タグ:美味しかった ( 29 ) タグの人気記事

昨日もそうだったんですが、今日も我が家は洗濯物がいっぱいです。
旦那さんが出張から帰ってくると、いつも持ち帰った洗濯物を洗って干すので部屋の中が大変な事になります。
特に明日から天気が悪くなると言う予報だったので、天気の良い今日の内になるべく洗ってしまおうと3回も洗濯機を回しました。
洗うのは良いんですが、いつも困るのは干す場所。ベランダも無いこのマンションでは基本、外干し厳禁。当然部屋干し。でも、日本のように鴨居があったりしないので、引っかける場所がありません。
窓際に物干しラックを置いたり、無理矢理S字フックと突っ張り棒で簡易物干し竿を作ったりと、四苦八苦です。

d0154257_17272876.jpg午前中いっぱいかかった洗濯の合間に食べた朝食がこちら。
トーストにチョコレート味のスプレッドを塗ったものですが、このスプレッドがとっても美味しくて、気に入っちゃっています。
イタリア(フェレロ社)の物らしいんですが、「nutella」(ヌテラ)のヘーゼルナッツ・ココアスプレッド
数日前に、パン屋さんで小さな試供品をもらって初めて食べました。チョコレート味で甘いんですが、そこにヘーゼルナッツの香りがふわっしてとっても美味しくて、すぐさま虜になってしまいました。
で、昨日の銅鑼灣(コーズウェイ・ベイ)のそごうで見つけて即買い。これは小さい方で、200g入りHK$26.8(約295円)。ガラスのコップにプラスチックの白い蓋、と言うパッケージも面白いと思いました。但し、大きいサイズは普通に瓶詰めでした。

早速今朝、旦那さんにも勧めました。
一口食べてあまりの甘さに顔をしかめましたが(彼はちょっと塗りすぎてました)、「あり!」と言われて一安心。
日本ではまだ馴染みが無いみたいですけど、アメリカやヨーロッパではメジャーらしいです。
今日行ったJUSCOでは、特設コーナーが出来てて同じものがHK$21.5(約237円)くらいで売ってて、がっかり。主婦としてはやっぱり安い所で買いたいですから。
でも、昨日買ったお陰で今朝食べる事ができたので、まあ良しとしましょう。
これからしばらく、私の朝食は「nutella」で甘い香りに包まれそうです。
[PR]
by m_suneya | 2010-11-12 17:38 |

焼き栗売り

今日、久しぶりに佐敦(ジョーダン)へ買い物に行ったら、彌敦道(ネイザンロード)の脇道で「焼き栗売り」の屋台を見つけました。
夏には見ることの無い、この「焼き栗売り」は香港の秋を知らせる風物詩なんだそうです。
d0154257_1725655.jpg

おばあちゃんの目の前の大きな鍋には、日本と同じように真っ黒な小石(?)と一緒に茶色い栗が煎られていました。日本の天津甘栗の場合、それは機械で均一にかき混ぜられていますが、この屋台では、おばあちゃんが大きなスコップのような物でかき混ぜていました。
値札の脇には銀杏もありましたが、これも焼いて売るのかしら?
折角なので、焼き栗を買ってみました。

声を掛けると、それまでしかめ面だったおばあちゃんはにっこり笑って、小さな樽のような入れ物から既に出来上がったいる栗を、小さなお椀で2杯分すくって、紙袋に入れてくれました。
d0154257_17261558.jpgこれで、HK$20(約220円)
温かくて、寒くなったらこの温もりがとっても嬉しいんだろうな、と思いながら持ち帰りました。
(その場で食べたいけど、手が汚れて大変な事になりますからね。)

家に帰っても、まだほんのり温かい栗。広げてみると、日本の甘栗よりも大粒です。さすがに「くりわりくん」(甘栗を買うと時たま付いてくる、甘栗を剥くのにとっても便利なグッズ)は無いので、先割れスプーンで割れ目を入れてからパキンと割ると綺麗に剝けました。
味も日本と同じく、ほんのり香ばしく甘くて美味しかったぁ。所々焦げているのが、手作業ならではだなと、微笑ましく感じました。


d0154257_17352578.jpg帰りに駅のコンビニでこの「キウイネクター」も買いました。(飲みかけの写真で失礼!)値段は確かHK$14.50(約160円)だったかな? 
“ネクター”ってどろっとしたイメージがあったけど、この「キウイネクター」はサラサラ。
甘さもさっぱりしていて、最近のお気に入りです。
でも、これって、「サークルK」(香港では「OK便利店」)の商品だったのを知って、ちょっとびっくり。
[PR]
by m_suneya | 2010-11-02 17:43 |
尖沙咀(チムサーチョイ)駅の側、彌敦道(ネイザンロード)沿いでミラマ-ショッピングセンターよりちょっと南寄りに、5月頃はまだ工事中だった一画がありました。
昨日の買い物の時に通りかかると、そこには立派なファッションビルが完成していてびっくり。
d0154257_1646320.jpgビルの名前は「The One」。でも、まだ一部工事中でした。それでも営業を開始してるっていうのが、すごい。
ざっと中を見ましたが、ファッション関係の店の他に、上の階にはシアターもあるみたい。
でも、たくさん宣伝していたのは種類豊富なレストラン。もちろん人気の日本食店も数店入っていて、レストランが集中するLevel4~6への直通エレベーターには列が出来ていました。

d0154257_16472644.jpg
私が興味を持ったのは、Level3にある「tuttimelon」。一見アイスクリーム屋さんかと思ったのは、ソフトクリームを絞り出す機械が店頭に並んでいたから。
しかも、1台に3つの絞り口のある機械が5台もあり、
セルフサービス」!!だったんです。
子供の頃、ソフトクリームを買ってもらうとき憧れませんでしたか? あのアイスが出てくる機械を自分で自由に出来たらな~って。

それが、できちゃうんですよ!
でも、ここではアイスではなく、フローズンヨーグルトでした。
この「tuttimelon(URL)は、カリフォルニア・プレミアム・ヨーグルトのお店で、アメリカの他世界各地に支店を出しているんですが、ここ「The One」への出店が、香港第1号のようです。
他にも香港島の中環(Central)、銅鑼湾(Causeway Bay)と、九龍半島の沙田(Sha Tin)の3店舗がcomming soon。さらには、中国本土にも出店するらしいです。
でも、残念ながら日本にはまだ無いみたいですね。

と言うことで、早速食べて見ました、と言うか、フローズンヨーグルトを絞り出してみました

d0154257_1648312.jpgまずは、手順が書いてある柱の下にある専用のカップ「tuttiCup」を取って、これが結構大きいんですよ。直径は13cm前後くらいかな。
で、好きなフレーバーのフローズンヨーグルトを選びます。フレーバーは20種類以上あるらしいんですが、この日は
プレーン、ミックスベリー、アーモンド、マンゴー、ライチ、メロン、そしてヤクルトなんてのもありました。
私が選んだのは、ミックスベリーとライチ。
レバーを下げてうにょ~~~。なかなか難しいですね、思い通りの形や場所に落ち着きません。ミックスベリーの上にライチが乗っかっちゃっいました。

次はトッピングをチョイス
チョコやクラッシュしたオレオ、ココナッツ、アーモンドスライスなどの他に苺やキウイ、ドラゴンフルーツなどのフルーツもたくさん。トッピングは50種類以上あるんですって。
好きな物をトッピングしたら、レジの秤の上に載せて計量

d0154257_16483895.jpg
そう、量り売りなんです。
100g=HK$15(約165円)。
この量で、178g。つまりHK$26.70(約298円)。まあ、それなりのお値段ですかねぇ。

早速、店の中庭(ビルの途中階なのに中庭がありました)で頂きました。
ヨーグルトだからさっぱりしていて、でも、それぞれのフレーバーもちゃんとして美味しかったです。
店の看板には、
Guilt Free dessert」(罪悪感の無いデザート)とあって、なかなか上手いことを言うなと、思いました。
何より自分の好きに作れるっていうのが、楽しいですね。

8月8日にオープンしていたんですって。もっと暑い時期に来たかったな。


d0154257_16491570.jpg
可愛いスプーンだったので、もらってきちゃった。スプーンの柄にはしっかり店名が。HPを見ると色々な色があるみたい。店舗によって違うのかな?
[PR]
by m_suneya | 2010-10-28 16:59 |

ハイジのチーズパン

d0154257_14174469.jpg先日読んだ本、「空想お料理読本」を旦那さんにも勧めました。
あまり乗り気じゃなかったのに、読み始めると一人でクスクス笑って受けてるんです。
やっぱりオタク(本人は「認めたくないものだな」と言っていますが、その時点で既にオタク決定です)には共感しやすいんですよね、アニメネタだから。


そんな彼が今日の朝食に選んだのが、ハイジのチーズパン
昨夜の内にスーパーで食材をGETしておきました。

d0154257_14161561.jpg
料理本には“胚芽パン”とあったんですが、すぐに手に入った“くるみパン”で代用。チーズも溶けるタイプなら良いみたいだったので、これも見た目でとろけそうな穴の空いたチーズ(Jarlsberg・ヤールスバーグ)を購入しました。

まずは適当な大きさに切ったチーズを、電子レンジで数秒温めます。
この時点でチーズは既に美味しそうに。

d0154257_14235962.jpg金串がなかったので、割り箸で摘んでガスレンジの上で炙ります。すでに柔らかくなっているので、チーズはどんどん伸びて、慌てる始末。



d0154257_1426282.jpg
柔らかくなったチーズを、パンに乗せれば出来上がり。
でも、作っていて二人で考えました。これだったらわざわざ火で炙らなくても、パンにチーズを載せて電子レンジで温めれば楽に作れるのでは?
そこでさっそく実践。パンの枚数、チーズの大きさにもよるのですが、ほんの数分でチーズの表面がふつふつと湧いてきます。これが出来上がりのサイン。
パンも熱々しっとり、チーズもでろ〜んと伸びて最高の状態です。
但し早く食べないと、どんどんチーズが固まってきます。その時は再度電子レンジで、チン!

旦那さん、自分で作ったこともあって大満足のブランチでした。

<おまけ>
d0154257_14312532.jpg余ったパンに、これまた余った目玉焼きを乗せて、ラピュタの目玉焼きパン?
さすがにパンの厚さも形も違うし、目玉焼きも半熟だったので別物になっちゃいました。
[PR]
by m_suneya | 2010-06-20 14:42 |
16日は脱走しそこねた洗濯機をそのままに、本屋へ行きました。
日本の本が買えるトマトブックス
尖沙咀(チムサーチョイ)の駅前、彌敦道(ネイザンロード)沿いのビル「Shama」の4F(1階がGなので、実は5階)にあって、メジャーな雑誌や小説、文庫本、コミックス、古本と様々取りそろえています。
ここで文庫版の小説を買ったのですが、残念ながらマニアックな本などは取り扱いはありません。
旦那さんが欲しがるような映画のアートブックなどはもちろん無く、そういった本は通販で購入します。と言っても、Amazon.comは香港には届けてくれないので、海外に住んでいる日本人向けに日本の商品を送ってくれるサイト、CLUB JAPANを利用しました。

で、その時旦那さんの本に紛れて注文したのが、これ。
d0154257_22142146.jpg「空想お料理読本」。料理家のケンタロウと空想科学研究所の柳田理科雄の対談本で、子供の頃に観たアニメに出てくる料理について、真剣に“不毛”な会話をしています。
「はじめ人間ギャートルズ」の骨付き肉はどの部位なのかとか、「日本昔ばなし」の大盛りご飯の盛り方はもの凄くテクニックが必要だとか、「銀河鉄道999」のビフテキとラーメンライスを一緒に食べるとカロリーがもの凄いとか、真面目に話す程の事ではない事を、科学的根拠、料理家としての見地から対談していて結構面白いです。もちろんレシピも載っています。

それで、私も一品挑戦してみました。それがこれ、
d0154257_2221447.jpg「ルパン三世 カリオストロの城」で城下町のレストランでルパンと次元が取り合った大盛りの、ミートボールスパゲッティです。
レシピには“大盛り”にするため、スパゲッティを500gも使うようになっていましたが、とても食べきれませんので、分量を半分にしたり、ミートボールの肉は鶏肉だったけど、こちらで手に入りやすい豚肉にしたり、スパゲッティをリングイネ(スパゲッティよりやや太めで、平打ち面に近い形状をしています。もっちりした食感が好きです)にしたり、勝手なアレンジをしてしまいました。

食べた感想を旦那さんに聞くと、
「ミートボールとスパゲッティ(リングイネ)がちっとも絡まないから、一緒には食べづらいね」と。
確かに。ルパンと次元はまとめてグルグルフォークに巻き取って、大口で食べてましたけど、さすがにああいう食べ方は再現できません。

実は日本でPSP「モンスターハンター2nd G」にハマっている時期があり、そこに出てくる、こんがり肉を作ったことがあります。(渋谷でカフェがオープンするずっと前です)自己流で回復薬に見立てたほうれん草スープと共に作ったんですけど、自分的には満足した出来だったんで、こういう実在しない料理を作るのは結構好きかも。

次は何に挑戦しようかな。
[PR]
by m_suneya | 2010-06-17 22:50 |

端午節にはちまき

最近スーパーなどで粽(ちまき)をよく見かけます。
街中の、普段こちらの御菓子(日本の羊羹みたいなの)を売っている店でも、この時期は自家製粽を売っていました。
「この時期だけのものらしいよ」と旦那さんが聞いてきたので、
昨日の旺角の帰りに、翌日の朝ご飯にしようと買ってみました。

家に帰ってきて調べて見ると、2010年6月16日は端午節と言って、中国の三大民俗祭日(春節、端午節、中秋節)のひとつで、香港でも休日なんだそうです。
有名なドラゴンボート・レースもこの端午節の行事なので、この両方は端午節のセットなんですって。

で、まだ数日早いんですけど、日曜日の朝ご飯にこの粽を食べて見ました。
d0154257_065832.jpg
広東粽は正式には蓮の葉でくるむらしいけど、見かけるのはこの笹の葉でくるんだもの。これでひとつ15元(=HK$15)。買ったこの店では3種類あったんだけど、緑豆というのが売り切れで残りの2種類を購入。
電子レンジで温めて開いてみると、こんな感じ。
d0154257_0104550.jpg
見たとおり、餅米がぎっしり。右が紅豆、左が花生で、どちらも干しエビ、貝柱、角煮、椎茸、栗、など結構具だくさん。
で、右の紅豆が小豆入りで、左の花生がピーナッツ入りでした。花生はピーナッツのことだったんですね。

どちらも味付けは薄めですが、美味しかったです。
なにより、ボリューミーで2つにして正解でした。3つあったら二人でも食べきれなかったでしょう。でも、売り切れた緑豆ってどんな豆が入っていたのか、気になります。
ちなみに、消化のために冷たい飲み物と一緒に食べるのは控えたほうが良いそうです。
今回は野菜スープと一緒に食べたのですが、夏の香港でエアコン無しでそんな事をすると汗だくです。
ちゃんとエアコンを効かせてから食べれば良かった。。。。
[PR]
by m_suneya | 2010-06-14 00:58 |

焼餃子・水餃子

今日は会社帰りの旦那さんと待ち合わせして、 焼餃子 を食べに行ってきました。
香港では中国同様、餃子っていうと水餃子が殆どで、あまり焼餃子は見かけません。
雲呑(ワンタン)の専門店なんてのもあるのにね。
d0154257_230128.jpg
でも、日本人はやっぱり 焼餃子 でしょ。今日行ったこの 鍋貼水餃子専賣店 八方雲集 は中国系のチェーン店なのに、焼餃子があるんです。というか、 焼餃子 がメインのお店です。
ここは佐敦(ジョーダン)道沿いの店で、ひとつの長ーい看板の下、左側の 珍珠奶茶(タピオカミルクティ)等のスイーツを売るテイクアウト用の店と一緒になっています。右側に餃子屋さんの入り口があるのですが、どっちも 八方雲集 なので、スイーツもデザートとして一緒に注文できちゃいます。で、これ。
(餃子と一緒に注文したので、デザートが先に来ちゃいました。)
d0154257_2342872.jpg
↑左がアイスコーヒーで、真ん中が 九圓芋蒟蒻 。。かな? 名前を忘れちゃったので間違っているかも。要するに、タロイモの団子とゼリーのフルーツポンチみたいなもの。氷もたくさん入っていて冷たいデザートです。右の写真の白とオレンジの白玉風なのが、タロイモのお団子。もっちもち。以前食べたマクドナルドのTARO PIE(香芋批)のタロイモは、甘くてアップルパイの中身みたいだったけど、これはあんまり味が無くて、浸かっているシロップの甘さで食べるって感じでした。で、九圓芋蒟蒻の右が 珍珠奶茶(タピオカミルクティ)
で、メインの餃子はこちら。

d0154257_23453937.jpg

↑左の写真奥が 韮菜鍋貼(韮の焼餃子) 、中央左が 韓式辣味鍋貼(キムチ入り焼餃子) 右が 黄金咖哩鍋貼(カレー餃子) 、手前が 招牌水餃(豚肉の水餃子・本当は5個ありました。写真を撮る前に食べちゃったので) 。基本は一人前10個なんですが、5個ずつ2種類を選べるセットがあって、これにすると倍の種類を食べる事が出来ます。
焼餃子は日本のそれと殆ど変わらない味で、懐かしかった♪ 
水餃子は皮が厚くてぷにぷに。この弾力はクセになりそうです。
そして、これら餃子にはスープがついてきます。それが↑右下の写真。酸辣湯(サンラータン)スープやコーンスープ、魚団子のスープなど7種類の中から好きな物を選べます。ちなみにこれは、魚団子2種と肉団子1個が入った 綜合丸湯 。塩味のスープと3種類の団子が楽しめました。
そして右上が、単品で注文する麺類のひとつ、 酸辣湯餃麵 。酸辣湯スープの中に米粉の麵が入っています。そんなに酸っぱくも辛くもなくて、食べやすかったです。

面白いのは注文の方法、回転寿司のテーブル席みたいに注文シートに自分で書き込みます。確認しながら注文できて安心です。さらにお値段も餃子が10個でHK$26(5個ずつ2種はHK$27)、麵もHK$22とリーズナブル。デザートを合わせても全部でジャストHK$100(¥1,300位)でした。なんてお安い夕食なんでしょ。
[PR]
by m_suneya | 2010-06-03 23:46 |

ビーズ街

今日の香港もお天気が良かったのですが、昨日の香港はもっと爽やかでした。なんと珍しく、湿度が70%以下。いつもは80%以上。90%以上の日も珍しくありませんから。思い切って洗濯した綿毛布がカラッと乾きました。気持ちもスッキリ。

で、今日もお天気が良かったので、ビーズ街と女人街に行ってきました。
まずは、ビーズ街から。
d0154257_1959256.jpgMTR(地下鉄)の 深水埗 (Sham Shui Po) を使うと駅から出てすぐです。
そもそも ビーズ街 は通称なんでしょうね。看板には 汝州街 (Yu Chau Street) となっていますから。

d0154257_21232521.jpg始めはその名の通り、ビーズを扱う店がたくさん並んでいます。大小様々、色も形もバラエティに富んでいます。

d0154257_212678.jpg
次に多くなるのが リボン を扱う店。写真の左の店は割と大きな店で、種類も多くこのレースなんてリボンとは呼べないほど幅広です。右の店舗はカラフルで柄物も多く、人気店のようでお客さんが途切れません。他の店も見てからですが、私もここでリボンを購入しました。
さらに通りを進むと今度は ボタン 布地 と取り扱う品が変わって行きました。でも、糸や毛糸、ファスナーを扱う店は無いんです。偏ってますよね。

d0154257_21304976.jpgこちらが購入したリボン。左の細いのが1m@2HK$、右のリボンとは呼べないほど太いのは、1m@34HK$でした。刺繍だけでなくビーズもついていてなかなか豪華です。何を作るかはまだハッキリとは決めていませんが、これだけ幅広ならポーチとかも作れそうです。


d0154257_21335396.jpg次はMTRに乗って 旺角(モンコック) へ移動しました。女人街 へ行きます。
でも、その前に腹ごしらえ。目に入った マクドナルド(麥當勞) に入りました。マックは香港にもたくさんあります。ご当地マックがあるかとメニューを見回すと TARO PIE(香芋批) のポップが。これは是非食べて見ないといけないと思いました。外側はアップルパイと同じですが、中身は 紫! でも、甘くて食感もアップルパイと同じで美味しかったです。ちなみにポップは期間限定でプライスダウンしているというお知らせでした。(通常7.5HK$ → 6HK$)

ところで、日本では「チキンタツタ」が期間限定で復活しているとか。私の大好物です。ううう、日本にいないのが悔やまれます。。。。(+_;)。
あまりに悲しいので、女人街はまた次回に。。。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-25 22:17 | 観光

珍珠奶茶

d0154257_21375221.jpg昨日の雨は朝まで残っていたのですが、みるみる空が晴れてきました。
本当に香港は天気がコロコロと変わります。
晴れて暑くなったので、バーゲンが始まった百貨店「永安 WING ON」へ出かけてみました。入り口にも大きな看板でセール品の広告を貼りだして、お客さんの目を引いていました。
店内にも大勢の人が買い物に来ていましたが、いや〜うるさい のなんの。元々声の大きな香港人。思い思いに大きな声でやり取りする上、店員さんも負けないくらい大きな声で商品説明をして、さらに、調理器具売場では実演販売員が、これまた大きな声でデモンストレーション。本当に 賑やかを通り越したうるささ でした。また香港人の購買意欲旺盛な事も感じ、こんな風に日本も賑わえば景気も回復するんでしょうかね。
d0154257_21575758.jpg
バーゲンを見た帰りに、以前から気になっていた「GONG CHA」に立ち寄りました。やはりメニューが多くて選べません。そこで定番メニューを頼む事にしました。看板にある写真を指さして注文したのが、これ 珍珠奶茶(Milk Tea w Pearl Jelly)。そう、「タピオカ入りミルクティー」でした。本来「珍珠」は「Pearl」つまり真珠のことです。タピオカが真珠のようにみえるからこう呼ぶのでしょうね。美味しかったのですが、少々甘過ぎたようです。甘さも細かく(4段階くらい)調整してもらえるようなので、次回はもう少し甘さ控えめにしようと思います。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-20 22:29 |

糖朝(トンチウ)

昨日は、朝から太陽が照りつけて気温も30℃まで上がったみたいで、とっても 蒸し暑かった です。
それが今日は一変。曇ってるな〜って思っていたら 突然雨 が降り出し、慌てて窓を閉めるも割とすぐに止んじゃって、香港の天気はコロコロ変わる からな〜。なんて、思っていたら、今度は午前中よりも もの凄い勢いの雨が降り出してきて、今は景色が雨でかすんじゃってます。おまけに 時々雷が光ったり鳴ったり。。。。おー、怖っ! こんな日は外出できないです。(私、♪ハメハメハ大王♪ の子供のハメハメハ並に、行動が天気に左右されますから)

なので、昨日行った 糖朝(トンチウ)・甜品専門店 のことをお伝えします。
d0154257_17532052.jpg
以前からガイドブックを見ていて行きたかったお店なんですが、以前TV番組「世界!弾丸トラベラー」の取材で南海キャンディーズのしずちゃんが食べに来ていたって、旦那さんからの情報聞いて、やっぱり有名なんだなぁって、ますます 絶対に行かなくては!って思ってました。
それが昨日、実現したわけです。
d0154257_1803286.jpgガイドブックでデザートを紹介しているように、本来は 糖水 という食後に飲む甘い飲み物(これが胃腸の調子を整える効果があるらしい)がメインらしいのですが、普通に一品料理もあって、麺類やお粥や点心も楽しめます。
揚げワンタンや椎茸の大根餅など数点の点心とあえ麵を頼みました。で、これ、なんだと思います? 
ライスクレープ(腸粉・チョンファン) 。と言われても、なんのこっちゃ? ですよね。
白い皮のような部分が米粉で作られたもっちりした皮、これが ライスクレープ、腸粉です。中に牛肉を甘く煮たものを包み込んでいて、醤油をつけて食べるんですが、温かくてもちもちとろっとしていて美味しかったです。

d0154257_18134638.jpgそしてお目当てのデザートです。これはもう事前に決めていました。それが奥にある「芒果鮮果凍豆腐花」。豆腐花(トウファ)の上にスイカ、メロン、キウイ、苺、マンゴーとマンゴーソースがたっぷりかかっています。手前は豆腐花(トウファ)の上に小豆が乗ったもの。どちらも器の下にはドライアイスが入ったボールがありそこから冷たい煙が立ち上っています。
豆腐花(トウファ)は日本でもだいぶお馴染みのデザートみたいですね。私は食べた事がなかったんですが、もともと甘い豆腐のデザートと聞いています。でもこれはフルーツや小豆が甘いせいか豆腐花(トウファ)自体の甘さは殆ど感じなくて、柔らかい豆腐の上に甘いフルーツが乗っているって感じでした。美味しかったんですが、フルーツが大盛りで結構なボリュームでした。
点心も食べられて、やっと香港の味を堪能した気がします。あ〜、満足。次はどこへ行こうかな。
[PR]
by m_suneya | 2010-05-19 18:42 |

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya