2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya

タグ:買い物 ( 12 ) タグの人気記事

d0154257_18275364.jpgそう言えば香港に来たばかりの頃、マクドナルドなら世界共通で注文も簡単にできるだろうと、一人で買いに行ったことがありました。
だけど、私の英語は若い女性店員には通じず、「チキンフィレオ」が「フィレオフィッシュ」に間違われ、違うと指摘したらチーフっぽい若い男性店員が出て来て、滅茶苦茶無愛想にレジを打ち直したあげく、「脇に避けてろ」的な冷たい視線を浴びせられたのを覚えています。
と言うか、忘れられません。藤井フミヤ系の外見のそこそこ良い店員だったので、余計残念、と言うか悔しくて、忘れようにも忘れられません。
香港のマクドナルドに「スマイル ¥0」って概念は無いのかしら?
(ちなみに写真の看板のマクドナルドの店員さんは、親切でした。)

コンビニでも、会計が終わった後に商品を客に手渡すわけでもなく、そのままカウンターに置きっぱなしで「早く自分の袋へ入れたら?」的な目で見ているように感じる。。。。のは、私だけ? 
日本の親切な接客で過保護になっているのかしら? 

以前、自宅に一番近いハーゲンダッツへ行って、取引先から頂いた“アイス月餅のクーポン”が使えるかどうか、片言英語で若い女性の店員さんに尋ねると、案の定、そっけなく首を振られました。それでも念押しで、日本語で「ダメなの?」と首をかしげてみせますが、再度首を振るだけ。言葉も無し。な~んか、がっかり。
日本にいたときは、マクドナルドもハーゲンダッツも好きな店だったのに。。。

と、滅茶苦茶悲しい思いをしたことを、思い出しました。
まあ、そのお陰で香港に来てからは、マクドナルドにはほとんど行かなくなってしました。

かと思うと、スーパーの品出ししているオジサン店員が、とっても親切だったりするし。おじさんやおばちゃんなら親切なのかな?
香港の若い女性は特にプライドが高いと聞きます。だからなのかしら??? そんなに嫌な仕事ならしなきゃ良いのに。
無愛想な店員には、無愛想で返すしかないのかな?
「お客様は神様」とまでは言いませんが、香港にもっと「愛想のいい店員」が増えるといいのになぁ、と思った私ですが、香港に来て約1年。
そんな「接客態度」にも慣れてきて、いつの間にかレジを済ませたら、お釣りをもらう前にマイバッグへそそくさとしまうようになっていました。

そして今度は逆に日本に帰った時に、日本の接客がものすご〜く親切で丁寧だな〜って、感動しちゃいました。
日本の皆さん、あんなに愛想のいい親切丁寧な店員さんは日本だけですよ。大事に思いましょー(^_^)v。

…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-17 18:42 | 生活
生憎の雨模様でしたが、今日は久々に海港城(ハーバーシティ)へ買い物に行って来ました。
(↑荷作りはどうしたんだ?と言われそうですが。。。)
何せ、旦那さんへのバレンタイン・チョコレートをまだ買ってませんでしたので、f(^_^;。
幸いなことに海港城(ハーバーシティ)の「Chocolate Trail 2011」は20日までやっているということだったので、またチョコレートのウサギたちに会ってきました。
で、さっさと買い物を済ませて、自分の買い物に走ります。アメリカ西海岸にはユニクロが無いと聞いていたので、取り敢えずユニクロへ。(ブランドショップは興味がありませんのでf(^_^;)。すっかり春物、しかもお安いので助かります。でもこれもすぐに梱包しなくては。。。

そして、海港城(ハーバーシティ)内のCitySuperのフードコートでお昼ご飯。ここも久しぶりです。安くて手軽で助かります。
まだ食べた事の無かったベトナム料理店をチョイスして、商品サンプルを見ながら、番号でベトナムソーセージの生春巻き丼、みたいなものを注文。楽チンです。
でも、店員さんが何か言っていたみたいですが、よく分からないので笑ってごまかします。
で、受け取ったのがこちら。
d0154257_19553149.jpgあれ? 商品サンプルでは、どんぶりの上に生春巻きが乗っていたのに別皿?。しかも、丼にはスープ? う~ん、またやってしまいました。商品サンプルを見ておきながら、どんぶり物と勘違いしてしまったようです。だから、店員さんが何かしきりに言ってくれていたんですね。
まあ、それはそれ。言葉もろくに通じないんですから、これくらいはご愛敬で。(←結局1年近く香港にいても、広東語も英語もろくに理解出来ていません。)
生春巻きも、スープかと思ったフォーも美味しかったので、問題ありません(^_^)v。

そして、帰りにフェリー乗り場近くをうろうろしていたら、こちらを見つけました。
d0154257_1956597.jpg
Hong Kong Walker」もちろん、広東語版。いや~、撮り下ろしでは無いにしても、木村拓哉が表紙の香港版雑誌を見つけるとは驚きでした。
しかも、お値段がHK$8(約80円)! 激安です。本当はHK$20(約200円、それでも安!)のところ、体験価格って事らしいです。
後ろの方でしたが、ちゃんと映画「宇宙戦艦ヤマト」の紹介記事があって、映画のチケットやポスターの読者プレゼントまでありました。

そんでもって、こんな広告も発見。
d0154257_1956338.jpg日本でオタクの方々が集うイベント「C3」の香港版開催のお知らせです。
(ちなみに日本の「キャラホビ2011 C3XHOBBY」についてはこちらでどうぞ)
「そっかー、3月にあるんだよね~。香港の人も日本のアニメとか漫画とか好きだから、きっと喜ぶんだろうな~。」
なんて、のんきに眺めてましたけど、こうやって、日本のアニメや漫画がどんどんと香港に浸透していくんですね。。。。
オタクは世界を繋ぐ?



…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
           ↓↓↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

[PR]
by m_suneya | 2011-02-15 20:05 | 趣味
ようやっと旦那さんが海外出張から帰ってきます。
自分一人なら、食事は家にあるもので適当に済ませませすが、旦那さんの食事となるとそうはいきません。なので、今日は食材を買い出しにJUSCOへ。
すっかり涼しくなった香港ですが、今日は曇っている割には湿度も高く、ちょっとムシムシ。でも、ロングブーツにニーハイソックス、Gジャンを着込んで出かけました。
しかも店内は未だに冷房がガンガンですから、ちょうど良い感じでした。

空っぽの冷蔵庫を埋めるべく、野菜、しかもジャガイモとかカボチャとか、朝食用のオレンジとか何故か重たい物ばかり買い物カゴへ。
特に台湾産のジャガイモとか、こっちで売っている野菜は大きいんですよ。
d0154257_17114873.jpg
写真のジャガイモは大きめを選んだこともありますが、人参は小さいものを選んでこのサイズ、奥の玉葱はサイズの比較用に日本産のものです。
d0154257_17122092.jpg
それから、こっちの写真は以前に買ったナス。長いでしょ。
きゅうりだって、こ〜んな長いものが売っているんですよ。
そんなビッグサイズの野菜の横で「日本直輸入」の野菜が並ぶと、まぁとっても小さくておもちゃのようです。

あ、話しがそれました。元に戻しますと、
私は基本的にはプチひきこもりですから、買い物はなるべくまとめてして、なるべく外出する手間を少なくしようとします。なので、買い物カゴは重たい物に関わらずいっぱいになっちゃいます。

そしていざ、レジへ。会計をしながら、持って来たバッグに詰めてくれるのですが、入るかな〜?、って心配をよそに結構上手く詰め込んでくれます。
ですが、重い事に変わりありません。しかもこの後、パン屋に寄ろうと思っていましたから、こんな重たい物を持って次の買い物かと思うと、気持ちまで重くなってしまいました。

そこで、以前から物色していた買い物カートを、思い切って買っちゃいましたぁ。
9月に引っ越して来てから、ずーっと悩んでいたんですよね。(前に住んでいたところは、スーパーがちょー近かったので必要ありませんでした。)
あったら便利だろうけど、使わない時邪魔だろうな、とか、本当にカートが必要な程毎回買い物するのかな? とか。
でも、今日はさすがに買い物バッグの重さに負けました。こんな重たいバッグを肩に掛けてたら、ただでさえ低い身長がもっと縮んじゃいそうです。

d0154257_17125412.jpg買ったのは比較的安いタイプのもので、HK$119(約1,310円)。意外と軽くて使いやすそうです。
で、買ったその場で「すぐに使う」と言って組み立ててもらいました(と言っても車輪をはめ込んでもらったくらいですけど)。
レジで隣のおばちゃんが、笑顔で何やら声を掛けてきたけど、なんだか分からないので愛想笑いでごまかし、さっさと野菜を詰め込んでパン屋へ。
ああ、なんて楽なんでしょう。心の余裕が出来て、パン屋でも思わず「サンキュー」って言葉が元気良く出ました。

さらに、帰りはお日様が雲の合間から顔を出して、すっかり暑くなってしまいました。こんな暑さの中重たい荷物を抱えていたらと思うと、今日は良い買い物をしたな〜、なんて。
ちょっと気になる点と言えば、車輪がキコキコ音がしてちょっとうるさいってこと。これって直るのかしら?

黄埔(ワンポア)界隈で真新しい買い物カートをキコキコ音立てて引っ張っている日本人がいたら、それは私です。温かい目で見守ってやってください。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加しています。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-12-13 17:17 | 生活

シリコンスチームなべ

日本に帰っていたのはたった1週間なのに、この1週間で香港の気温がぐっと下がっていてビックリ。
今日の午前中の気温は16℃、湿度は38%。最高気温は20℃位までは上がるようですが、テレビの画面に映し出される予報は、「最高気温」ではなく「最低気温」に変更されていて、これまたビックリです。
その「最低気温」も15℃と、この時期の東京の最高気温ほど。まだまだ「寒~い!」と言うほどではなく、むしろ快適です。
香港には、“ 暑い” イメージしかなかったので、意外な一面を見る思いです。


さて、先日の帰国に合わせて通販でいろいろとゲットしてきたんですが、その中のひとつがこちら、
シリコンスチームなべつき使いこなしレシピBOOK」。
d0154257_13524865.jpg
日本では数ヶ月前から “ シリコン” の調理器具が人気だとか。そこで私も10月末に発売になったこの「シリコンスチームなべつき使いこなしレシピBOOK」をAmazonで注文していたのですが、なんと品切れ。約1ヶ月ほど待たされました。

日本での人気の秘密は、有名シェフが開発して、電子レンジで大した油も使わず野菜をヘルシーに調理できると言うことが最大の魅力らしいのですが、私が欲しいと思った理由はただひとつ。
2口あるIHクッキング・ヒーターの内ひとつが、中華鍋専用で底がラウンドしているので普通の鍋やフライパンが使えない、事実上、IHクッキング・ヒーターがひとつしか使えていないからなんです。

これで、電子レンジで調理が出来れば、多少は料理の段取りも良くなるのではと思っています。もちろん、このシリコンなべでヘルシーな料理ができれば、メタボ夫婦としてはこの上ありません。

d0154257_13532360.jpg
しかもこのなべ、しまうときはこんなにぺちゃんこになるんですよ。

さあ、いざ調理! と思ったけど、ウチの旦那さん、私と入れ替わるように日本からアメリカに出張しちゃったので、現在香港で一人暮らし中。となると、そんなに凝った物を作る気にはなれない。。。
まずは冷凍ご飯の温め直しから、かな?


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-12-09 13:57 |
引っ越ししてから、食材の買い物はもっぱらJUSCOです。日本製品が多いので、とっても助かっています。
特に「TOPVALU / トップバリュ」。
d0154257_14401355.jpg
日本にいるときは、単に安さだけが利点のような気がしていましたが、国外へ出てみるとそのありがたさがよくわかります。
お手頃価格なのに、本物の日本の味 だからです。

日本の物が流行っている香港では、比較的日本っぽい物はたくさんあります。
メニューの頭に「日式」と付けてとんかつの乗ったラーメンを出す店とか、「日本製」と看板を出してバッグ・イン・バッグを売っているワゴンとか、でもこのバッグ・イン・バッグ、安い(HK$35/約390円)から買ってみましたが、怪しい日本語の商品タグが付いていて、予想通り全く日本製ではありませんでした。でも、便利なので使ってます。
d0154257_14405963.jpg
ちなみにこの写真は、バッグ・イン・バッグに付いていたタグで、左のタグには、

●9ポチズ、ナイロン
●1袋から別の必需品を取る
1行目の「ポチズ」はどうやら「ポケット」と言いたいらしいです。2行目に至っては意味がわかりません。直訳しすぎ、って感じです。
そして右のタグには、

●袋に入れて最初のバッグは:
 と変更袋何を忘れることなくあなたの
 必需品を整理します。
実用的かつオツャレなデザイソで知られたバッヴのュレクショソ

上の文面は英語でも直訳したかのようですが、言いたいことは分かります。
下の文章では、カタカナの「シ」と「ツ」、「ン」と「ソ」、「グ」が「ヴ」さらには「コ」が「ュ」になってしまっています。
まあ、似ている文字の「シ」と「ツ」、「ン」と「ソ」の間違いは街中でもたくさん見ます。ですが、「コ」を「ュ」、しかも小さいユと間違えるなんて初めてみました。

で、本線に戻ります。
何が言いたいのかというと、「TOPVALU / トップバリュ」は正真正銘日本の物なので、味も品質もとっても有り難い、と言うことなんです。
パスタもお蕎麦も蕎麦つゆも調味料も、その他諸々、慣れ親しんだ日本の味なんです。香港にしばらくいると珍しかった香港料理にもちょっと飽きて来たりして、そうすると、なおさら日本の味が恋しくなります。慣れ親しんだ味は飽きない物ですね。
JUSCOがあって本当に良かったと思います。

d0154257_14485123.jpgでも、JUSCOと言えやはり香港店。日本の店と全く同じと言うわけには行きません。まず最初に困ったのは、レシート
引っ越し前の九龍にいた頃は、ThreeSixty と言うスーパーを利用していて、ここではレシートが英文でした。辞書を引けば大抵の品名は分かります。
ですが、このJUSCOのレシートは広東語。中国語辞書では根本的に文字が違うので、あまり役に立ちません。なので、JUSCOから帰って来てまずすることは、何を買ったのかレシートと照らし合わせること。
ちなみにこの日のレシートでは、

1「維他高鈣低脂奶」=「ハイカルシウム低脂肪の牛乳」
2「金寶海鮮蘑菇湯」=「キャンベル シーフードとマッシュルームのスープ」
ちょっととばして
5「日本沙津醤」=「マヨネーズ(トップバリュ)」
7「酵素防牙石牙膏」=「クリニカ(歯磨き粉)」
8「美國辣椒仔辣汁」=「タバスコ」(美國=アメリカ)
10「西蘭花」=「ブロッコリー」
12「泰國新鮮蛋大装」=「タイ産の卵」(泰國=タイ)

と、こんな感じです。なので家計簿を付けるのをちょっとでも怠ると、レシートを見ても何を買ったのか分からなくなっちゃうんです。

さらに、もっと困るのが魚売場。
香港の人はとってもサーモンが好きです。
d0154257_1446677.jpg
特にサーモンのお寿司が好きなようで、日本のようにトレイにパックされたお寿司は人気です、もちろんサーモンを中心に。
なので、普通の握りの他に、サーモンロール?みたいなものあります。
お寿司コーナーはサーモンピンクと言うより、オレンジ一色って感じになります。

さらに、サーモンの頭も食べます。
ドドーン! と、頭が並びます。おばちゃんも若いお母さんも臆することなく、サーモンの頭のパックを手に取り、充分に吟味してから買っていきます。

d0154257_14464993.jpg
元々あまり魚が好きでない私。秋刀魚だって持つのがやっと。三枚に下ろすなんてもってのほか。だからグロいサーモンの頭なんて大の苦手。なので私は、そんな光景を遠くから眺めているだけです。近くを通らないといけない時は、サーモンと目が合わないように急ぎ足で通り過ぎます。

この写真も旦那さんに撮ってもらい、極力見ないようにしてブログアップの作業をしました。

このほかにも鶏肉売場には、頭も足も付いたままの、しかも真っ黒な鶏がパック詰めになっていたりします。
JUSCOの中だからと言って安心してはいられません。やっぱり、ここは香港なんですよね。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-25 01:02 | 生活
昨日は天気予報がはずれて、好天でした。気温が24℃位まで上がって、日中は私にとってはまだ暑いくらい。
そういう訳ではないですが、少し日が傾いた夕方4時過ぎから、旦那さんと灣仔(ワンチャイ)の「太原街(タイユンガイ)」へ出かけてきました。

ここへは以前、昼間に私一人で出かけた事がありました(そのブログはこちらで)が、旦那さんは初めて。女人街などとは違っておもちゃ屋さんが多かったので、興味を持ったみたいです。
通りの入口付近の露店では、サンタクロースの衣装が売られていて、すっかりクリスマスモード。
4、5軒回ったおもちゃ屋さんも店頭にはまず、クリスマスオーナメントやクリスマスカードと言ったクリスマス用品が所狭しと並んでいました。
もちろん、旦那さんのお目当てはそれらクリスマス用品であるわけがなく、彼の目は「ガンプラ」などに向けられ、その値段の安さに驚いていました。
そんな中、私はもっぱら「リラックマ」グッズに目を奪われていました。ペンケースや箸とスプーンのセット、鉛筆のセットなどなど、ハングル文字の商品が多いので「リラックマ」は韓国でも人気のようです。でも、この日は特に気に入ったものはありませんでした。
旦那さんは結局HK$400(約4,400円)くらいお買い物して、にんまり。

d0154257_16144587.jpg
帰りは灣仔のフェリー乗り場から尖沙咀(チムサーチョイ)行きの船(まだ19時代だったにも関わらず、紅磡(ホンハム)行きはもう終わっていました。あまりに早く終わるのでビックリ)に乗りました。
対岸には、尖沙咀東(チムサーチョイ・イースト)にある「尖沙咀中心(チムサーチョイ・センター)」のせわしなく光るイルミネーションが良く見えました。
d0154257_1616371.jpg
拡大するとこんな感じ。
ソリに乗ったサンタクロースなんですが、これがカラフルに色を替えて光っています。11月早々からこのイルミネーションが始まって、25℃近い日がまだまだ続くのに、香港もすっかりクリスマスモードです。

d0154257_16175466.jpg
尖沙咀に着くと、先日昼間に見た「海港城(ハーバーシティ)」のクリスマスの飾り付けも完成していました。
土曜の夜と言うこともあって、観光客を含めたくさんの人で一層賑わっていました。何しろ香港人は写真が好きですから(日本人と一緒ですね)、立派なカメラでこの風景をバックに自分の彼女を撮りまくりです。

これで寒かったらもっと雰囲気が出るんでしょうけど、この日の私は結局一日中半袖で、夜も平気でした。
本当に寒い日が来るのか、未だに信じられません。

そして、尖沙咀に来たので夕食は旦那さんが良く行くという、もつ鍋屋で。(私的には、この気温ではまだ早いような気がしましたが、冷房がしっかり効いてるのでOKでした。)
その名も「博多道場」。
彌敦道(ネイザインロード)沿いの路地を入ったビルのLevel3(つまり4階)にある、店の入口も店内の雰囲気もとっても日本的なところ。店員さんには日本語が通じて安心です。もちろん、もつ鍋は美味しいし、その他、串焼きや刺身など居酒屋メニューもたくさんあって、気持ちは一気に日本にいる感じです。そんなお店なので、さぞかし店内は日本人ばかりだろうと思っていたら、周りから聞こえてくる話し声は広東語。意外と日本人がいなくて、ちょっと不思議でした。日本食はブームですから、香港人に受け入れられているってことかな。

もつ鍋を食べて、〆に明太子おにぎりを食べてしみじみと実感。
「日本食が一番美味しい。。。」とつぶやくと「それは言わない約束でしょ」と旦那さん。
ちょっぴり日本での生活が恋しくなった夜でした。
[PR]
by m_suneya | 2010-11-14 16:31 | 観光

銅鑼灣で買い物

昨日、香港島の銅鑼灣(CAUSEWAY BAY/コーズウェイ・ベイ)へ買い物に行って来ました。
ここには「そごう(崇光)」があるのですが、香港に来て7ヶ月経つけどまだ行った事がありませんでした。

色々な行き方があるんですが、昨日はフェリーを使うことにしました。それも、尖沙咀(チムサーチョイ)からではなく、紅磡(ホンハム)のフェリー乗り場から乗りました。お昼過ぎだったせいなのかいつもなのか、紅磡碼頭(フェリー乗り場)から灣仔(ワンチャイ)行きのフェリーは、尖沙咀ほど頻繁には出ていないようで、フェリーが到着するまで15分ほど待ちました。料金はオクトパスカードを使って、HK$4.50(約50円)くらいでしたから本当に安いです。
d0154257_13141738.jpg
その待っている間に、対岸の風景を撮影。狭いビクトリア湾ですが、大小様々なたくさんの船が往来しています。

灣仔から銅鑼灣へは地下鉄で一駅ですが、地図を見るとそんなに遠くなさそうだったので、観光がてら歩いて行きました。
ですが、実際は地図とにらめっこで観光どころではなく、道を間違えないようにするのに必死でした。
d0154257_13145058.jpg
途中、遠くに「時代廣場(Times Square/タイムズスクエア)も見えました。が、昨日はとりあえず目的を「そごう」にしていあったので、寄り道はしないことにしました。迷子になると困りますし(苦笑)。
程なく、「SOGO」の看板も見えて来ました。
d0154257_13154915.jpg
店内は少々小振りな感じもしましたが、尖沙咀東にあるそごうよりも大きく、ブランドショップもたくさんあり、中国からのお客さんも多くて、なかなか盛況のようでした。(残念ながら、私の気に入る服はありませんでしたが。)
そごうの裏の通りには、吉野家などの日本食レストランのビルや牛乳プリンで有名な義順牛奶公司、それに洋服屋などがひしめき合っている感じでした。

d0154257_13162368.jpg
次にそごうの前の大きな交差点を渡り反対側へ。京華中心の右手の奥にある「渣甸坊(JARDINE'S CRESCENT)」と言う路地に入りました。
狭い道路に女人街のように両脇から露店が迫ってきていて、その間は人一人通るのがやっと。すれ違うことが出来ないほど、とっても狭いマーケットでした。
取り扱っているのは婦人服や髪飾りの類がほとんど。
d0154257_13164346.jpg
私はシュシュをHK$29(約320円)で購入。洋服は下着からドレスまで様々。じっくり見たら掘り出し物が見つかりそうでした。

その他周りにはブランドショップを始め、雑貨や洋服などの店が多いのでマメにチェックしに来たい所ですが、基本的にものぐさなので本当に来るかどうかは疑問です。
[PR]
by m_suneya | 2010-11-12 13:21 | 観光
早速、秋物の服を買いに出かけて来ました。
でも、秋物というよりは冬物を買っちゃいました!

以前日本にいる妹から「巾着に入るダウンジャケット」が、日本で話題になっていると教えてもらっていました。
最初は、山登りする人向けの商品が紹介されていたらしいんですけど、(詳しくはこちら→Mont-bell
ユニクロでも同じコンセプトの商品が、しかもお手頃価格であると言う事でした。
そして、今日覗いた海港城(ハーバーシティ)のユニクロに、
ありました!!!
店頭にはマイクロフリースがこれでもか!ってくらい棚に収まっていましたが、店のほぼ中央を陣取るように、小さくたためるダウンジャケット「POCKETABLE」のコーナーが。ノーマルなものからベスト、ファー付きなど色々とありました。

いくら秋めいて来て日陰や風を冷たく感じるようになったとは言え(って、急に風が変わっていてびっくり!)、今日みたいに天気の良い日の香港は、まだまだ陽射しの勢いは衰えていません。この国で一体いつダウンなんて、フリースなんて着るのかしら?
と、思いながら試着していると、おばちゃんからお姉さんまで、とっかえひっかえダウンを試着し始めました。

「香港の人は寒い服装に憧れがあるんだよ」と、旦那さんが言っていましたが、確かにそうかも。
だって、セーターやダウンなどの「ふわふわぬくぬくファッション」ってやっぱり可愛い。ショーウインドウを見ていても、楽しくなるし。

で、私は「12月に友達の結婚披露宴に出るんだから、その際成田空港に降り立ったら絶対寒いはず!」と、一生懸命自分に言い訳をして買いました。
実際、温かい国から寒い国に行く人は絶対便利だと思うんですよね。小さくなるんですから嵩張らないし。
d0154257_1927614.jpg
選んだのは、フード付きで少しウエストが絞ってあるタイプ。シルエットがスッキリしていて良い感じです。値段はHK$499(約5,500円)。
ポケットにファスナーが無いのがいいですね。ファスナーがあると手にぶつかって痛くないですか? 
で、試着してみるとウエストが絞ってあるせいか、少し小さく感じました(私だけ?)。なので、普段のサイズよりもちょい大きめがお薦めです。
色はほかにも、紫、茶色、紺、ライトブルー、黄緑、ど派手なピンク、グレー、ホワイトなどがありました。
しかも!
「クリーニング店での水洗いをお薦めします」とあるけど、
手洗いOKのマークも付いてます! ユニクロさん、すごい!

そして、家に帰ってからしたことはもちろん、本当に巾着(専用ケース)に入るのか試した事。(お店では値札とかが邪魔してたためません。)
タグにあった説明通り、小さくたたんでぎゅぎゅと空気を抜くと、ちゃんと専用ケースに収まりました。

あ、思ったよりもちょっと大きいかな? 過度の期待は禁物です。

d0154257_19274584.jpg
(直径10cmくらいかな。)
[PR]
by m_suneya | 2010-10-27 19:47 | 生活

へちま

香港は今日も蒸し暑かったです。もう、さすがにエアコン無しではしんどくなってきました。我が家も一日中フル可動。
夜になっても、窓を開けると熱風が顔を撫でます。外気温が下がる気配はありません。
いよいよ香港の夏も本番なのでしょうか? う〜ん、先が思いやられます。

さて、今日はタオルケットを買いに永安(Wing-On)と言う、デパートへ行ってきました。
早々にバーゲンをしてしまったこの店は、今日はお客さんも少なく落ち着いて商品を見る事ができましたが、
店員さんも暇らしく、客の私一人に対して三人もの店員さんが接客してくれました(苦笑)。
まあ、そのお陰で気に入った物を購入できたので、それは良いんですが。

その帰りに面白いものを見つけて、思わず購入してしまいました。
これです。
d0154257_0134270.jpg
何だと思いますか? ボディブラシなんですが、ブラシの部分がへちまなんです。
おじいちゃんやおばあちゃん世代にはお馴染みかも知れません。
私は子供の頃、夏休みに庭に成ったへちまを水につけて、こんな風に繊維だけになるのを経験しました。けど、きっと若い人には解らないんじゃないかな?
で、それがしっかりと木の柄を付けられて、ボディブラシになって売っていたんです、例の莎莎OUTLETで。HK$12(約156円)とお安かったです。
d0154257_0184417.jpg
一体どうやって木の柄を付けているのか。どうやら接着剤でしっかりついているようで、引っぱった位では取れません。
早速使ってみましたが、思ったよりも固くなくて、普通のブラシよりも肌に優しいかもと思ったのですが、旦那さんはもっと柔らかい方が良いようです。まあいずれにせよ、背中用という感じです。

世の中いろんな商品を考えつく人がいるんですね。もしかして、これって日本でも売っているのでしょうか?
[PR]
by m_suneya | 2010-06-15 00:28 | 生活

旺角でお買い物

先日までの雨はどうやら一段落したらしく、今日(土曜日)は晴れて暑い! とにかく蒸し暑いです、香港。晴れているのに、上空は霧でガスってる感じ。湿気の大元を見るようです。
そんな暑い中、旦那さんと一緒に 旺角(モンコック)へ買い物に行ってきました。
d0154257_2346035.jpg地下鉄のMTRに乗るまでに既に汗だく。電車の中は冷房で冷蔵庫のよう。まー、極端です。
そして、旺角の駅から出ると嬉しい事に「木村拓哉」がお出迎え。D2の出口を出たビルに、大きなGATSBYの広告がありました。そういえば、最近TVCMも増えたような。日本で観たフットボールアワーの岩尾望が洗顔して木村君になるやつとか、木村君がくねくね体をくねらせる整髪料のCMとか、こっちでもよく見かけるようになりました。

で、本題はこちら。
d0154257_23514742.jpg
旺角には携帯電話屋さんがいっぱいあると聞き、ここ先進廣場へやってきました。
私が使っている携帯電話は実は借り物で、貸し主からそろそろ返して欲しいと言われてしまったので、安い携帯電話を買いに来ました。香港は日本と違ってSIMロックなんてありませんから、自分のSIMカードを新しい携帯電話に入れ替えれば、そのまま元の電話番号で使えちゃうんです。便利ですよね〜。さらに私の携帯電話は日本で言うプリペイド携帯。通話料金が含まれたSIMカードってことです。なので、料金分通話しちゃうとそのまま使えなくなっちゃうんですけど、さほど使うこともないのでこれで充分なんです。(迷子になった時、旦那さんにかける位ですから)

で、うろうろとビル内を見て回るのですが、な〜んか、怪しい感じ。昔の秋葉原に電機部品を売ってる小さなお店がひしめいてるところがあったけど、そんな感じかな〜。でも、香港ってそんな所ばっかりって感じも最近しています。
で、もちろん人気の「iPhoneもあります」って感じで看板やサンプルもあるんだけど、正規品なのか中古なのか、さっぱり解らない。。。う〜ん、やっぱり怪しい。なので、悩んだってしょうがないから、目に付いた型落ちと思われる安い携帯をチョイス。SIMカードを入れて、ちゃんと使えるか確認して購入しました。安いと言ってもHK$250だから。。。約3,250円。やっぱり安いですね。もちろん最新機種は一桁違ってましたよ。

次は旦那さんの買い物につき合って、近辺のおもちゃ屋さんや模型屋さんを回りました。そんな中、ちょこちょこ“かわいい”小物を扱う店が必ずあるんですよね。ついつい、買ってしまった、リラックマキイロイトリ
d0154257_061184.jpg
何も香港に来てまで キイロイトリを集めなくてもいいんだけど、ついつい。しかも、写真の中央の棒がついた キイロイトリは、こちらの電気屋のキャンペーンの景品で、電化製品を買ってポイントを集めないと手に入らないらしい。香港に来た早々電気屋でそのポスターを見て、買わなくちゃいけない電化製品は無い物かと、悩んだくらい。

でも、それだけじゃない。帰りに寄った女人街で見つけました。
d0154257_095169.jpg前回のブログでご紹介したバッグ・キーパー。さすがに同じ柄はありませんでしたが、サイズも同じのがひとつHK$35。の所を4つでHK$100(約1300円)にまけてもらって(って、交渉は旦那さん担当)購入。一人で4つも必要ないので、当然日本に帰った時のお土産にします。
お母さん、どれがいいですか?


さて、その他の戦利品です。
d0154257_0135585.jpg
女人街で買い物なんて出来ないと思っていたけど、話してみるとお店の人は人当たりも良くて、左のbagは店員さんが人の顔を見るなり、HK$49なのに「40でいいよ」と、日本語で先にディスカウントしてくれました。
右のヘアクリップはHK$55の所、2つでHK$100。広東語が話せたら、もっとまけさせられたのかな? でも、この微妙なまけ具合が良いのかも知れないですね。
ちなみにこの携帯は買った携帯。サイズの比較用に。あんまり意味なかったかな?
[PR]
by m_suneya | 2010-06-13 00:32 | 観光