タグ:マーケット ( 5 ) タグの人気記事

ここ香港で観られる日本のテレビと言えば、NHK BSくらい。
最近NHK BS2で始まった「ジャッキー・チェン特集」。昼間も夜も彼の映画が放映されています。
彼のファンでしたから嬉しいですね。
そのジャッキー・チェンの懐かしい映画を、ここ香港で観る。不思議な感じです。
ちょっと昔の香港が映し出されると、これはあそこかな? とか昔のバスは色が違ったんだとか、とても身近に感じます。まだ大した期間住んでいるわけじゃないのに。
それでも、香港生活はもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。

香港の観光ビザは3ヶ月。いよいよもって本格的に住民としての登録が必要となりました。
そこで今日、「香港IDカード」の申請に行って来ました。

「香港IDカード」とは、
正式には「香港身份證(Hong Kong Smart Identity Card)」
11歳以上の香港住民は誰でも携帯が義務づけられている、身分証です。
これがないと外国人である私は携帯電話の契約もできません。
って、プリペイド・カード式で満足しているから、別に契約する気はないんですけど、例えです。

香港入境事務處(Immigration Department)で手続きをするのですが、
旦那さんの会社の庶務の方にWebサイトから予約をしてもらい、書類も作ってもらっちゃいました。
何しろ私は旦那さんの“扶養家族”としての登録をしないといけませんから。
d0154257_22202641.jpgその書類とパスポートを持って、予約時間の3時半に、灣仔(ワンチャイ)にある、香港入境事務大楼へ。
エスカレーターで8階まで上がりました。
そんなに広くないフロアだなと思っていたら、奥に細長く窓口がたくさん並んでいて、まるで日本のパスポートセンターみたいでした。
予約した人専用の窓口に書類を出すと、すぐに次の窓口へ行くように案内されました。
すると、その窓口を探して角を曲がるとさらに奥があり、実は結構広いフロアだったことがわかります。
係員との面接用のブースが幾つも並び、テレビ画面に自分の番号と行くべきブースの番号が表示されるので、その番号のブースへ向かいます。
何を聞かれるのかと、心臓はドキドキしています。
が、さしたる質問もなく、両手の親指の指紋と顔写真を撮られて、また次のブースへ行くように促されます。
そしてまた、同じ事の繰り返し。別のブースで別の係員が書類を再びチェックして、また両手の親指の指紋を採られます。(写真はありませんでした)。
すると、先ほど撮られた写真の入った「香港IDカード」受取証書のような物が交付されました。
どうやらこれで人事登記は終わったようです。
終わって出口へ進むと、ちょうどフロアを一周していました。
あとは、2週間後に出来る「香港IDカード」を自ら受取に来るだけです。
来るまでは心配ばかりしていましたが、あまりにあっけなく終わったので拍子抜けでした。

さて、折角香港島・灣仔(わんちゃい)まで来たので、駅の反対側にある太原街(タイユンガイ)灣仔マーケットを観ていくことにしました。
灣仔駅まで戻り、駅の反対側A3出口を出ると、
d0154257_22355032.jpgお馴染みのトラムが行き交います。
その中で、出前一丁のラッピングトラムを発見。
本当に出前一丁は香港に浸透しています。


d0154257_22405591.jpg
太原街(タイユンガイ)はさほど長くない商店街と言った感じ。
d0154257_22472016.jpg
おもちゃ屋さんもあって、その店先では子供達が、年季の入ったスタジアムで「ベイブレード」に熱中していました。
d0154257_22594541.jpg
太原街(タイユンガイ)灣仔マーケットはどこで区切られているのか、解りませんでしたが、雑貨あり、衣料あり(特に下着関係が多いような気がします)、野菜、肉、魚などの食料あり、とごちゃ混ぜなマーケットでした。
取り敢えず香港各地のお土産になりそうな物もありましたから、ここへ来れば取り敢えずの物は揃うってことかな。
[PR]
by m_suneya | 2010-07-07 23:26 | 生活

男人街

香港特別行政区成立記念日の今日、香港は休日だったので、当然旦那さんもお休みでした。
そこで、今度は旦那さんと一緒に玉器市場へ行ってきました。
でも、旦那さんの興味は翡翠よりも、石細工。龍やよくわからない人型など、彼のベクトルは独特な方向へ向いていて、結局翡翠を買う事はありませんでした。

ま、それは良いとして。折角旦那さんと一緒なので、一人では行きづらいと思っていた男人街へ足を伸ばしました。
d0154257_22541654.jpg何をビビっていたのか、通りは両脇から中央に人がやっとすれ違える程の通路を残し、露店がせり出していて女人街と変わりありませんでした。
違う点と言えば、玉器市場が近いせいか、そこと似たような翡翠のストラップや置物を扱う店があることと、男性向け商品、パイプやライター、スコープ、男性用Tシャツなどの衣料があることかな?


d0154257_22554542.jpgもう夕方の6時頃だというのに、これから開店準備に取りかかる店も多く、それも男人街らしさだったのでしょう。あぁ、それから女性用のちょっとエッチな下着なんかもあったから、それが一番男人街らしかったかも知れません。
その他は、女人街にあったような、中国風小物、ヘアクリップ、バッグキーパー、おもちゃ、iphoonのカバー、F1ジャケット等々、ここ男人街でも買う事ができます。

でも、もしかすると、もっと夜中になると違った品揃えの店がオープンするのかも????
まあ、それはあまり興味がないので、興味のある方に確かめていただきましょう。

そして、明日は旦那さんとマカオに遊びに行って来ます。香港からはフェリーで1時間30分くらいで着くらしいです。もっと速いジェットフェリーだと、30分だそうです。
マカオも中国の特別行政区。しかも香港からこんなに近いのに、やっぱり外国扱い、パスポートが必要なんですよね。なんか不思議な感じです。
とにかく、初めてのマカオ。世界遺産もたくさんあるので、しっかり観光してきます。
[PR]
by m_suneya | 2010-07-01 22:59 | 観光

玉器市場(翡翠の市場)

昨日までのうっとうしい雨はどこへやら。今日は見事に晴れました。
晴れるとやっぱり暑さが身に染みます。
けど、やっぱり雨より晴れの方がいいですよね。
気分も明るくなって、ちょっと散歩に出かけてみよう、って気持ちになりました。

向かったのは、玉器市場(翡翠の市場)
7月に一時帰国する事が決まったので、その時にお土産になるものがあればと思い、覗いてみる事にしました。
d0154257_18392076.jpg
道路の高架下に二箇所に分かれていますが、そんなに広い市場ではありません。
低い屋根の下、似たような翡翠の商品を扱う店が所狭しと並んでいます。値段も交渉次第なので、どの店が良いのか皆目検討が付きません。
それでも、翡翠の緑は目に優しくて眺めているのは楽しいものです。翡翠の根付けやバングル、ペンダントヘッド、置物と翡翠だけでも色々な商品が並びます。それだけでなく、ガラス細工等もあります。
香港の人は、翡翠を魔除けとして愛用しているので、ここへ買いに来る人も多いようです。店の人と熱心に交渉したり、細かく注文を付けたりしていました。もちろん外国人も、たくさんある翡翠の中からペンダントヘッドを吟味していました。

店の人も観光客には慣れたもので、少し声を掛ける事はありますが、そんなにしつこくされることはありません。
ぐるっと一回りして、気に入った店で商品を吟味し始めると、店の人が即座に説明してくれます。でも、何を言ってるのか相変わらず解らないんですけどね。
値段交渉は電卓で。でも、私はあまり得意ではありません。しかも、大抵の店はほ〜んとにヒマそうにしてるんです。「これで商売になるのかな?」ってくらい。だから、値切るのが悪い気がして来ちゃうんです。

玉器市場(翡翠の市場)を出ると、彌敦道(ネイザンロード)へは出ずに、裏通りを歩いてみました。
d0154257_18572388.jpg
ビルの窓からは洗濯物が下がり、道路の上には大きな看板。こっちが本当の香港なんだろうな、といつも思います。
もう3時を過ぎていると言うのに、昼ご飯を食べている人がいるかと思えば、更に細い路地を覗くと、暑さのため上半身裸になっている男性たちが何やら話し込んでいたり。気取りが無くて、マイペース。パワフルささえ感じます。
[PR]
by m_suneya | 2010-06-29 19:10 | 観光

女人街

今日も香港は晴れました。湿度も80%程です。こういう日が続くと有り難いんですが、いつまで続くのやら。ながく続くのを祈るばかりです。

さて、昨日の続きです。いよいよ 旺角(モンコック)までやってきました。
さあ、 女人街 へ! (正式名称「通菜街」の旺角駅から南側。ちなみに北側は金魚ストリートとなっています。)
d0154257_12303457.jpgあ! 雞蛋仔(EGG BALL) 格仔餅(ワッフル)を発見! 旦那さんにも「彌敦道で見つけて食べたよ」と言われて、やはり一般的な御菓子だと知ったのですが、女人街の直前のここでも売っていました。しかも何やら串焼きのような物まで。でも、食べながら女人街は危険そうなので、今日は止めておきます。

d0154257_12335755.jpg
思った通りでした。まだ昼間とは言えやはり 女人街 は人も多く食べながら歩くのは危険そう。なにより露店が左右から迫ってくる勢いで出店していますから、人が通れるスペースは限られており、すれ違うには道を譲り合わないとならないほどです。本当は夜の方が賑わっているのでしょうが、今日は一人歩きなので昼の女人街を探索します。
どんな店が多いのか、キョロキョロ見回すとやはりTシャツやチャイナドレス、ベリーダンスの衣装、F1の繋ぎ風ジャケット、bag、靴、と衣料品が圧倒的。bagに至っては公然と「コピー、コピー、good copy」なんて言って呼び込みをする人まで。それ以外にも時計やおもちゃ、扇子、などなど、文字通りひしめき合っています。

d0154257_12404850.jpg殆ど同じような露店が延々と続きます。一体どれくらい歩いたでしょうか。やっと行き止まりまで来ると、そこはもう 油麻地(ヤウマンティ)駅の近くです。駅同士の間隔が近いとは言え一駅分歩くとさすがに疲れました。しかも女人街では値段交渉が当たり前なので、苦手な私としては何も戦利品はありません。ふー。値札なんてついてないんだもん、買えないよ。こういう時は、大阪のおばちゃんになって買い物しないとダメなんでしょうね。
そうそう、香港人は大阪のおばちゃんみたいだなって思います。お節介なほど親切なんだけど、やかましくて。でも大阪のおばちゃんほど笑顔はないので、親切なのか怒っているのか解りにくい所はありますけどね。いずれにしても、ずっと関東で育ってきた私には気後れする事ばかりです。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-26 12:58 | 観光

ビーズ街

今日の香港もお天気が良かったのですが、昨日の香港はもっと爽やかでした。なんと珍しく、湿度が70%以下。いつもは80%以上。90%以上の日も珍しくありませんから。思い切って洗濯した綿毛布がカラッと乾きました。気持ちもスッキリ。

で、今日もお天気が良かったので、ビーズ街と女人街に行ってきました。
まずは、ビーズ街から。
d0154257_1959256.jpgMTR(地下鉄)の 深水埗 (Sham Shui Po) を使うと駅から出てすぐです。
そもそも ビーズ街 は通称なんでしょうね。看板には 汝州街 (Yu Chau Street) となっていますから。

d0154257_21232521.jpg始めはその名の通り、ビーズを扱う店がたくさん並んでいます。大小様々、色も形もバラエティに富んでいます。

d0154257_212678.jpg
次に多くなるのが リボン を扱う店。写真の左の店は割と大きな店で、種類も多くこのレースなんてリボンとは呼べないほど幅広です。右の店舗はカラフルで柄物も多く、人気店のようでお客さんが途切れません。他の店も見てからですが、私もここでリボンを購入しました。
さらに通りを進むと今度は ボタン 布地 と取り扱う品が変わって行きました。でも、糸や毛糸、ファスナーを扱う店は無いんです。偏ってますよね。

d0154257_21304976.jpgこちらが購入したリボン。左の細いのが1m@2HK$、右のリボンとは呼べないほど太いのは、1m@34HK$でした。刺繍だけでなくビーズもついていてなかなか豪華です。何を作るかはまだハッキリとは決めていませんが、これだけ幅広ならポーチとかも作れそうです。


d0154257_21335396.jpg次はMTRに乗って 旺角(モンコック) へ移動しました。女人街 へ行きます。
でも、その前に腹ごしらえ。目に入った マクドナルド(麥當勞) に入りました。マックは香港にもたくさんあります。ご当地マックがあるかとメニューを見回すと TARO PIE(香芋批) のポップが。これは是非食べて見ないといけないと思いました。外側はアップルパイと同じですが、中身は 紫! でも、甘くて食感もアップルパイと同じで美味しかったです。ちなみにポップは期間限定でプライスダウンしているというお知らせでした。(通常7.5HK$ → 6HK$)

ところで、日本では「チキンタツタ」が期間限定で復活しているとか。私の大好物です。ううう、日本にいないのが悔やまれます。。。。(+_;)。
あまりに悲しいので、女人街はまた次回に。。。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-25 22:17 | 観光

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya