タグ:旧正月 ( 11 ) タグの人気記事

今日も、香港はうららかです。でも、この暖かさも週末前までみたい。天気予報では週末からまた寒くなるようです。
と言うわけで、引越荷物に詰め込む衣類の洗濯は、今日明日が勝負。乾きにくいものからじゃんじゃん洗ってます。

d0154257_13382415.jpg
さて、ここでちょっと旧正月に自宅で食べた、サラミのようなドライソーセージ「臘腸(ラプチョン)」をご紹介します。

d0154257_1338441.jpg
特に旧正月だから、と言う物でもないようですが、先月末は年糕(ニェンガオ)と一緒にこの臘腸(ラプチョン)も店頭で多く見かけました。旧正月に限らずいつもなんですが、肉屋さんのとかお総菜屋?乾物屋?みたいな店先に、束になってぶら下がっています

旧正月に多く見かけた物と言えば、こちらも。
d0154257_1339746.jpg
いつものローストされた鴨ではなく、塩漬けになった鴨「精選南安臘鴨」。平べったくなっちゃってます。
もちろん、1羽丸ごとの鴨は頭も付いたままです。これも臘腸(ラプチョン)同様、ご飯と一緒に炊き込むらしいのですが、さすがにこれは調理する自信がありませんでしたので、見るだけにしておきました。

さて、臘腸(ラプチョン)は、スライスしてお米と一緒に炊くと聞き、この旧正月に作ってみました。
d0154257_13394445.jpg
ソーセージなので、当然皮のように腸があるのですが、これを剥くべきかどうか悩み、口に残ると嫌なので剥くことにしました。
d0154257_1340728.jpg
そして「スライスして」と教わりましたが、どれくらいの厚みが良いのか分からず、ぶつ切り、厚めのスライス、薄めのスライスと、3種類に切り分けて、味の違いを試してみることにしました。
d0154257_13404643.jpg
研いだお米に分量の水を入れてから、臘腸(ラプチョン)をいれて、炊飯器のスイッチ、オン!
今回は2合のお米に対して、臘腸(ラプチョン)を3本入れました。

炊きあがり間近、臘腸(ラプチョン)の香りがどんどん立ち上って来ます。
d0154257_1342092.jpg
待つこと48分。炊きあがりです。臘腸(ラプチョン)の色が、ほんのりご飯に移りました。
d0154257_1342208.jpg
お茶碗に盛って、我が家流・臘腸(ラプチョン)ご飯の出来上がり。
釜の底には良い色のお焦げも出来て、美味しそう♪ 
って、美味しかったです♪

切り方の違いは、、、、、お好みでf(^_^;。
と言うのも、ぶつ切りにすると、臘腸(ラプチョン)自体の味と香りを楽しめます
厚めのスライスはそこそこ。
薄めのスライスにしても、臘腸(ラプチョン)の味が抜けきってしまうことはなく、むしろご飯と一緒に頂きやすくなりました。

と言う事で、我が家ではピラフ感覚で頂ける、薄切りを推奨することにしました。
で、後日もう一度、臘腸(ラプチョン)ご飯を作りました。
このときはもちろん薄切りにして、お米2合に対して臘腸(ラプチョン)を2本にしてみました。
味が控えめになりましたが、我が家では好評でした。

きっとこうやって、それぞれの家庭の味が出来ていくんでしょうね。皆さんも是非お試しあれ。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-09 13:49 |
もうすぐ引っ越しだというのに、ウチの旦那さんまたまた海外出張です。
いつもなら玄関先で見送るのですが、今回はチェックインする九龍站(カウロン駅)まで一緒に行くことにしました。
それは名残惜しいから、ではなく、まだ九龍站のショッピングモール、「ELEMENTS」の旧正月飾りの写真を撮っていなかったから。
見送りに行ったのは昨日の月曜日、まだまだ旧正月飾り目一杯で、間に合いました。

d0154257_1249432.jpg
九龍站にあるチェックインカウンターからのエスカレーターを上がった目の前、フードビレッジ「美食坊」コーナーには、こんな切り絵風のオブジェ。

d0154257_12493417.jpg
そのままそのエスカレーターを背に、WATER ZONEを右に進むとウサギのオブジェ。

更に右に曲がり、METAL ZONEへ進むとこんな感じ。
d0154257_12501350.jpg

d0154257_12505519.jpg
柱(?)には切り絵の花柄があり、とっても華やか。


その通路の正面、ICC(環球貿易廣場)へ続くHMVの前には、こんな綺麗なオブジェ。
d0154257_12513837.jpg
天井からの光を受けて、とても華やかでした。
ランタン(?)が幾つもぶら下がり、その柄や色の鮮やかさと、それらの落とす影の形がなんともゆったりとしていて、ショッピングモールなのに、穏やかな雰囲気を醸し出していました。
d0154257_12521544.jpg
d0154257_12523363.jpg


ここを左へ曲がってFIRE ZONEへ行くと、スターバックスの前、いつものスワロフスキーで飾られたオープンカーの隣に、ランタン(?)のオブジェ。ここもまた真っ赤で鮮やかでした。
d0154257_1253284.jpg
d0154257_12532081.jpg

ギリギリ旧正月飾りを見られたって感じで、満足満足。遅めのお昼を食べてから、今度は26番のミニバスに乗って、次のミッションへGO!

黄埔花園(ワンポアガーデン)前でミニバスを降りて、JUSCOのある黄埔號の脇を通り抜け、徒歩5分ちょっと。紅磡碼頭(ホンハムフェリー乗り場)へ到着。
どうしてここへ来たかと言うと、街中で紅磡碼頭行きのラッピングバスを見かけたから。香港はラッピングバスだらけなんですが、私のお目当ては、これ!
d0154257_1254546.jpg
d0154257_12542537.jpg

そう、香港では2月24日に公開される「宇宙戦艦ヤマト」のラッピングバスです。
映画館にあった看板と同じ絵柄が、二階建てバスにデカデカと貼られ、街中を走っているのをつい先日見かけました。
そこで、紅磡碼頭で待っていればきっと写真が撮れると、陽射しは暖かかったけど、海風がちょー強くて実はちょっと寒かった紅磡碼頭のバスターミナルで、じっと我慢の30分。
ようやく、「大和」のラッピングバスが到着。思いっきり写真を撮ってきました。
それにしても、明るい内にバスが到着してくれて本当に良かったです。
残念なのは、映画が公開される2月24日には、私達はもう香港にはいないと言うこと。香港での映画の反響を見たかったんですが、残念です。

と言うわけで、本日のミッションは全て完了。
旦那さんが最後の海外出張中で、時間がたっぷりあるから出来ることでした。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-08 13:07 | 観光
土曜日の続きです。初めて天后(ティンハウ)駅から「ビクトリア・パーク」へ入ったのですが、そこはスポーツエリアだったようで、バスケットボールのコートやテニスコートなどがあり、そのバスケットコートの側にはまだ正月飾りが残っていました。
d0154257_10424047.jpg

一部工事中のところがあり、それに沿うように進むとすぐに緑溢れる空間となり、沿道には色々な花が咲き、すっかり春のようです。
d0154257_10431065.jpg
d0154257_10432544.jpg
日本では5月に咲くツツジまで咲いていました。

d0154257_1044109.jpg
他にも南国らしい花もたくさん。

d0154257_1045471.jpg
そして遠くには芝生が見え、たくさんの家族が楽しそうに遊んでいます。遊歩道にはカップルや、ベンチでくつろぐお年寄りたち。
土曜日は本当に気持ちの良いお天気で、暖かかったので正に散歩日和でした。

d0154257_10453095.jpg
パークの中にある小食屋「維園森茶座」。ここで、ジュースと店オリジナルのスナックを購入しました。
d0154257_1045517.jpg
ミニッツメイドはスーパーよりもちょっと高いHK$10(約100円)、オリジナルのスナックはHK$6(約60円)。えびせんのカラフル版と言った感じでしょうか。ちょっと脂っこい感じでしたけど、小腹が空いていたので完食。

更に花々は種類を増やし、見たことの無い花から、
d0154257_10462092.jpg
d0154257_10463629.jpg
d0154257_10465622.jpg
小学生の頃、学校の花壇の定番だったサルビアや、椿まで咲いていて、なんとも不思議な感じでした。

d0154257_10475565.jpg
日本なら公園のベンチの上は、藤棚が定番でしょう。でも、ビクトリア・パークのベンチの上には、こんなオレンジ色の花が咲いていました。

面白い景色も発見しました。
d0154257_10483183.jpg
左は、間延びした仮面ライダーの顔に見えなくもないビル。右は、普段は隠されている植栽散水用の水道の蛇口。ライターみたいでちょっと面白いと思いました。

それにしても、園内には至る所でアマさんが小さなグループを作って地べたに座り込み、おしゃべりしたり、食事をしたり、あまりに多くて目のやり場に困るくらいな場所もありました。お正月はアマさんも連休になるようです。

ざっと園内を見て回り出口へたどり着くと、もうそこはそごうの側。そう、銅鑼灣(コーズウエイベイ)駅近くまで来ていたわけです。
d0154257_10485534.jpg
一休みしようとビクトリア・パークの目の前のビル、WINDSOR HOUSEへ入ると当然まだまだ正月飾りで真っ赤か。
ここには7Fにトイザらスがあるんですね。少々狭い店舗でしたが子供たちがいっぱいでした。
そして香港生活も残り少ないのに何故か、寿司を食べるという事に。「峰寿司 ととや」。ちゃんとしたお寿司と季節柄、恵方巻まであって、しばし日本を堪能しました。

そして、ここでも発見!「フローズンヨーグルト」! ここ最近の香港はすっかりフローズンヨーグルト流行です。(黄埔のJUSCOにも、旧正月に合わせるようにTutii Fruttiがオープンしました。)
d0154257_1049428.jpg
こちらの「yo MAMA」は自分で絞り出すタイプでは無く、レギュラーとラージの2サイズからチョイスして店員さんがうねうねしてくれます。ヨーグルトのテイストもオリジナル抹茶の2種類のみでした。
トッピングはそこそこ種類が豊富でしたが、今回はカットフルーツからをチョイス。
ちなみに写真のサイズはレギュラーで、ヨーグルトはオリジナル味。追加のトッピング(HK$5/約50円)はしなかったので、HK$28(約280円)でした。
さっぱり味でしかもよく冷えていたので、美味しかった♪

d0154257_10501623.jpg
さて、お腹も膨らんだ所で帰路へ。銅鑼灣站へ向かう途中、見かけたこのウサギ。以前もどこかで見かけたような、どこだったかな。。。。?
って言うか、この子は一体誰なんでしょう?

…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-07 11:03 | 観光
旧正月を向かえて、香港はすっかり春の陽気です。旧正月、最初の土曜日だった昨日(2月5日)は、なんと気温が20度を超えました。
この日は、旦那さんと上環(ショウワン)にある「文武廟(マンモウミウ)」に行って来たのですが、綿のコートを羽織っていた私は、早歩きのせいか額にうっすらと汗をかくほどでした。

ここ「文武廟」は、「文」と「武」の両方の神様が祀られていて、「文」は受験に御利益があり、「武」は三国志の関羽が神様として祀られているということで、甥っ子たちが受験まっただ中の私としては、1月にも行きましたが何度でもお参りしておきたい所です。

MTRの上環(ショウワン)駅から徒歩で10分ぐらいでしょうか。1月半ばに来た時よりも、むしろ正月色が薄くなっており、休業している飲食店なども目立ちました。(1月に行ったお茶屋さん「樂茶軒」も休業中でした)なので、文武廟もさほど混雑していないんじゃないかと、甘い考えが脳裏にちらつきました。
が! そんなことはなく、文武廟が近づくに連れどんどん人が増えていきました。やはり地元の人たちの新年のお参りには、欠かせないスポットのようです。

d0154257_12501617.jpg
偶然にも私達が到着した時には、中国獅子がドラや太鼓の音も豪快にお参りしている最中でした。
d0154257_12504449.jpg
最初に左側の社の前で頭を下げたり伸び上がったり、続いて右側でも同様にお参りしていました。
d0154257_12505942.jpg
d0154257_12511744.jpg
d0154257_12514394.jpg
お参りの終わった中国獅子の頭部は、こんな所で一休み。片付けられるのを待っていました。
d0154257_12531581.jpg
思ってもいない所で中国獅子に出会えたので、これはラッキーと思ったのですが、実は文武廟の左右に、それぞれお参りするための長蛇の列が出来ていて、ビックリ! 気の短い旦那さん待ちきれないと、残念ながらお参りは諦めました。
d0154257_12534180.jpg
並んでいる人の隙間から、ちょろっと中の様子を見ると、皆さん入口で長い線香を買い求め、中へと入って行く姿が見えました。中も相当混雑しているようです。

仕方がないので、廟の外から心の中でお参りして、元来た道、樓梯街の階段を途中まで降りて左折、「摩羅上街」別名「古玩街」を覗いてみました。
d0154257_12543949.jpg
残念ながらこちらも、旧正月のせいか閉店している露店が多かったのですが、こんな感じの中国の骨董を中心とした、がらくた市的な雰囲気を味わいました。

さて、次の予定は特に決めていなかったので、花市は終わってしまいましたが、まだ行った事の無かった「ビクトリア・パーク」へ行こうと言う事になりました。
ですが、地図を持って来ていなかったので、近場の駅が分かりません。何となく銅鑼灣(コーズウエイベイ)の近くだったとうろ覚えだったので、行った事のないその先の駅、天后(ティンハウ)まで行って見る事にしました。
行った事のない所へは一度行ってみたいものです、ここは夫婦とも意見が一致。早速、MTRに乗り込みました。

天后(ティンハウ)駅で降りるとビクトリア・パークの東端に位置することが分かり、一安心。駅の案内板では、近くに天后廟もあることが分かったので、文武廟のリベンジではありませんが、こちらにお参りして行くことにしました。
d0154257_12552912.jpg
こちらは、街中でもよく見かける寺院のひとつですが、特に混むと言う事は無く、それでも熱心な信者が線香を焚き、お供え物をして、跪いてお祈りをする姿が見られました。棒状の長く太い線香もたくさん焚かれているので、天井は煙で少しかすんでいるほどでした。
d0154257_1256517.jpg
d0154257_12562231.jpg
そして、ここにもありました、天井からつり下がるグルグル渦巻きのお線香。グルグル線香は何重にも吊り下がり、じっと燃え続けています。
燃え尽きるとお供えした人の願いが叶うそうです。
音もなく燃え続ける線香を見つめて、私が願うのはただひとつ。今年も無事に過ごせますように。
って、人様の線香で願っちゃいけませんねf(^_^;。

さて、次はビクトリア・パークへ。それはまた次回に。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-06 13:04 | 観光
昨晩、恭賀新禧(Kung Hei Fat Choy /くんへいふぁっちょい「新年おめでとうございます」の意味)の花火が上がりました。

いつもならシンフォニー・オブ・ライツで、香港島のビル群の煌びやかなイルミネーションが始まる時間の午後8時。昨晩はビクトリア湾に設置された船から、色とりどりの花火が打ち上がりました。

d0154257_11404262.jpg
もちろん、見晴らしの良い紅磡続道(ホンハムバイパス)は歩道も含めて通行止め。その代わり、海上にはたくさんの遊覧船がひしめき合って「国慶節」の時を思い出させます。
d0154257_1141628.jpg
d0154257_11412272.jpg
d0154257_11413841.jpg
d0154257_11415428.jpg
d0154257_11421091.jpg

時々「2011」とか「I ♡(ハート) H K 」とか文字の形になった花火も見えましたが、残念ながら写真に納めることは出来ませんでした。向きが揃わなかったりしていましたが、花火師の心意気を感じる花火でした。
これら盛大な花火は20分以上続きました。

ラッキーな事に我が家からは、窓を開ければ花火の豪快な打上音もよく聞こえて(ご近所の歓声も聞こえてきました)、臨場感バッチリ。香港生活最後の華麗なる夜景を堪能させていただきました。
思えば、10月の「国慶節」、12月31日の「カウントダウン花火」そして、昨晩の「旧正月大花火大会」。いわば“香港の三大花火”を自宅から楽しむ事が出来ました。ここへ引っ越して来て本当に良かったです♪
自宅から花火を堪能するなんて、後にも先にもこの香港の花火だけとなるでしょう。しっかり胸に焼き付けておきたいと思います。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-05 11:38 | 生活
昨夜は毎年恒例となっているらしい「キャセイパシフィック・インターナショナル・チャイニーズ・ニューイヤー・パレード」が、尖沙咀(チムサーチョイ)の廣東道と彌敦道(ネイザンロード)で行われて、テレビ中継されました。相当な混雑が予想されたので、我が家はテレビ中継で見ることにしました。
案の定、テレビでは沿道にはたくさんの人が詰めかけ、花車(山車)が来るのを待ちわびている様子も映し出されていました。(しかも沿道の席は有料らしいです。)

さてさて、テレビでは色々な形をした花車が13台(だったと思う)、ダンスなどのパフォーマンスと共に次々と紹介されたのですが、私は偶然にもそれらの花車の制作途中を目撃していました。

前日の2月2日、買い物に行こうと近所の大きな駐車場の脇を通っていると、その先のいつもはガラ〜ンとして何も無い広場に、突如として華やかな花車の集団があるではありませんか!
d0154257_165663.jpg
最初はなんだろう? と理解出来ていませんでしたが、3日に予定されている尖沙咀の通行止めなどの情報からこれからがパレードすることが分かり、しっかり写真を撮っておきました。それがこちら。

d0154257_1655932.jpg
キャセイパシフィック(國泰航空公司)の飛行機が乗った花車と、その左は六福珠賓や太子などの貴金属メーカーの腕時計や指輪をあしらった花車

d0154257_167208.jpg
手前は莎莎などの化粧品メーカーの花車

d0154257_1681819.jpg
左のエキゾチックな建物が乗っているのは、タイの花車

d0154257_1685643.jpg
そのタイの花車の左には澳門(マカオ)の花車

d0154257_1692514.jpg
農業漁業組合的な花車にある「恭喜發財」は、旧正月の決まり文句です。その左は香港の花車

d0154257_1610377.jpg
手前は競馬協会、後ろはオーシャン・パークの花車

どれもまだ、制作途中で担当者が飾り付けをしたり、写真を撮ってチェックしたりしていました。
これらを見た所で、パレードがどんな物になるのか全く予想は付かず、ディズニーランドの昼のパレードっぽくなるのかな? くらいな気持ちでいました。

そして昨夜(2月3日)20時。テレビを点けると尖沙咀のフェリー乗り場の横、時計台のある香港文化中心の前の広場と思われる場所に特設会場が設営されており、大勢の観客が見守る中、電飾も施された花車が華々しく登場しました。

d0154257_16105413.jpg
先頭は、メインのキャセイパシフィック(國泰航空公司)の飛行機が乗った花車(写真を取り損ねたので、これは番組途中で入ったニュースの画面。なので、広東語の字幕が入っています)。

d0154257_16113643.jpg
莎莎などの化粧品メーカーの花車は、電飾が明るくて画面撮りをしたら飛んじゃって、なんだか分からなくなっちゃいました。
d0154257_161308.jpg
タイの花車は、タイの民族衣装をまとったダンサーと共に登場。
d0154257_16135763.jpg
d0154257_16145152.jpg
次々と、あの広場で見かけた花車たちが電飾で更にパワーアップして登場しました。
d0154257_1616234.jpg
中にはあの広場にはいなかった、香港ディズニーランドの花車も登場。さすが、本家、ミッキーマウスも乗せて、電飾艶やかです。

d0154257_16165989.jpg
花車ではありませんでしたが、日本からはバルーンの九州新幹線が登場しました。
d0154257_16175685.jpg
さすがバルーン、軽くて8人ほどの人間の手で楽々移動。くるりと一回りしてアピール。観光客の誘致に余念がありません。

その他、ダンスを披露するアメリカのグループ、サンバを披露するブラジルのグループ、中国ゴマを披露する中国のグループ、御輿を披露する日本のグループなど、正に世界各国の特色を盛り込んだパフォーマンスが、花車の登場の合間合間にありました。

d0154257_16183284.jpg
終わりのほうでは、こんな奇抜なものが登場しました。ウサギの耳が付いたベアブリックみたいなこれは、一体何でしょう? 
兎に角、1時間40分ほどの番組でしたが、結構あっという間でした。

さすが、旧正月は華やかですね。
今夜(2月4日)は20時からビクトリア湾で花火が上がるとか。これもまた楽しみにです!

…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-04 16:30 | 生活

Happy Lunar New Year!!

旧暦(農歴/太陰暦=Lunar)のお正月、おめでとうございます。
年に二回も新年を祝えるなんて、嬉しい国ですね、香港は。
今朝は旧正月の定番、先日買った元朗・榮華の「年糕(ニェンガオ)」を朝食に頂きました。(今朝は写真左、お店オリジナルの味を頂きました。ちなみに右はココナッツ味。)
d0154257_16343556.jpg

以前のような失敗はしませんよ。ちゃんとフライパンで焼いていただきました。
d0154257_1635329.jpg
と言う物の、まずはオリジナルの味を確認しようと、溶き卵は付けずに焼いてみました。(写真左)
すると、火が通るに従ってどんどん柔らかくなり、ひっくり返す箸にもくっつき、ひっくり返した拍子に隣にくっつき、さらにはお皿にもひっついてしまって、食べづらいことこの上なしでした(>_<)ゞ。お味はほんのり甘くて、もっちーと伸びて美味しいんですけどね。
なので、今度は溶き卵を付けて焼きました(写真右)。焼きやすいのですが、年糕(ニェンガオ)本来の味が卵に負けてしまうので、何も付けないで焼いた方が美味しく感じました。

そして、大晦日だった昨夜は、結局尖沙咀(チムサーチョイ)に行くことはなかったので、本当に車両が通行止めになったのか、どんなイベントがあったのかは、結局謎となってしまいました。
テレビでは、ビクトリア公園や旺角(モンコック)の花市の模様が映し出され、さながら日本の年末、これから初詣に並びます、的な人混みが続き、行って見たいと思い調べたら、大晦日の2月2日が最終日だったという、オチ。全くお間抜けな顛末でした。

それでも、夕食は外食をしようと、黄埔花園(ワンポアガーデン)まで出かけると、心なしか人通りが少ないような。。。。
そしてお目当ての「詠藜園」の擔擔麵(タンタン麺)を食べようと店の前へ行くと、なんとお休みで、愕然。。。。
気を取り直して、そのふたつ上のフロアの点心が美味しい「王沙家」へ行くと、大行列。これが噂に聞く旧正月の姿なのか! と驚きつつ、さらに近所でレストランを物色し、結局のところ、行った事がなかった「美心大酒樓」へ入ることが出来ました。
d0154257_16353731.jpg
ところが、メニューが全て縁起の良い4文字熟語になぞられた「旧正月特別メニュー」。料理の想像が全く出来ず、一瞬店に入った事を後悔しました(苦笑)。ですが、英語と写真入りの普段のメニューをもらい、漢字を照らし合わせて、正月メニューを予測してオーダー。
何とかなる物ですね。これが割と当たっていて、春から縁起がいい? 
ホント、香港生活はカンと想像で乗り切って来たって感じです。

旦那さんの大好物、茹で蝦、季節の野菜、
d0154257_16363832.jpg
d0154257_1637086.jpg
黒酢の酢豚、鶏の丸焼き(半分)。
どれも美味しかった。でも、やっぱり食べきれなかったので、残りを打包(ダーパオ/お持ち帰り)にしてもらいました。

d0154257_16372835.jpg
ちなみに縁起の良い四文字熟語は、
写真のレシート1番の黒酢の酢豚が「金玉満堂」だったことしか覚えていない上に、意味もわかっていません。あしからず。



…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-03 16:43 | 生活
いよいよ明日、2月3日は旧正月です。先月のお正月より盛り上がっている気がします。
d0154257_16463686.jpg
今週はTVもすっかりお正月ムードで、朝のニュース番組ですらCM前のアイキャッチは、こんなにかわいいウサギが登場しています。
d0154257_16482112.jpg
このテレビ局「翡翠台」は局のマスコットとウサギをコラボさせて、こんなCMスポットも流していますし、CMも軒並み、お正月用食材や初売りめいたショップのCMなどが増えています。
d0154257_16484410.jpg
日系スーパーのJUSCOも、しっかりこちらの風習に則っていて、御年賀用って感じのチョコレートやクッキーの大きな箱が山積みとなっていました。

d0154257_1649881.jpg
我が家も、先日の送別会で頂いた旧正月グッズを部屋中に飾ってみました。
写真中央は中国獅子舞のマリオネット。その右は白菜(これは私がJUSCOで買って来ました、もちろん食べるためです)。「福」がついて売っていたのですが、どうやら、この中国獅子舞が食べたがる青物野菜を意味しているようで、縁起を担いでいるみたいです。
d0154257_16494983.jpg
他にも、龍の頭が揺れる置物や、糖果盒(盆)/キャンディーボックスの「花開富貴」。
これは容器も中身も本当によく見かけました。赤い色も「福」の文字も、梅や笹の柄も全て縁起を担いでおり、入れるお菓子もお金の形をしたチョコレートやスナック、甘いお菓子も縁起が良く、ピスタチオはその割れた形が笑顔に似ていて、笑いは福をもたらすという事でこれも縁起物なんだそうです。
お正月のお客さんに振る舞うそうですが、振る舞われた方はちょこっと摘むのではなく、ガサッとたくさん取るのがいいんだそうです。
本当に所変われば品変わるで、色々な風習があるんですね。

d0154257_1650156.jpg
色々な風習と言えば、ただのお年玉袋だと思っていた「利是封/Red Pocket」ですが、以前ご紹介したように可愛いキャラクター柄もありますので、子供にあげるのはもちろんなのですが、ここ香港では独身の成人や、部下、住んでいるマンションにドアマンがいたりしたらそう言った人にもあげるのだそうです。
いやー、びっくりです。
と言うわけで、私も旦那さん用に急遽Red Pocketを買い足し、銀行へ行き新札のHK$20に両替してきました。
銀行では毎年恒例となっているせいか、皆さん平然と長蛇の列に並んで、HK$10、HK$20、HK$50の分厚い束の新札の束を持ち帰っていました。
とは言え、実際どんな人に渡すべき物なのか今ひとつ理解出来ていません。ちゃんと渡せるのかドキドキですね。

d0154257_16505376.jpg
その他、我が家で準備した物と言えば、先日SOHOの露店で購入したウサギのぬいぐるみとお守り。

d0154257_16514395.jpg
お正月らしいコースターくらい。

特に正月料理という物は手配しませんでした。
香港では今夜(大晦日です)は家族揃ってご馳走を食べるそうですが、最近は自宅よりもレストランへ食べに行く人も多いようです。なので、どこのレストランも今日は大行列かも。

今夜と明晩、尖沙咀(チムサーチョイ)はまた車両通行止めになるらしいので、どんなイベントがあるのかちょっと観に行こうと思っています。が、果たして夕食にありつくことが出来るのかどうかは、ちょっと不安です。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-02 17:12 | 生活

賀年カード

香港に住んでみて、楽しみになったことがあります。
それは「手紙」を書くこと
E-mailや携帯メールが普及していますから、日本では手紙やハガキを書くことは余りありませんでした。すぐに返事がもらえるメールは本当に便利ですから。
香港に来たときも真っ先にインターネット環境を整えてもらい、E-mailで日本の友達とやり取りが出来て、本当に助かっています。
ですが、そんな便利な物があるからこそでしょうか。アナログな「手紙」に魅力を感じるようになりました。
それは、香港には綺麗な絵はがきやカードがあるからでしょうか? 
それとも「私は香港にいるのよ」と、手紙の消印に伝えてもらいたいと思うからでしょうか?

クリスマスの時もカードを送りました。それ以前にも、香港の綺麗な夜景や風景の絵はがきを、日本の家族に送ったりしました。
そして、旧正月にはまたそれ専用のカードがあるのを知って、送らずにはいられなくなりました。恐らく、これが香港からの最後のエアメールになるだろうと思いつつ。

d0154257_1734793.jpg
旧正月のカードは「賀年(上+下)」。日本の「年賀」とは字が入れ替わってますが、新年を祝う言葉や絵柄があるのは同じですね。
赤を基調にしたこのカード、大きさも様々で本当にたくさんの種類がありました。
私が選んだのはこの4種類。どれもウサギが綺麗に描かれ、銀色の切り抜きの文字やウサギも付いています。
これは裏面にカレンダーがついていて、組み立てると卓上になるタイプでした。
届いた方は是非、机の上にでも飾って頂けると嬉しいです。


d0154257_1744457.jpg
そしてこちらは、wish card。マンションのロビーに金色の木が設置され、このカードがたくさん置いてありました。
新年を迎えるにあたり願い事をカードの裏に書いて、その金色の木にぶら下げると言うのです。なんだか七夕のようですね。
私も何か願い事を書いてみようかな。


今夜日本から友達がやって来ます。香港は初めての彼女。
一緒に観光して香港を再確認しようと思います。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-01-21 17:10 | 生活
気がつけば香港は街中すっかり、正月飾りで赤くなっています。
クリスマスはサンタクロースだった尖沙咀中心(チムサーチョイセンター)のイルミネーションも、すっかり縁起物の宝船に変わっており
d0154257_16595817.jpg
d0154257_1702569.jpg
しかも、時間によって真っ赤になるので2度、驚きです。

d0154257_17115864.jpgそんなわけで、JUSCOへ行っても香港(中国)スタイルの飾り付けや、お祝いの膳の販売が盛んになっています。アワビや蝦、貝柱、牡蠣などがでーんと山積みの大皿料理だったり、ご飯を詰め込まれた鴨がまるまる一羽だったり、こちらの正月本番とあってとても豪華です。なので、食べてみたいな〜と思うのですが、やっぱり、家族の絆が強い香港、どれも大人数向けのセットばかり。夫婦二人だけの我が家ではとても食べきれません。


d0154257_1711557.jpgそんなお正月食材のひとつに「年糕(ニェンガオ)」があることを知りました。
これは中国語の「年高(年年高く)」という言葉と発音が同じなんだそうで、縁起が良いそうです。
そして月餅で覚えた「奇華餅家」など、お菓子屋さんというかケーキ屋さんと言うか、そう言ったお店で売られていて、しかももらったチラシにはお菓子の詰め合わせとかと一緒に載っていたので、てっきり「デザートなんだ」と思っていました。

実際、パッケージには英語で「Chinese New Year Pudding」となっていましたので、「プリン? お菓子だね」と勝手に思い込み、小さめの物を買って食べてみる事にしました。
ちなみに買ったのは、「迷你亞(女+麻)年糕」(HK$35.00/約350円)というミニサイズ。

最初に驚いたのはその堅さ。写真のように包丁が刺さっちゃうくらい堅いです。無理矢理切りましたが、この切り方がそもそも間違っていました。
d0154257_172535.jpg

本当に、知識が無いというのは、恐ろしい事です。
お菓子だと思い込んでいるので、なんと、そのまま食べてしまいました。(皆さんは絶対にそのまま食べないでください。)
なんとも、ぼそぼそして美味しくありません。それもそのはずです。これは生で食べる物では無かったんですから。

旦那さんと二人、首をかしげてネットで調べて初めてその正しい食べ方を知り、己のアホさに笑うしかありませんでした。

さて、では正しい食べ方です。
d0154257_173588.jpg
日本のお餅よりも薄めに切って、溶き卵を絡めてフライパンで数分両面を焼きます。それだけ。
出来上がりはこちら。
d0154257_1735165.jpg火が入ると、どんどん柔らかくなってお餅のように、もっち〜と伸び、ほのかな甘みと卵が絶妙にマッチ。とっても美味しくなりました♪

最初は食べきれないのではと思ったのですが、ちゃんと焼くととても美味しくてミニサイズとは言え、二人でぺろりと平らげてしまいました。
所変われば品変わる、未知な食べ物はまだまだあるんですね〜。
それにしても、ろくに調べもしないで憶測だけでかじりついてしまった、おバカな夫婦でした(恥っ!)。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-01-20 17:16 |

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya