカードも「お!良いジャン」と思ったら、大抵は日本製。もっと探せばきっとあるんでしょうけれど、どうもいつもピント外れのところを探しているみたい。
なので昨日、ガイドブックを頼りに中環(セントラル)にある、紙の専門店「紙品天地(ジーバンティンディー)」へ行って来ました。

ガイドブックによると中環站(セントラル駅)のすぐ近くらしいので、まずは地下鉄MTRで中環站(セントラル駅)へ。で、出口「C利源東街」から道路に沿って歩くと、左手に女人街を小さくしたような露店がひしめくマーケットがありました。
通りの名は「利源東街」。出口Cが示していたのはこのマーケットの事だったんですね。
利源東街は帰りに寄ろうと、先を急ぐと今度は利源西街がありました。こちらも同じく露店がひしめくマーケット。「へ~、対になっているんだ」と思いながら、更に先に進めど目的の大厦(ビル)が見つかりません。
d0154257_14132546.jpg
おかしいと思って地図を見直すと、目的の店が入っている「通明大厦」は利源東街と利源西街の間にあります。通り過ぎていたんです。
慌てて引き返すと、店のポスターを発見。引き返した方向から見えるところにあったので、先ほどは気付きませんでした。
紙品天地(ジーバンティンディー)」は1Fにあると言うことですが、こちらで言う「1F」もしくは「Level1」は2階のこと、「GF」が1階ですから。なので、階段を昇ります。これがまた狭くてひと気がないので、一瞬"怪しい"と心配になりました。が、程なく店の入口が見えて、ホッと一安心。

店内は明るく、女性スタッフの多い普通のお店。季節柄、クリスマス用のラッピングペーパーやスタンプ、カードがメインになっていました。奥にはノートやメモ帳、栞、写真立てなどもありましたが、カードとスタンプ類が店の大半を占めていました。
大小様々なスタンプと色とりどりのインクがずらりと並んだ棚は、日本でもよく見かける光景です。

折角来たので、じっくり店内を物色しながらお買い物。いかにもなクリスマスカードも良いのですが、やはり香港から郵送するので少しでも香港らしくと思い、剪紙(切り絵)のカードを選びました。ちっともクリスマスらしくないのですが、まあ、年賀状も兼ねるというか、そっちを重視ってことで選びました。
d0154257_14144577.jpg

d0154257_1414948.jpg

カードに押すスタンプもチョイス。ラッキーな文字である「喜喜」で一文字の「ダブルハピネス」のスタンプも。インクはお手軽なセットを選んだら、日本の製品でした。こんなことは香港では良くあります。日本の製品は香港に浸透していますから(偽物もね)。

折角なので、帰りに利源東街と利源西街の露店も覗いて来ました。女性物の衣服、下着やストッキング、パジャマや靴、中華雑貨などが目に付きました。
他にも行こうかと思ったのですが、結構疲れちゃったので帰ることにしました。なぜか、中環(セントラル)に来るとすぐに疲れるんですよね。やっぱり人混みの密度が濃いし、車の往来も激しいからかな。。。(プチひきこもりだから?)
ちなみに写真は、絵はがきでしか見たことが無かった、中環站(セントラル駅)前のLOUIS VUITTON。
d0154257_14154551.jpg



そして、この日のランチは、
d0154257_14163691.jpg
中環(セントラル)の駅で、フレッシュなサンドイッチがメインの「PRET A MENGER」(プレタ・マンジェ/フランス語!しかも日本にもあるんですってね。www.pret.com/)で、久しぶりにフランスパンのサンドイッチと新製品のピンクグアバ・ヨーグルトドリンク(HK$43/約480円)を買って、基本持ち帰りの店ですがその場で頂きました。
香港は電車内では飲食禁止ですから、ここで食べるか持ち帰るしかありません。持ち帰るには、ちょっとお腹が空きすぎていました。
サンドイッチはパンがちょっと堅かったけど、まあまあ。ピンクグアバ・ヨーグルトドリンクは、HK$24(約270円)とサンドイッチ(HK$19/約210円)よりも高かったけど、それだけの価値あり。見た目がイチゴミルクみたいなのも良かったけど、味もほんのり甘くて美味しかったです。

それからこちらは、この日の夕食。
d0154257_14171818.jpg
アップするつもりは無かったんですが、初めて作った「鶏とピーマンのカシューナッツ炒め」が結構彩り良く作れたので、嬉しくなって載せちゃいました(食べかけの写真で失礼!)。左のポテトサラダは、玉葱のみじん切りとゆで卵入り。でも胡椒を忘れたので、旦那さんに「気が抜けた味」と言われてしまった。。。



…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-26 14:31 | 生活
引っ越ししてから、食材の買い物はもっぱらJUSCOです。日本製品が多いので、とっても助かっています。
特に「TOPVALU / トップバリュ」。
d0154257_14401355.jpg
日本にいるときは、単に安さだけが利点のような気がしていましたが、国外へ出てみるとそのありがたさがよくわかります。
お手頃価格なのに、本物の日本の味 だからです。

日本の物が流行っている香港では、比較的日本っぽい物はたくさんあります。
メニューの頭に「日式」と付けてとんかつの乗ったラーメンを出す店とか、「日本製」と看板を出してバッグ・イン・バッグを売っているワゴンとか、でもこのバッグ・イン・バッグ、安い(HK$35/約390円)から買ってみましたが、怪しい日本語の商品タグが付いていて、予想通り全く日本製ではありませんでした。でも、便利なので使ってます。
d0154257_14405963.jpg
ちなみにこの写真は、バッグ・イン・バッグに付いていたタグで、左のタグには、

●9ポチズ、ナイロン
●1袋から別の必需品を取る
1行目の「ポチズ」はどうやら「ポケット」と言いたいらしいです。2行目に至っては意味がわかりません。直訳しすぎ、って感じです。
そして右のタグには、

●袋に入れて最初のバッグは:
 と変更袋何を忘れることなくあなたの
 必需品を整理します。
実用的かつオツャレなデザイソで知られたバッヴのュレクショソ

上の文面は英語でも直訳したかのようですが、言いたいことは分かります。
下の文章では、カタカナの「シ」と「ツ」、「ン」と「ソ」、「グ」が「ヴ」さらには「コ」が「ュ」になってしまっています。
まあ、似ている文字の「シ」と「ツ」、「ン」と「ソ」の間違いは街中でもたくさん見ます。ですが、「コ」を「ュ」、しかも小さいユと間違えるなんて初めてみました。

で、本線に戻ります。
何が言いたいのかというと、「TOPVALU / トップバリュ」は正真正銘日本の物なので、味も品質もとっても有り難い、と言うことなんです。
パスタもお蕎麦も蕎麦つゆも調味料も、その他諸々、慣れ親しんだ日本の味なんです。香港にしばらくいると珍しかった香港料理にもちょっと飽きて来たりして、そうすると、なおさら日本の味が恋しくなります。慣れ親しんだ味は飽きない物ですね。
JUSCOがあって本当に良かったと思います。

d0154257_14485123.jpgでも、JUSCOと言えやはり香港店。日本の店と全く同じと言うわけには行きません。まず最初に困ったのは、レシート
引っ越し前の九龍にいた頃は、ThreeSixty と言うスーパーを利用していて、ここではレシートが英文でした。辞書を引けば大抵の品名は分かります。
ですが、このJUSCOのレシートは広東語。中国語辞書では根本的に文字が違うので、あまり役に立ちません。なので、JUSCOから帰って来てまずすることは、何を買ったのかレシートと照らし合わせること。
ちなみにこの日のレシートでは、

1「維他高鈣低脂奶」=「ハイカルシウム低脂肪の牛乳」
2「金寶海鮮蘑菇湯」=「キャンベル シーフードとマッシュルームのスープ」
ちょっととばして
5「日本沙津醤」=「マヨネーズ(トップバリュ)」
7「酵素防牙石牙膏」=「クリニカ(歯磨き粉)」
8「美國辣椒仔辣汁」=「タバスコ」(美國=アメリカ)
10「西蘭花」=「ブロッコリー」
12「泰國新鮮蛋大装」=「タイ産の卵」(泰國=タイ)

と、こんな感じです。なので家計簿を付けるのをちょっとでも怠ると、レシートを見ても何を買ったのか分からなくなっちゃうんです。

さらに、もっと困るのが魚売場。
香港の人はとってもサーモンが好きです。
d0154257_1446677.jpg
特にサーモンのお寿司が好きなようで、日本のようにトレイにパックされたお寿司は人気です、もちろんサーモンを中心に。
なので、普通の握りの他に、サーモンロール?みたいなものあります。
お寿司コーナーはサーモンピンクと言うより、オレンジ一色って感じになります。

さらに、サーモンの頭も食べます。
ドドーン! と、頭が並びます。おばちゃんも若いお母さんも臆することなく、サーモンの頭のパックを手に取り、充分に吟味してから買っていきます。

d0154257_14464993.jpg
元々あまり魚が好きでない私。秋刀魚だって持つのがやっと。三枚に下ろすなんてもってのほか。だからグロいサーモンの頭なんて大の苦手。なので私は、そんな光景を遠くから眺めているだけです。近くを通らないといけない時は、サーモンと目が合わないように急ぎ足で通り過ぎます。

この写真も旦那さんに撮ってもらい、極力見ないようにしてブログアップの作業をしました。

このほかにも鶏肉売場には、頭も足も付いたままの、しかも真っ黒な鶏がパック詰めになっていたりします。
JUSCOの中だからと言って安心してはいられません。やっぱり、ここは香港なんですよね。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-25 01:02 | 生活

初、鶏の足

昨日、駅に記念チケットセット「MTR x 銀河鉄道999 港鐵紀念車票」を買いに行ったとき(詳しくは昨日のブログをご覧ください)、旦那さんと一緒だったので、駅にある「美心鐵路快餐廳(Maxim's Express)」で早めのお昼ご飯(遅めのブランチ?)を食べました。
d0154257_13554214.jpg

美心」は月餅のブログでもご紹介したメーカー(公式サイトはこちら )で、「美心西餅」はケーキとパンの店でケーキはまだ食べた事はありませんが、パンは美味しかったです。この店は香港の至る所、特に地下鉄の改札の近くにあります。

この「美心鐵路快餐廳(Maxim's Express)」もあちこちで見ることが出来るレストランですが、まだ入ったことはありませんでした。
メニューは、香港風、日本風、韓国風、サンドイッチなどの軽食、DRINKがあり、HK$30~60位(約330~660円位)で定食が食べられます。てっきり、カフェ風だと思っていましたが、メニューの感じは以前のブログでお弁当を紹介した「大快活(FairWood)」(公式サイトはこちら)に似ていて、結構ガッツリ系のようです。

d0154257_13561231.jpgオーダーしたのは、旦那さんが、写真の上側にある、蓮の葉にくるんで蒸した蟹と海老の炊き込みご飯とスープのセット(HK$52/約570円)、私が写真下側の片手土鍋で鶏肉と炊いたご飯・煲仔飯(ボウジャイファン)(HK$48だったかな?/約530円)。どちらもセットのドリンクを中国茶にしてもらったら、ジャスミンティ(ティーバック)でした。

旦那さんの炊き込みご飯も美味しく、スープは漢方薬が入っているみたいな味でしたが、まあまあ。
で! 問題は私のほう。鶏肉がちゃんと入っています。味付けも塩味で美味しかったです。でも、その一番上に乗っている、茶色い細長い骨付き肉は!!!!!「Chicken feet 」。そうです「鶏の足」です!
これまで、鶏の頭と足は避けて通って来ました。でも、香港ではとってもポピュラーな食材で、街中にある軽食屋さんには、魚肉ボールなどと一緒に、飴色によく煮た鶏の足が売っています。若い女性も子供も臆することなく、気軽に買って食べるんです。あのJUSCOでさえ、鶏の足だけが入ったパックがお総菜コーナーに並んでいます。
でも、私はまだまだ慣れません。マーケットの肉屋さんの軒先に下がっている頭も足も付いたままの鶏も、極力目に入れないようにしていたのに。。。。
こんな何の心の準備もないままに、目の前にドーン! 
でも、メニュー表を見ればちゃんと英語で表記がありました。それに気付かない己の愚かさに、呆れるばかりです。

だからといって、折角の料理を無駄にすることはしません。
箸で摘んで、明後日の方向を見ながら口へポイッ。
しゃぶり付くと思ったよりも柔らかい、そしてゼラチン質のような食感。「もしかして、コラーゲン?」と喜んだ直後、骨に当たります。味は思いの外、美味しかったです。でも、食べている物を直視することはできません。足先へ行けばなおさらです。だって、そのまんまの形、なんですから。半分を旦那さんに分けて、何とか無駄にせずに食べましたが、初の「鶏の足」体験、これで充分でした。

その後は、普通の細かく切ったお肉だったので問題なく、とは言え、骨がメチャメチャ付いてますので相変わらず食べづらいんですが、味は良かったです。
ちなみに、手前の青菜は茹でたレタス。甘辛いタレがかかっていて、定食の定番の付け合わせのひとつです。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-22 14:03 |
先週に引き続き、香港の地下鉄MTRで「銀河鉄道999」とのコラボチケット「MTR x 銀河鉄道999 港鐵紀念車票」公式サイトはこちら)の第2弾が発売になりました。
第2弾は「啟航篇(Departure Set)」

で、早々に駅まで買いに行ってきました。
ちなみに第1弾の「登陸篇(Homecoming Set)」についてはこちらのブログをご覧ください。

d0154257_22315665.jpg

啟航篇(Departure Set)」は片道乗車券が2枚、チケットホルダー、そしてUSBマルチカードリーダーが付いて、HK$88(約968円)。チケットは使っちゃうと、出るときに改札口で使用済み乗車券として回収されちゃうらしいので使うことはないでしょう。それでも、USBマルチカードリーダーだけの値段だと思っても、やっぱり安いと思います。

d0154257_22332970.jpg
今回のチケットは「星野鐵郎(星野鉄郎)」と「夏羅古(ハーロック)」のイラスト。
ホルダーに納めるとイラストが繋がります。

d0154257_22363189.jpg
裏面はこんな感じです。

もちろん、第1弾の2枚と合わせて4枚並べて一連のイラストになります。
d0154257_2234583.jpg



d0154257_22374798.jpg
そして、「USB讀卡器(USB multi-card reader)」は、コンパクトなのに、16GBまでの SD/XD/TF/M2/CF/MS/MMC の計7種類のカードが読めるとあります。結構便利そう。でも、きっとSDカードくらいしか使わないと思いますけど。。。

とにかく、これで今回のコラボ企画「MTR x 銀河鉄道999 港鐵紀念車票」が揃いました。アニメファンとしては、もうちょっとイラストに個性があったら嬉しかったんですが、かと言って、松本零士先生の今さらの書き下ろしイラストは、逆に勘弁して欲しいところです。
d0154257_2240259.jpg


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-21 22:49 | 趣味
昨日、旦那さんの会社がお休みだったので、淺水灣(Repulse Bay/レパルス・ベイ)の天后廟(ティンハウミュウ)に行って来ました。

海と漁師の女神・天后(ティンハウ)を奉った「天后廟(ティンハウミュウ)」は、香港の至る所にあります。
佐敦(ジョーダン)の彌敦道(ネイザンロード)沿いにも、大きな天后廟(ティンハウミュウ)があり、ここは男人街の近くでもあるので、観光客もよく訪れているようです。私も何度かそばを通ったことがあります。

では、何故わざわざ香港島の南、「香港海洋公園オーシャンパークのブログはこちら)」の東側の淺水灣(Repulse Bay/レパルス・ベイ)の天后廟(ティンハウミュウ)まで行ったのかというと、ここが一番大きく、縁起の良い神様が集合していて、御利益が多そうだから、ではなく、ここには大きな女神の観音像があるからなんです。(って、それを探し当てた旦那さんがスゴイ。)
「行きたい」とリクエストするだけの旦那さん。場所を調べて行き方や詳細をリサーチするのは、いつも私。

で、調べました。
香港島の中環(セントラル)駅とデッキで繋がっている香港駅にある、エクスチェンジ・スクエア・バスターミナルから出ているバス、「6」「6X」「260」が目的地のそばを通ります。バスで約30分、降りてから徒歩15分。と言うことで、まずは香港駅からバスに乗りました。

「260」番のバスが特快で、停まるバス停が少なく20分ほどで着くというので今回はこのバスで行きました。
でも、目的地のバス停「淺水灣海灘(レパルス・ベイ・ビーチ)」は終点では無いので、乗り過ごさないようにと地図とにらめっこしながら、バスに揺られていました。
香港海洋公園(オーシャンパーク)」の脇を通り過ぎたあたりから、緊張が高まり地図を睨みつけていると、大きなホテルの前で停車。手持ちの地図にあるバス停の位置とはちょっとずれていたのですが、それらしいので降りてみました。
d0154257_1883552.jpgこれがドンピシャリ。淺水灣海灘(レパルス・ベイ・ビーチ)の真ん前でした。上の写真の左下にあるのがバス停。階段を上がったところが、「淺水灣商場(The Repulse Bay/ザ・レパルス・ベイ)」。旧レパレス・ベイ・ホテルを改装したショッピングアーケード(大したものはありませんでした)。その奥のアーチを描いた建物が影灣園(Repulse Bay Mansion/レパルス・ベイ・マンション)で、形が面白いので目印にするには持ってこいです。
写真の左下に海外へと降りる階段あり、それを降りていくと淺水灣海灘(レパルス・ベイ・ビーチ)へ出ます。この海岸を写真の右側へとず〜っと歩いて行くわけです。

d0154257_1810810.jpg
すると見えて来たのが、この極彩色豊かな神様たちと、長寿橋(太鼓橋のような小さな橋)の向こうに見えるあずま屋(?)。
旦那さんのお目当ての巨大女神観音像は、木の枝で隠れていました。

d0154257_18104459.jpg
ちなみに、入口の門はこんな感じ(写真右上)。左のでっぷり太鼓腹の神様は左手に「金」の袋を持っているので、金運の神様のようです。右下の神様は亀に乗っていますから、長寿の神様でしょう。どちらも表面はモザイクです。

d0154257_18454631.jpg
その長寿の神様の奥に、お目当ての女神の観音像がありました。高さは…10m位でしょうか。巨大立像をこれまでたくさん観てきた旦那さん的には、ちょっと物足りなかったようです。



d0154257_18121066.jpg
その観音像と対になるように、右側には皇帝(?)みたいな像がありました。足元にはお金のスタチューも。


d0154257_18131942.jpg
どうやらここにはお金の神様が多いようで、中国や韓国から来た団体客は、御利益にあやかろうと列を作って、「正財神」の胸像やその隣の造形物をしきりとなで回していました。

d0154257_18135070.jpg
今度は右手の方へ進み、長寿橋を渡りました。名前の通り長寿の御利益があるようです。で、渡った先にはこれまた色々な神様の立像がいっぱい。こうなると誰がなんの神様なのやら。その奥には赤を基調とした極彩色の「萬壽亭」なる建物があり、その他にも、龍や黄金の魚などなどモザイクの立像がありました。
d0154257_18144052.jpg
その黄金の魚の口に、コインを入れようと躍起になっている女性二人組。見事入るとどんな御利益があるんでしょうね。

d0154257_1815731.jpgちなみに、この天后廟(ティンハウミュウ)の全景はこんな感じ。後ろのホテルの形状は、遠くからも一際目立っていました。

さて、これで帰ろうかと思ったのですが、実はまだありました。
巨大女神観音像の後ろ、本堂かと思ったけど売店だったその建物の脇から裏へと続く通路を行くと、

d0154257_18154644.jpg
d0154257_18164123.jpg
またまたド派手な龍や地味な狛犬、真っ赤な門。もう、何にどんな御利益があるのか、全く分かりません。ちなみに、龍の顔の下にある紺色の六角形は、カメの池となっていて、お賽銭が投げ込まれている上、来る人来る人、そばにあるペットボトルの水を亀にかけていました。

さすがにここまで見たら、もう充分です。バス停まで来た道を戻ります(特に他に観る物はなさそうでしたし)。
帰りは特快の260番バスよりも先に、同じバス停に「66」番が来たので乗ってみました。
各駅停車的なバスで、香港島の南側と北側をショートカットで繋ぐ香港仔隧道(トンネル)も使わず、山道をくねくね。お陰で「香港海洋公園(オーシャンパーク)」の遠景を観ることができました。
夕方のラッシュに巻き込まれるかと思いましたが、さほど時間もかからず中環(セントラル)に到着。
取り敢えず、MTRに乗り尖沙咀(チムサーチョイ)まで戻り、早いけど夕食を済ませてから帰宅することにしました。

d0154257_18172948.jpg
で、行ったのが彌敦道(ネイザンロード)沿いの「國際廣場(iSquare)」にある「牛陣(ぎゅうじん?)」。日式しゃぶしゃぶ&すき焼きの店です。後で分かったんですけど、ここって、福岡を中心に展開しているチェーン店なんですね。
香港でちゃんとしたしゃぶしゃぶを、リーズナブルな食べ放題(60分・一人@HK$120位/約1,320円)で食べれた上に、食後のデザートはハーゲンダッツのアイスクリーム。これも自分で好きなだけスクープ出来て、ちょーハッピー。1日の疲れが吹っ飛んじゃいました。

ちなみに、野菜は自分で好きなだけ取って来るんですが、お肉は店員さんにオーダー。これは牛と豚の最初の一皿ずつ。でも、私ら夫婦にはこれで充分でした。でも、驚いたことに、豚肉は骨ごとスライスされていました。細めの骨とは言え、骨ごととは、さすが香港!



…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-20 18:48 | 観光
先週の土曜日から香港で放映が始まった
幪面超人(もーみんちゅーやん)月騎」は、やはり「仮面ライダーキバ」でした。
久しぶりに観ると懐かしいですね。
主題歌の広東語バージョンは男性ボーカルでしたが、やはりオリジナルの河村隆一のような声量は無く迫力に欠けていましたが、ソフトなオープニングとなってそれなりに良い感じです。
さすがに本編まで広東語では、内容が分からなくなるので副音声の日本語で観ました。
今観ると2つの時代を行ったり来たりするのは、やはり目まぐるしいですね。香港の人は理解してくれるのかな?


第1話で登場したキャラは、当然仮面ライダーキバのみ。にも関わらず、放映前日のおもちゃ売場では、なんと! 変身ベルトだけではなく、ガルルやバッシャーの武器、サガのベルト、果てはキバのパワーアップ後の武器まで売っていました。
d0154257_2221321.jpg
d0154257_2225403.jpg

写真は、香港一大きいと自称する玩具“反”斗城(トイザらス)海港城(ハーバーシティ)店のものですが、品揃えはすっかり「仮面ライダーキバ」。なんですが、商品見本や看板などがまだ「電王」のまま。これはわざとなのかな? 電王は香港でも人気がありましたから。
d0154257_22275497.jpg


d0154257_22294838.jpg
トイザらスにはこんなものまでありました。
まだ香港では放映されていない「仮面ライダーW」のプラモデルです。香港にも濃ゆい大きなお友達がいますから、知っている人は知っているんですが、子供には分からないんじゃないかな?

まだ、放映していないと言えば、日本で放映中の「仮面ライダー000オーズ」。もちろん香港では放映していません。10月に日本に帰った時に、このときとばかりにガシャポンでボールチェーンの「000」をゲット。
ウキウキでバッグに着けていたら、このトイザらス海港城(ハーバーシティ)店のガシャポンで売っているのをあっけなく発見。おまけに「なりきり仮面ライダーオーズ000」など、新しいガシャポンも並んでいて、がっかりしちゃいました。
でも、ついガシャしてしまうのが、悲しい性。ここのガシャポンはオクトパスカードが使えるから、気軽にガシャしちゃうんですよね。(オクトパスカードでガシャポンする手順は、こちらのブログを参照してください。)

そんなわけで、写真の左が日本でガシャしたオーズ。真ん中と右が、香港でガシャしたオーズドライバー&オースキャナー。(どっちも日本の商品だから区別しても仕方ないんですけどねf(^_^;)出来れば、メダジャリバーが欲しかったな。
d0154257_22324579.jpg

と言うわけで、香港ではテレビ放映こそ数年遅れの「仮面ライダー」ですが、なにげに今のライダーのちょっとしたおもちゃは香港に上陸しています。
それでも、香港のライダー好きはきっと情報に飢えていると思いますから、せめてライダーの放映を1年遅れくらいにしてくれたらいいのにな、と思います。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜……
 いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
      身の程もわきまえず、
にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
   ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

[PR]
by m_suneya | 2010-11-19 22:47 | 趣味

インフルエンザ予防接種

香港の日中はまだまだ暑かったりするので、気持ちは夏のままなんですが、インフルエンザの予防接種が始まりました。

d0154257_237425.jpg
SARSを経験したここ香港では、ショッピングモールやオフィスビル、マンションの出入り口の壁などに、手をかざすと自動でアルコールが出る消毒機が設置されています。

なので、予防接種の意識も高いようで、旦那さんの会社で社員を対象に実施されることになりました。事前に申請して、会社の会議室に来たお医者様が就業時間内に打ってくれると言う物で、社員の家族も実費を払えば接種してくれるというので、もちろん私の分も申請しておいてもらいました。
自分で病院に行って接種を受けても良いんだそうですけど、言葉が通じなくて大変な事になるだろうし、違う物を打たれちゃかないませんからね。

指定の時間に旦那さんの会社へ出向いて、問診票を記入して(英語でよくわからなかったので、通訳してもらったけど、それでも今イチ分からなかった…)、耳で体温を測って準備完了。
写真を撮らなかったのが失敗でしたが、予防接種の注射はとっても小さくて、一人分ずつ完全密封されてました。
針は長くてプスッと腕に(しかもに!)深々と刺されて、ビックリ。でも、痛くなかった。使い終わった注射器は、針もそのままに専用の蓋付きケースへポイっ。
注射した部分には、先生がパッチを貼ってくれました。
d0154257_23391639.jpg
まるで、こどものかゆみ止めのよう。

あっという間に終わっちゃいましたが、これでインフルエンザが予防できれば、安いものです。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-18 23:42 | 生活

黄埔花園にアトム登場

昨日、紅磡(ホンハム)の黄埔花園(ワンポアガーデン)のJUSCOへ行ったら、工事中だったクリスマスの飾り付けがだいぶ終わっていました。
それがこちら。
d0154257_13405361.jpg
手塚アニメのディフォルメキャラ「TEZUKA MODERNO」のスタチューがたくさん並んでいましたが、折角の夜なのにライトアップが今イチ。
肝心のスタチューにライトが当たってなくて、なんか薄暗い感じでした。
まだ施工の途中だったのかな?

d0154257_13421116.jpg
お茶の水博士とプルートゥの裏には、ウランも。

d0154257_1343382.jpg
ランドマークの船型ビル「黄埔號」の舳先側には、火の鳥もいました。
香港でも「手塚キャラ」は人気があるんですね。


ちなみに、
TEZUKA MODERNO」とは、
手塚治虫の人気キャラクターと、CMキャラクターや企業広告など様々なフィールドで活躍する噂のデザインチーム「プレイセットプロダクツ」とのコラボレートにより生まれた、懐かしくて新しい手塚キャラクター、(「TezukaOsamu.net」より引用しました。)
なんだそうです。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-17 13:50 | 生活
またまた私の鼻をくすぐることを、香港の地下鉄 MTRがやってくれました。
「MTR x 銀河鉄道999 港鐵紀念車票」(公式サイトはこちら)が、昨日(11月14日)発売になりました。
d0154257_19172849.jpg

d0154257_19164187.jpg
数週間前に旦那さんが仕入れてきた情報で、その後MTRに乗る度に、駅貼りのポスターや改札のオクトパス読み取り機にある広告を見つけては、ワクワク楽しみにしていました。
d0154257_19205983.jpg

「MTR x 銀河鉄道999 港鐵紀念車票」は期間限定販売で、11月14日から第1弾である「登陸篇(Homecoming Set)」、11月21日から第2弾の「啟航篇(Departure Set)」がそれぞれ発売になります。

そもそもどうして「銀河鉄道999」なんだろう? と思っていたら、上記のMTRのサイトに説明がありました。
香港でも昔「銀河鉄道999」はテレビ放映されて、随分と人気があったようです。でも、この時期に記念チケットを発売する理由は分かりませんでした。
以前にご紹介した「仮面ライダー」とのコラボチケット第1弾第2弾)は、ちょうどイベント「幪面超人祭(Masked Rider Fest Hong Kong 2010)」(ブログはこちら)の開催前でそれに関連しての事なんだろうな、とは思いましたが、今回は思い当たるイベントもなく、????
(仮面ライダーに関しては、右のタグから「仮面ライダー」をクリックして頂くと、色々出てきます。)

とにかく、先ほど第1弾の「登陸篇(Homecoming Set)」を駅のサービスセンターへ買いに行って来ました。
相変わらず、つたない英語はなかなか相手に伝わらず四苦八苦していると、何ということはない、カウンターに見本が飾ってありました。早々に気付いて、それを指させばこんな苦労はしかなったのに。もっと周りを注意深く観察しないといけないですね。

この「登陸篇(Homecoming Set)」は片道乗車券が2枚チケットホルダー、それから車掌さんのUSBミニウォーマー付きで、HK$88(約968円)。チケットは使わないだろうけど、付録の分だけでも元が取れちゃう値段です。(ん? そうでもないですか?)
d0154257_19215567.jpg
片道乗車券は「車長(車掌さん)」と「美達露(メーテル)」のテレビアニメ版のイラスト。子供の頃アニメ雑誌等でも良く使われた見慣れたイラストです。(背景は違いますけど。)
チケットホルダーに納めるとイラストが繋がります。
d0154257_19223621.jpg
裏面はこんな感じ。

d0154257_19231481.jpg「USB迷你暖墊(USB Mini Warmer)」はコースターサイズ。パソコンのUSBに繋いでいたら温かくなってきました。コーヒーカップなどが冷めないようにするのかな?  
それにしても色々な付録を考えますね。

私としては、来週発売の「啟航篇(Departure Set)」のハーロックのイラスト入り乗車券や、付録のUSB mini-card readerのほうが気になります。


それにしても、どうして先に発売するほうが、Homecoming =帰宅、帰国 なんでしょう? 「999」で帰って来て、MTRの地下鉄で Departure =出発するってことなのかしらん???
[PR]
by m_suneya | 2010-11-15 19:37 | 趣味