初、鶏の足

昨日、駅に記念チケットセット「MTR x 銀河鉄道999 港鐵紀念車票」を買いに行ったとき(詳しくは昨日のブログをご覧ください)、旦那さんと一緒だったので、駅にある「美心鐵路快餐廳(Maxim's Express)」で早めのお昼ご飯(遅めのブランチ?)を食べました。
d0154257_13554214.jpg

美心」は月餅のブログでもご紹介したメーカー(公式サイトはこちら )で、「美心西餅」はケーキとパンの店でケーキはまだ食べた事はありませんが、パンは美味しかったです。この店は香港の至る所、特に地下鉄の改札の近くにあります。

この「美心鐵路快餐廳(Maxim's Express)」もあちこちで見ることが出来るレストランですが、まだ入ったことはありませんでした。
メニューは、香港風、日本風、韓国風、サンドイッチなどの軽食、DRINKがあり、HK$30~60位(約330~660円位)で定食が食べられます。てっきり、カフェ風だと思っていましたが、メニューの感じは以前のブログでお弁当を紹介した「大快活(FairWood)」(公式サイトはこちら)に似ていて、結構ガッツリ系のようです。

d0154257_13561231.jpgオーダーしたのは、旦那さんが、写真の上側にある、蓮の葉にくるんで蒸した蟹と海老の炊き込みご飯とスープのセット(HK$52/約570円)、私が写真下側の片手土鍋で鶏肉と炊いたご飯・煲仔飯(ボウジャイファン)(HK$48だったかな?/約530円)。どちらもセットのドリンクを中国茶にしてもらったら、ジャスミンティ(ティーバック)でした。

旦那さんの炊き込みご飯も美味しく、スープは漢方薬が入っているみたいな味でしたが、まあまあ。
で! 問題は私のほう。鶏肉がちゃんと入っています。味付けも塩味で美味しかったです。でも、その一番上に乗っている、茶色い細長い骨付き肉は!!!!!「Chicken feet 」。そうです「鶏の足」です!
これまで、鶏の頭と足は避けて通って来ました。でも、香港ではとってもポピュラーな食材で、街中にある軽食屋さんには、魚肉ボールなどと一緒に、飴色によく煮た鶏の足が売っています。若い女性も子供も臆することなく、気軽に買って食べるんです。あのJUSCOでさえ、鶏の足だけが入ったパックがお総菜コーナーに並んでいます。
でも、私はまだまだ慣れません。マーケットの肉屋さんの軒先に下がっている頭も足も付いたままの鶏も、極力目に入れないようにしていたのに。。。。
こんな何の心の準備もないままに、目の前にドーン! 
でも、メニュー表を見ればちゃんと英語で表記がありました。それに気付かない己の愚かさに、呆れるばかりです。

だからといって、折角の料理を無駄にすることはしません。
箸で摘んで、明後日の方向を見ながら口へポイッ。
しゃぶり付くと思ったよりも柔らかい、そしてゼラチン質のような食感。「もしかして、コラーゲン?」と喜んだ直後、骨に当たります。味は思いの外、美味しかったです。でも、食べている物を直視することはできません。足先へ行けばなおさらです。だって、そのまんまの形、なんですから。半分を旦那さんに分けて、何とか無駄にせずに食べましたが、初の「鶏の足」体験、これで充分でした。

その後は、普通の細かく切ったお肉だったので問題なく、とは言え、骨がメチャメチャ付いてますので相変わらず食べづらいんですが、味は良かったです。
ちなみに、手前の青菜は茹でたレタス。甘辛いタレがかかっていて、定食の定番の付け合わせのひとつです。


…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…〜〜〜…
  いつもご愛読、ありがとうございます。m(_ _)m。
       身の程もわきまえず、
 にほんブログ村の人気ランキングに参加してみました。
 よろしかったら、クリックして頂けると嬉しいです。
          ↓↓↓
       にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
        にほんブログ村
[PR]
by m_suneya | 2010-11-22 14:03 |

2010年、初めての香港で海外生活をする事になった主婦が、気になったことを気ままにひとりごちます。


by m_suneya